O.L.D. 展示開始まであと2週間!

以前このブログでご紹介致しましたが、 3年生が授業で制作致しました収納家具”Slit Shelf”が、天白区のインテリアショップ[O.L.D.]さんで商品を陳列する什器として使って頂ける事になりました。

展示開始まで2週間となりましたので、改めてご紹介致します。

この企画は、非常勤講師の小林先生の授業で3年生が課題として制作した収納家具のうち、最優秀作品であった、矢倉圭祐くん、岩田翔馬くん、喜久里房枝さんの3名が制作した “お気に入りを魅せる家具 Slit Shelf ” を、お店の什器として使用する形で展示しようというものです。

今日は、展示に先立って高北学長に講評頂こうという事で、学長室におじゃまして先日O.L.D.店長さんに聞いて頂いたように、プレゼンテーションをさせて頂きました。

シンプルな構造で金具等がいっさいなく、工具も不要で組立てできる点や、素材の特性を活かして自在に高さを変える事ができる点、持ち運びができる点などなど、この作品の良さをとても評価して頂き、さらに学長のご専門であるグラフィックデザインの観点から、色彩やDMの印象についてもコメント、アドバイスを頂きました。お忙しいところ長時間本当にありがとうございました。

今回、このような展示をさせて頂いた事で、3人は作品の発表機会を得ただけでなく、たくさんの先生方からアドバイスを頂き、とても貴重な体験ができたと思います。小林先生、本当にありがとうございました。是非来年の3年生にもこのようなチャンスを与えて頂きたいと思います。

3人は今日から搬入までの間に最後の微調整、仕上げをして展示に備えます。実際この家具がお店の中に置かれた時、どのように見えるかという事がとても楽しみです。みなさん、是非[O.L.D.]へ足を運んで頂き、素敵な家具をご覧になって下さい。

展示期間: 2月14日(火)〜4月26日(木)

場所:[O.L.D.] 名古屋市天白区植田3−1403

営業時間:12:00 〜 20:00

定休日:水曜日

URL: http://pridestudy.com/

Sputnik_Tateishi Masahide

初めまして.プロダクト4年の立石雅英です。

今日は私がこの場を借りて自分の卒業制作を紹介します。

作品名はSPUTNIK。スプートニクと読みます。

1950年代後半、人類発の人工衛星スプートニク号からこの名前をつけました。

スプートニク号

そして作品の全体写真。

左からラック( 棚 )。スピーカー。照明です。

スプートニクという名前はこの作品群の総称のことで.それぞれ

ラック_001 スピーカー_002 照明_003 となります。

これは使われていなかった高いスペースからその空間をデザインする為の物です。

大まかな説明は前回の記事に書いてあるので.少し省きます。

今回は本来見せない(見せられない)製作過程や現在のアイデアまでをどんどん紹介していきます。

「卒業制作なにつくろう」って時期からハッキリしていた想いがありました。

▶未来の技術に頼らない。

映画を見ているように.別世界の物に見られてしまう感じが嫌いだったんです。どうせなら体感できるほうがいいなと思っていました。

未来のように見えて未来じゃない感覚。

▶ズレたデザイン。

デザインの歴史に流れがあるとしたら.今いる位置から半歩ズレたところを狙っていました。

”一歩”ではなく”半歩ずれる”というのがミソです。

大きくはこの2つです。

「売れる物」とか「展示映えする物」とか「以外に作り易い」とかイヤラシい想いは沢山ありますけどね(笑)

