グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員紹介

ホーム >  教員紹介 >  情報表現領域 >  外山 貴彦

外山 貴彦


外山 貴彦

Takahiko Toyama 

職位:准教授
担当領域:情報表現領域

ページ内目次


プロフィール

1974年 奈良県生まれ
橿原学院高等学校 美術科 卒業
成安造形大学 造形学部 デザインコース 映像CGクラス 卒業
岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー(IAMAS) アートアンドメディアラボ科 卒業
主な出展に、あらかじめ失われた未来のために展、メッセージ言葉の扉を開く「記憶の扉」展、エキゾチックーひかりのまち展、大名古屋電脳博覧会、「プレイ」展(NPOたけとよ、現代美術推進事業) 2009年より教員・学生によるユニット「スイッチ」を結成、作品制作・研究発表を行っている。主な作品に「まわる、うつる、ひろがる」「なげる、あてる、ひろがる」「Motion」などがある。

作品紹介

「なげる、あてる、ひろがる」

「わ」

「宵の明治村・ハイカラビジョン」