グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員紹介

ホーム >  教員紹介 >  情報表現領域 >  平野 真美

平野 真美


平野 真美

HIRANO Mami 

職位:特任助教
担当領域:情報表現領域

ページ内目次


プロフィール

1989年 岐阜県出身
東京藝術大学大学院美術研究科修士課程先端藝術表現専攻修了
東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程先端藝術表現専攻在籍

近年の主な個展に、「空想のレッスン」(Maki Fine Arts、東京、2023)、「変身物語 METAMORPHOSES」(3331 Gallery、東京、2021年)、「アーティスト・イン・ミュージアム 平野真美Meets岐阜県立岐阜盲学校」(岐阜県立岐阜盲学校、岐阜、2018」、
近年の主なグループ展に、「ab-sence/ac-cept 不在の観測」 (岐阜県美術館、岐阜、2021)、「セカンド・フラッシュ」(岐阜県美術館、岐阜、2019」、「2018年のフランケンシュタイン バイオアートにみる芸術と科学と社会のいま」(EYE OF GYRE、東京、2018)などがある。

闘病する愛犬や、架空の生物であるユニコーンなど、対象とする生物の骨や内臓、筋肉や皮膚など構成するあらゆる要素を忠実に制作することで、実在・非実在生物の生体構築、生命の保存、または蘇生に関する作品制作を行う。不在と死、保存と制作、認知と存在に関する思索を深め、現代の私たちはいかにそれらと向き合うのかを問いかける。

作品紹介

《蘇生するユニコーン》 2014年(ongoing)

《蘇生するユニコーン》 2014年(ongoing)

《蘇生するユニコーン 原寸図》 2023年

《蘇生するユニコーン 原寸図》 2023年

《変身物語#3 Pâte de verre》 2021年

《変身物語#3 Pâte de verre》 2021年

《変身物語#3 Pâte de verre / detail》 2021年

《変身物語#3 Pâte de verre / detail》 2021年

《変身物語#3 Pâte de verre / detail》 2021年

《変身物語#3 Pâte de verre / detail》 2021年

《変身物語#3 Pâte de verre / detail》 2021年

《変身物語#3 Pâte de verre / detail》 2021年

《変身物語#4 Ceramics》 2021年

《変身物語#4 Ceramics》 2021年