一年間の卒業制作ですが、まずスタートは”エコ”から始まっています。「エコ」ってなんなんでしょうね。

よくある「エコな物」ってアピールしてるものが好きではなかったんですよ。本質ではなくエコって言えることが大事みたいで。

単純にもっと違う方法があるんじゃないの?っていつも思ってたので.それを提案してみようと。。。

初めのうちは「『そのへんにあるもの』でつくったプロダクト」をテーマに進めていました。

最も身近なもの。水。土。草。空気。これらのでつくったものなら「棄てる」ではなく「還す」ことができますよね。

だんだん本質的な部分に近づいていきます。

初期のスケッチでは空気という形のないものをバルーンや真空で具体化したり。

空気感って何?といったことを自分に対して問いています。

具体に形を描いていますが.言葉のメモより直感的なのでなるべく絵で残すようにしています。

上の写真のように膜の中に「閉じ込めて空気を使う」ことを考えながらも

「閉じ込めないで空気を使う」ということも考えていました。←何それって感じですよね.例えば

日本では昔から簡易的な仕切りで空間を特別なものにする文化がありますね。

「クツを脱いで一段上がって家に入る。」とか「障子のような薄っぺらいもので部屋と部屋を仕切る。」とか

日本は”空間”の考え方が優秀なんです。

「 ” それ ” があることによってその場所を特別な物にするもの」

ある意味これも空気を使っているのではないかと考えたんです。

今思えば地球上にある物で空気を使っていないものなんてないんですけどね(笑)

