1. HOME
  2. コース
  3. メディアデザインコース

メディアデザインコース

 
 
 
 
 
 

メディアデザインコース(旧デジタルメディアデザインコース)ではグラフィックデザイン、Webデザイン、映像制作、アニメーション制作、ゲーム制作、3DCG、サウンド編集などはもとより、ICT社会の現代に必要とされるPC操作やプログラミング、インターフェイス設計、電子デバイス等を利用した実験モデル、試作を行うプロトタイピング、スマートフォンや電子書籍といったユビキタス社会を見据えたコンテンツの研究、手描きから3DCGまでの幅広いCG制作など「コンテンツを作り出すための技術力」と、様々な課題を発見し解決するための発想力、企画を立てるプランニング力、クライアントを魅了するプレゼン力、チーム制作をまとめ上げるディレクション力と行動力という「社会に提案する思考力」の両方の “デザイン力”を身につけるコースです。

 
 
 
 
 
 

美大なので絵が描ける事は大事です、しかしメディアデザインコースは従来の美大に必要だった”絵”が描ける事が最も重要というわけではありません。ICT社会の現代に必要とされるPC操作やプログラミング、CG制作、あるいはディレクション能力といった、領域を超えた“デザイン”を幅広く捉え、プロデュース、ディレクション、クリエイションをめざす人たちを求めています!

 

メディアデザインコースでは、グループワークやプレゼンテーションで評価されるAO入試や推薦入試をはじめ、文章力や学科に自信がある人に最適な学科試験、センター試験の結果を利用した入試など、さまざまな受験方法を用意しています。もちろん絵が得意な方は実技(デッサン)での受験も行なっています。あなたの得意な試験で未来をつかんでください!

 
 
 
 

1年・2年は基礎と位置づけ、グラフィックデザイン基礎、写真、映像、3DCG、サウンド、WEB、デザインロジック、マーケティング、プレゼンテーション、など多岐にわたる授業を用意。とにかくいろいろな事に挑戦し、自分の得意を見つける事ができるカリキュラムを用意しています。

1年次

ドローイング基礎、プレゼンテーション基礎、グラフィックデザイン基礎、デザインロジック、写真基礎、Web技術基礎、映像技術基礎、3DCG基礎、デザインマーケティング、編集デザイン、プログラム基礎、など

2年次

映像編集工学、アニメーション基礎、Webデザイン基礎、インフォグラフィックス基礎、プロモーション基礎、デジタルサイネージ基礎、サウンド技術基礎、ゲームデザイン基礎、インターフェイスデザイン基礎、など

 
 
 
 
 

3年・4年はゼミ形式で学びます。 映像デザインゼミ、ゲームデザインゼミ、コミュニケーションデザインゼミ、インターフェイスデザインゼミ、3DCGゼミ、Webデザインゼミ、他コースと共同開講するコミックイラストレーションゼミの7つのゼミを用意しています。

ゼミ一覧

映像デザインゼミ
ゲームデザインゼミ
コミュニケーションデザインゼミ
インターフェイスデザインゼミ
3DCGゼミ
Webデザインゼミ
コミックイラストレーションゼミ(他コースとの共同開講ゼミ)

 
 
 
 
 
 

ゲームクリエイターは、今や世界の若者にとっての憧れの仕事。 一般的なコンシューマーゲームから、ゲームセンターで遊べるような大型ゲームまで。ゲームの技術や理論と知識を学び、ここで世界中の人を楽しまるゲームをデザインするプロフェッショナルを目指します。

 
 
 
 

トピック:フィンランドに行こう!

1,2年の技術を習得した学生であれば、フィンランドのオウル工科大学のゲームラボ(OGL)に半年間留学(本学の交換留学制度を利用)して世界標準のゲーム開発を学ぶチャンスがあります。

 
 

授業以外に多くのプロジェクトを運営しています。プロジェクションマッピングやセンサー技術など先端的な表現をとりいれたインタラクティブ表現などのエンターテイメントデザイン。そして教育や医療というシビアな分野でデザインがどう役立つかというインフォアニメディアの研究など、社会と密接に関係するICT技術を使ったデザインによる新たな領域に挑戦しています。

プロジェクションマッピングプロジェクト

博物館明治村でプロジェクションマッピングを行なっています。その他4K映像やデジタルサイネージ、リアルタイムレンダリング技術などを利用した様々なエンターテイメントコンテンツの開発に取り組んでいます。

 
 
 
 

インフォアニメディアプロジェクト

国立がん研究センターと共同で大腸がんのインフォームドコンセント用ツールを開発しました(科学研究費助成課題H27年度まで) 現在、放射線を理解するための教育ツール開発など、デザインで医療や福祉、教育に関与し、問題を解決する為の研究をプロジェクトで進めています。

 
 

インタラクティブコンテンツの開発

2009年から活動しているスイッチは、センサーなどを応用したインタラクティブコンテンツの開発を続けています。2016年からは魔法の美術館にも作品を出展しています。また愛知県児童総合センター主催の汗かくメディアでは作品「あまもり」が賞を受賞しました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

卒展のビジュアルイメージ学内コンペで選ばれ、コンセプトワークからレイアウト、デザインまでをプロデュース。卒業生の200名をキャラクターとして起こしたビジュアルを作りました。 
卒業制作では「たじみ強イイ女子旅」で多治見市を散策する為の仕組みをデザイン。Webページやツール制作を行い、多治見散策のモデルコースを設定しました。また桃美会賞にも選ばれました!

 
 

信号機好き、ロボット好き、クルマ好き、という超個人的な趣味を徹底的にストーリーの中に取り込み、手描きのやさしくやわらかい表現でのアニメーションをじっくりと時間をかけて制作しました。
アニメーション制作は、アナログな作業とデジタルの作業の行ったり来たりで、しんどい時期もありましたが、桃美会賞という結果が出せてよかったです。信号機好き、ロボット好き、クルマ好き、という超個人的な趣味を徹底的にストーリーの中に取り込み、手描きのやさしくやわらかい表現でのアニメーションをじっくりと時間をかけて制作しました。

 
 

主にプログラミングを中心とした制作と研究を行なってきました。プロジェクトではスイッチのプログラマーとして作品制作を手がけました。卒業制作では4Kとインタラクティブマッピングによる「on your palm」を制作、インタラクションとメディア表現のこれからを模索しました。また、落葉さんから依頼されて名前から宝石のビジュアルを自動生成するツールを作りました、プログラミングによるメディアアートやメディアデインの可能性をこれからも追求して行きたいと思っています!

 
 
 
 
資料請求はこちらから
WEB入試要項・WEB入試案内