1. HOME
  2. コース
  3. イラストレーションデザインコース

イラストレーションデザインコース

 
 
 
 
 
 

観察力を養う鉛筆描画や色彩描写の基礎、フィギュア制作、写真の撮影テクニック、銅版画の制作などあらゆる基礎を学び、表現の可能性を広げます。

鉛筆描写/フィギュア/写真/細密描写/色彩構成/画材と技法/銅版画/コンピュータ基礎/デザイン基礎

 
 
 
 
 

新聞や雑誌などの広告、絵本作成、パッケージ、企業のロゴマーク、カレンダーやCDジャケットなど、イラストレーターとしての専門領域を学びます。

絵本/広告/編集/パッケージ/書籍装丁/CI.CV/デジタル表現

 
 
 
 
 

進路を視野に入れた実践的な学習を展開します。キャラクターデザインや書籍編集、ショップ計画などデザインができる面白さを追求していきます。

編集/広告/商品計画/キャラクター/ピクトグラム/パッケージ/CI.CV/アニメーション/Web

 
 
 
 
 

イラストレーションとデザインの研究を、社会との関わりを考えながらいっそう深め、その集大成として卒業制作展で社会に発信します。

研究制作/卒業制作

 
 
 
 
 
 
 

このコースでは、イラストレーションだけではなく写真やロゴ、パッケージデザインなど幅広い分野を学べます。私は入学当時パソコンが得意ではなく、ついていけるか不安でした。ですが基礎から実践まで丁寧に教えていただけるので、今ではパソコンで制作するのがとても楽しいです。そして講評ではプレゼンテーションを行う形が多いので、技術を向上させるだけでなく、プロとして必要なプレゼンテーション能力を身につけることができます。また、制作した人が肯定の意見を、見ている人が否定の意見を交わすディベート形式のプレゼンテーションでは、意識していなかった点に気づかされるのでとても勉強になります。授業外でも、コースのゼミに参加して芸祭で展示やグッズ販売をしたり、人物クロッキーをしたりして充実した学生生活を送っています。プロとして活躍できるように頑張りたいです。

 
 

3年生の課題では、猫のキャラクターFelesnのスケジュール帳、キャラクター付箋、窓の あるボックスカレンダー、創作ゲームのキャラクターデザイン、ショップ計画など幅広い デザインを制作しました。 キャラクターをメインに制作することが多かったので、そのキャラクターをどうすれば、 より魅力的に見えるデザインになるのかで迷うこともありました。しかし、自分の個性を 出して制作できるので、全体的にとても楽しく取り組むことができました。また、自由に制 作できることが多く、自分の個性を活かしながら様々なものを制作できるので、自分の得 意な分野を見つけることができる課題でした。

 

"好き"を見つけて、"好き"な自分に。

奥田: 先輩に伺いたいのですが、大学時代に取り組んで就職してから役立ったことはなんですか。
倉内: イラストレーターになりたくて名古屋造形に入学したんですが、課題はもちろん陶芸やガラス細工、版画、壁画などいろんなことに挑戦した4年間でした。その中で見つけた自分の”好き”が今、描いている作品につながっています。
奥田: 私もいろいろ経験して”好き”を見つけたいです。
イラストレーターを目指して懸命に描いているのですが、あまり自信がありません。先輩もそんな頃はありましたか。
倉内: もちろんありましたよ。なやんだ時期もありましたが、他人との比較ではなく自分の魅力を活かせるフィールドを見つけようと意識を変えました。そうしたらふと気が楽になりました。
奥田: そうですね。私は人の目を気にして作品を作っていると気づかされました。私も自分が輝ける場所を探します。
奥田: プロとしての絵を描くお仕事で楽しいことを教えてください。

 
 

倉内: 私は似顔絵作家をしているのですが毎日楽しいですよ。やっぱりお客様の笑顔が直接見られたりコメントを頂けたり、絵を通して人と人とのつながりを感じられて、幸せな仕事を経験させていたただいていると思います。
奥田: とても素敵ですね。似顔絵作家になったきっかけは何だったのですか。
倉内: 学生時代にボランティアで似顔絵を描く機会があったのですが、自分の絵を見て笑顔になってくれたのがとても嬉しくてこれを仕事にしたいと思いました。
奥田: 私も似顔絵を人にお渡ししたことがあるので、よくわかります。
学生のうちにやっておくべきアドバイスをお願いします。
倉内 たくさん絵を見た方が良いと思います。楽しいこともたくさん見つけて、好きなことには迷わず挑戦してください。ひとつひとつの積み重ねが自分のストックになっていきます。
奥田: 最後に美大を目指す高校生にひとことお願いします。
倉内: やる気があれば何でもできます。好きなことにどんどん挑戦してください。
大学には恵まれた環境があります。機材や先生もとことん使い倒してください。きっとチャンスに巡り合えます。
奥田: 私も勇気が湧いてきました。今日は楽しい時間をありがとうございました。

 

倉内渚 さん

卒業生(イラストレーションデザインコース21期生)
愛知県立千種高等学校出身
東京装画賞審査員賞
いろは出版株式会社ワールドワン事業部勤務

奥田明里 さん

イラストレーションデザインコース3年生
岐阜県立大垣商業高等学校出身
JAGDA GIFT TREE AICHI銀賞
NOYES絵本コンクール入賞

 
 
 
 
 
 
 
 
資料請求はこちらから
WEB入試要項・WEB入試案内