何度かあったプレゼンでは写真(上)のように使っていない空間に対して

”何か”をできるようにする為の組み立て式のアイデアも提案しました。

展示会場でのインパクトを狙い過ぎてどこでどうやって使うのかが…結果的にこの提案は却下になりましたが、

使っていない空気=空間をうまく生かすという意味でターニングポイントとなった提案でした。

現在の”スプートニク”はこの提案をぎゅっと一つに凝縮したものになります。

ここでようやく現在の形が見えてきました。ここでは脚が3本の背の高い棚です。

これまで使っていなかった空間に対してアクションを起こすものであり、

壁や天井にもたれ掛からないことで設置場所の自由度をあげています。

UFOみたいなイメージも見られますね。

段ボールとかその辺にあったもので試作。

大きさや大まかな形は頻繁に作って試します。絵を視覚だけで感じ取ることと、

実寸スケールで5感で体感することは随分差があります。

形の提案の一部。試作から感じ取ったことを基にアイデアを展開していきます。

展開して、また模型も作ります。これの繰り返し。

教授達に全然理解されなかったので構造モデルも作る事にしました。このへん勝負ですね。

主観的に理解することと、客観的に理解してもらうこともまた違うわけです。

ステンレスパイプとMDFで強度も実証。

MDFは加工しやすく.小口面もきれいなのでモックアップにはよく使います。

天板のサークルカットは木工室で見た機械を参考に。陶芸用のろくろに乗せて回し切ります。

※間違った使い方です.絶対に真似しないで下さい。

パイプの切断はパイプカッターで行います。¥1500くらい。

角度はつけられませんが2分くらいで手軽に切ることができます。ノコを使った切断と違い

円盤状の刃で締め切るので切断面がとてもきれい!重宝しています。

この状態でプレゼン。賛否両論。想像してたとおり。

意見の中には.危険性の指摘やもっと魅力のある造形を.など様々。

それらの指摘をスプートニクに注入することでさらに変化をさせていきます。

例えば.冬のひっつき虫「センタングサ」に【飛ぶ】という遺伝子を注入

したら「タンポポ」のようになるかもしれませんね。そんな感じです。

実はこの時点ではまだ「スプートニク」は「スプートニク」ではなく

このタイミングで【宇宙船スプートニク号】という遺伝子を注入し.大きく変化していきます。

デザインコンセプトやテーマを「宇宙」に絞ったことで.様々なアイデアが出現.埋めこんでいきます。

現在の形にとても近くなりましたね。もう日程ギリギリ。

かたちが決まればあとは製作。

外注という裏ワザもありますが、自分でつくります。理由は大変だから。

社会に出る前に少しでも作る大変さを知っとこうということです。

スプートニクoo2_スピーカーの製作模様。

スピーカーの設計図。容積計算してます。外の半球と内側の半球の比率なんかを音出しながら設計。

この辺は田原迫教授に協力してもらいました。「ここは譲れない」の攻防戦ですね。戦いました…。

試作用にバランスボールを使ってFRPの半球を作りました。

ボールの周りにFRPを張り付け.乾燥したら穴をあけてバランスボールを取り出します。

本番のアクリルの前に音のチェックやサイズ感の確認用。

天板はベニア。この時の音はちょうどティンパニーのように「張りがあるがこもった低音」という印象。

3Dも使います。大きさのバランスや部品と部品の距離も

3Dで書き上げたものから測ったりすることで効率的に進められます。

こちらはスプートニク001_ラックの製作風景です。

スピーカーではないラックの製作風景。

プレゼンで出した形を引き継いだもの。

FRPを使う前に発泡剤(フォーム)を削って心材を作っていきます。

|ペイント|繊維層|心材|繊維層|ペイント|

こんな感じでサンドイッチ構造にするとボリュームがあるのに軽くて強いものが作れます。

パイプがささる部分は一回り大きいアルミのパイプの周りに心材とパテで造形。

こちらはアルミダクトを加工して表面をきれいにしてつくっています。

中に照明が入たっときにアルミの反射で光源以上の光が出るように考えて素材もえらんでいきます。

スピーカーの円錐反射板はウレタンを削り出し.表面をパテで盛り.真空成形で形をトレースしています。

他の部分も形を決めていきます。もちろん全てに理由があります

細かいコツなんかはもっとありますが.大まかにはこのようにしてできています。

最後に撮影.こんなところも身近にあるものと友人達の協力によって出来ています。

みんなありがとう!!!

展示ではこれらのスケッチなども展示できればと思っています。

私も会場のどこかにいると思いますので製作秘話や.プレゼン.お仕事の話などあれば気軽に呼んで下さい。

最後に長文.乱文すみませんでした。

プロダクト4年

立石雅英_Tateishi Masahide

あかり展 講評会 in yamagiwa

先週、ヤマギワ名古屋ショールームにて行いました2年生あかり展で、講評会を行いました。1年生と合同授業で、専任講師田原迫先生、1年生の授業をご担当頂いております三枝樹先生、ヤマギワチーフデザイナー飯塚さんの3人にコメントを頂きました。

あかりをテーマにした作品作りは、昨年から引き続き取り組んでいる課題で、だいぶ要領を得てきた感じがありますが、今回作品作りに加えて大変だったのは、初めての学外展示会という事で、会場計画から広報活動まで、ヤマギワ飯塚さんと打ち合わせをしながら学生自身の手で進めていくのが、大変であったと同時に、大きな勉強をさせて頂きました。

特に、学生代表として連絡調整係になってくれた森田くんは、時には友達に言いづらい事も言いながら、最後まで責任感を持って頑張ってくれました。森田くんの頑張りがなかったら、今回のあかり展 in yamagiwaは実現しなかったと思います。お疲れ様でした。

実はこのあかり展には続編がある予定です。今回の展示で優秀作品として選ばれた選抜メンバーと、名古屋のデザイン系の他大学の学生作品との合同展示を来年度夏頃に行う予定をしています。

その前に2年生はSTUDY展という大きい展示会が控えていますが、発表の場があるというのは、プレッシャーと同時に励みにもなると思います。初めての学外展示を通して、その楽しさ、難しさを体験できたのではないでしょうか。

まだまだ卒業制作写真撮影第二弾!!Dギャラリー大型作品

本日、Dギャラリーで撮影された大型作品の画像データが納品されました。今回のブログでは大型撮影の一部の作品を抜粋して紹介していきます。

前回のブログで紹介したものはスタジオにて撮影されたものがメインでしたが、まだブログで紹介出来ていない作品はまだ半分以上の数があります。

また、三分の一程度、5名は自分で撮影するため、画像はこちらでは紹介出来ませんので、お披露目は卒展となります。

さらに、あと20日ほど卒展までありますので、各学生今も必死に作品作りに励んでます。

いままで5年間見てきた感じでいうと、撮影から卒展までの期間に頑張った学生ほど良い展示になるという実感がありますが、

これはおそらく、撮影で作品の展示風景がリアルに想像出来ることによって、改善することが全て展示に生きてくるからだと思います。

具体的には実寸サイズの場合、目にふれやすい部分と、そうでない部分など、展示者視点の改良であったり、手で触れる部分の質感であったり。

また、見ただけでわからない部分をパネルなり、補足説明に注力したり。。。

写真で見るのと、実際に見るのと、手で触れること、この3つは来場者はもちろん、作者にとっても大きく違うわけです。

特に触れる部分はちょっとしたサーフェースの平滑であったり、ちょっとした差異も人間の触覚は驚くほど感じ取ることが出来ます。

特に工芸コースの作品などはそのあたりは達人ですから、プロダクトとしては参考になりますし、

卒展ではお隣に展示されますので、来場者からは質感の違いをハッキリ感じやすいわけです。

とにかく、写真と展示はまったく別物です。皆様も展示会場でその迫力をご堪能ください。

Dギャラリー卒業作品撮影風景。

皆が本当によく頑張りました。作品は心を込めていればいるほどオーラを発しているものです。

大型作品というのは見た目簡単そうでも、ひと加工、いや、ひと移動するだけで物凄く手間隙がかかります。

壊れるリスクも重量があったり大きいですから、作業も慎重にせねばならず精神的にもきついものです。


どうですか。この大きさ!舟渡くんの作品。

全て、布を切って、縫って、文字をシルクスクリーンで入れて、、、苦心の作。

その名も「自己快楽の公開」。コンセプト(日本語で「概念」)がどうした!といわんばかりの迫力。

単純に家具だ、ソファだ、ベッドだ、インテリアだ、と瞬間で理解出来るものだけがプロダクトではありません。

特に、来年プロのデザイナーとして社会に出ていく前の最後の卒業制作としては勢いのある素晴しい提案でしょう。

先日、ドイツ、ケルン国際家具見本市で大きな筒?のような家具が発表されましたが、負けず劣らずのスケール。

ミラノサローネなどでも一見家具??というような作品が増えていますが、既成の概念から離れているからこそ初めは奇異に見えるものです。

学長ブログでも紹介されましたが、実際に写真撮影でも皆が駆け寄り、

手で触れて、座ってみたり、くつろいでみたり、快楽にひたるのを「公開」見せびらかして、、、それを見ている人も楽しんでました。

また、それぞれのパーツは組み合わせていろいろな自己快楽のカタチが出来上がります。

プロダクトデザインの新しい可能性とは、案外こういうところにあるのではないでしょうか。

お次は福田君の作品。

その名も「Vegetarium」野菜を見た目も日々楽しみながら、同時に保存出来る野菜の為の冷蔵庫?のような保存庫です。

一番上の棚は長物用ですが、冷蔵機能は無い代わりに、床の部分に水分を含んだジェルによって生育することが出来ます。

また野菜はカタチに合わせて、長いものは縦にすることが保存に適しているため、極力野菜を美しく魅せる保つことを考慮しています。

二番目の棚はユニットでそれぞれ取り出すことが出来ます。野菜にとって最適な温度湿度を保ちながら、

なおかつそれぞれのユニットを野菜に合わせることで保存することが可能です。

一番下の棚は芋や根菜など地中にある野菜の為の保存庫。光に当たらないように保存出来ます。

立石君の作品「Sputnik」運搬風景。運ぶところもとっても人工衛星っぽいんです。

もちろん本来の使い方ではありませんが、運んでいるとみんなビックリしちゃいます。

と、卒業制作の写真撮影はこんなところで。

あと、卒展では、なんとなんと浦沢直樹さんによるトーク&ライブがあります。本学マンガコースの客員教授の浦沢先生。

よく学内では御見かけしますが、ライブ!?楽しみで仕方ありません。。。

僕の世代は「YAWARA」世代でしたし、マスターキートンとかパイナップルアーミーとか、、、

寝る間を惜しんで読んだものでしたが、その浦沢先生のトーク&ライブが無料で!

これは我が大学のイベントながら行くしかないですね。あ、事前に要予約ですので、ご注意ください。

史上最強?プロダクト卒業制作写真撮影

卒業制作も佳境を迎えました。

ついに、ついに、、、本日、作品集用の写真撮影。
卒展まで一ヶ月ほどありますが、全てが80%くらい?完成し、撮影に臨みました。

史上最強というのは名古屋造形のプロダクトの史上ですが、いろんな意味で今までなかったことが出来ています。

こんな時も

こんな時も

ありましたが、無事??撮影に臨むことになりました。

今年何が史上最強かと言えば、まず大きさ(笑)ひとり2メーター四方が作品サイズなんですが、4メーター四方の舟渡君を筆頭に収まらない作品の数が史上最高。

次に作品のバリエーションが史上最強。もちろんクルマやバイクもありますが、バイクでも普通のバイク?と呼べない新しい機構やデザインが満載。

上野君の作品も、もちろん実際のサイズ。実寸。スピードメーターやミラーはありませんが、全てHMDでヘルメットを冠るだけで情報が全てわかります。

HUDも最近は見られるようになってきましたが、さらに上をいくHMDでバイクの操作性を向上しています。

ちなみに自衛隊が導入を計画している次期戦闘機のF-35もアビオニクスはHMDで、操縦席からは床が透けるように360度空が見渡せますが、

バイクヘルメットでも今後は同様の技術が応用される日は近いのかもしれません。ちなみにヘルメットは座席のカバーになっており、

駐車時にはシートに被せてロックされ、盗難防止、シートの防水、車両情報のインターネットへの通信など、様々なアイデアが組み込まれてます。

次世代のトランスポーテーションのカタチが感じ取れます。

次に、立石くんの作品。だいぶ出来上がってきました。

こちらも巨大な作品。人の大きさから作品の大きさがわかります。もちろんただ大きいだけではありません。全てのカタチに理由があります。

名前は「Sputnik」世界初の人工衛星であるスプートニック号からネーミング。「世界初の」という意味ととその形状からこの名前に。

これは使われていなかった頭上の高い位置から空間をデザインするというもの。空中に収納や照明、さらにはスピーカーを内蔵しています。

一番左の水色のものは棚。この一連の作品の象徴的な作品です。空中の空いたスペースに物を置くことを可能にします。

左から二番目と四番目の透明の球体はスピーカーであり照明。カタチ、内部構造が見てとれますが、奇をてらった形状ではなく、複雑な構造にも理由があります。

球体の真ん中に光ってる部分がありますが、そこがスピーカーユニット。たった8cmしかない小さなスピーカーが上向きに内蔵されています。

上側に出て行く高音は指向性(音の方向性)が強いのですが上面についている逆円錐型の反射板で直角に反射し、360度全方位に均一に広がります。

ユニットが小さい為、高音を反射するだけでなく多少増幅させるため反射板の厚み、素材もテストを重ね最適な形状と厚みになってます。

またデザイン的にもユニットの裏側にLEDを付けて、透明素材の透けたり光が反射するところも考慮されています。

ユニットの下側に出て行く低音は指向性が少ない為、一度黒いバスポートで下側に噴射するように整流し(一次エンクロージャー)

さらにその下の小さい半球(二次エンクロージャー)で増幅し、半球の上側のフチから一番外側の半球(三次エンクロージャー)

に吹き出して、最後は一番下のバスレフポートから低音の空気が出るように設計されています。それぞれ3つのエンクロージャーの

体積を計算し、それぞれの半球のサイズ、ポートの大きさをテストを重ねながら決定し、8cmのフルレンジスピーカーユニットから出る弱い低音を効率良く増幅させています。

第19回名古屋造形大学卒展では実際に音を鳴らし、照明を光らせて、実働させます。その驚きの世界初球型トリプルエンクロージャーのサウンドをご堪能ください。

「Sputnik」のある空間では、どこでも素晴しい音を楽しめます。

大橋君の作品はクルマ?船?どちらでもありません。

新しい最高にエキサイティングな水中も飛び込みもスピードも演出も追求したレースを想定し、デザインされたレース専用機です。

陸走では200km/h以上で走行し、水中に大きな水飛沫を上げながら飛び込み、様々な演出を考慮しながらデザインされています。

土井さんは、照明の提案。

とっても美しい画像がスタジオ撮影されました。

中間発表から、長く、長く、本当に多くの試行錯誤を重ね、身近なとある液体で作り出されるフラクタルな世界。

とある液体と書いたのは、ほんとにこの液体には今年は御世話になりました。特許ものです。

パテの変わりになったり、有機溶剤で溶けなかったり、、、照明になったり。

制作とは、一筋縄ではいかないもの。いつも時間だけ掛ければいいモノが出来るわけではありません。

試行錯誤も、失敗は経験にはなりますが、無駄になってしまうこともたくさんありました。

そこから産み出された貴重な「光」。

服部君は、これまた凄いインパクトのある椅子!の提案。

彼岸花(英語名スパイダー)をモチーフにした椅子はものすごい迫力ですが、カタチは奇抜なだけではありません。

多方向に広がるアームは照明が組み込まれていて読書灯になったり、花びらのようなクッションは様々な座るスタイルに合わせて移動できます。

実際に座ることが出来ますので、その画期的なチェアーの座り心地を是非御体感ください。

春日くんの作品。キャンプファイヤーやアウトドア嗜好のターゲットに向けた商品提案。

薪を焼べて火を楽しみ暖を取る、人間古来の本能的行動を分析し、デザインに反映しています。

具体的に、薪を焼べる動作、火を楽しめる高さ、灰の回収から掃除の仕方。キャンプでの使用スタイル、時間、、、

様々なアウトドアでの使用シーンを想定しデザインしています。また完成度も非常に高く、そのまま高温での使用に耐えうる構造、素材で出来ています。

水田さんの作品は茶香炉の提案。

写真もとっても和風で綺麗に出来ました。お茶を焼く時に生じる香りをいかに楽しむか、実際に試作で確認しながら実寸サイズの作品を作り上げました。

ただお茶を楽しむだけでなく、仕草、作法をうまく取り入れてデザインしてあります。

松野さんの作品。様々な本の大きさを統計をとったり、サイズを計ったりしながら段違いの本棚をデザインしました。

組み合わせる事で、この段違いが生きてきます。素材もロシアンバーチという高級木材を使用し、高密度で剛性の強さを生かしたつくりになってます。

ロシアンバーチはオーディオスピーカーなどにも最適な素材ですが、今回の段違いの形状では支柱レスにするため部材の強度を生かしています。

黒木君の照明作品。

まだまだ途中段階ですが、水滴のカタチを生かした美しい光が見えてきました。

こちらも1メーターほどの高さのスタンド照明が三本ほど出来上がる予定です。アクリル素材を生かした照明デザインです。

まだまだ数多くの作品がありますが、スタジオ写真(8名)は写真がカメラマンさんからあがってきましたので、アップしました。

残りDギャラリーで撮影したデータは明日あがってきますので、また追ってアップします。

ちなみにDギャラリーが5名ほど。あとの5名は自分で撮影!ですから、今回ご紹介したのは半分程度となります。

あかり展 始まります!

明日、1月16日から20日まで、ヤマギワ名古屋ショールームにて、プロダクトデザインコース2年生によるあかり展が開催されます!

ヤマギワチーフデザイナーの飯塚さんに、何度かご指導して頂き、昨年学内で行った展示から、だいぶバージョンアップ、パワーアップした内容となっております。

会期は月曜日から金曜日までの5日間で、開場時間は11:00-18:00(最終日17:00)ですので、少し短いですが、駅から近くアクセスしやすい場所ですので、是非足をお運び下さい。

ヤマギワ名古屋ショールーム
名古屋市中区新栄町2丁目19番6号 グランスクエア新栄ビル5階
(地下鉄新栄町駅より徒歩5分)