グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院

ホーム >  学部・大学院 >  情報表現領域

情報表現領域


Representation Design


情報表現領域とは

情報表現領域

分かりにくいことを分かりやすく伝える。見てわかるとはどういうことか。その考えや技術を学びます。
数値化された情報や文字を含めた情報を、視覚(聴覚、触覚)の情報として表現することによって、発信者と受け手との関係は劇的に変わります。医療、教育、行政・政治、遊び、ビジネスといった様々な現実世界における、人と人の間に存在する楽しさや悲しさなどを含んだ感情・感覚について考え、AI などの先端メディアテクノロジーと、人々の心を動かすイラストレーションなどのアナログ表現との組み合わせを軸に、Web やアプリ、ゲームなどの様々なコミュニケーションツールをデザイン、エンターテイメント、アートとして表現していきます。

学べる分野

・メディアデザイン
・ゲームデザイン
・エンターテイメントデザイン
・コミュニケーションデザイン
・3DCG

・アニメーション
・イラストレーション
・グラフィックデザイン
・シミュレーション
・AI(人工知能)

領域ブログ・SNS

ブログやSNSにて、情報表現領域の授業や学生・教員の活動の最新情報をお届けしております。ぜひご覧ください。

カリキュラム

1年前期

必修

コンピュータデザイン基礎
(フォトショップ、イラストレーター)

グラフィックデザイン基礎
(アナログ制作、色・形の基礎)

撮影基礎
(写真、動画、照明)

デザインシンキング
(デザインの思考、理論)

3DCG基礎
(3DCG、映像編集)

イラストルポ
(イラストの基礎、応用)

クロッキー基礎
(クロッキー、スケッチ、デッサン)

コンピュータ数学基礎
(数学基礎、プログラム基礎)


1年後期

必修

情報編集基礎
(エディトリアル、インデザインの基礎)

アニメーション基礎
(原画、作画、動画、撮影、編集)

Webデザイン基礎/span>
(HTML5・CSS、タイポグラフィ)


選択必修

以下から1つ選択
映像基礎
プログラミング基礎
グラフィックデザイン基礎
以下から1つ選択
インフォグラフィックス基礎
サウンド基礎
デザインとイラストレーション基礎
以下から1つ選択
モーショングラフィックス基礎
描写基礎
ゲーム技術基礎

2年前期

必修

ポートフォリオデザイン基礎

デジタルファブリケーション基礎

情報デザイン演習


選択必修

どれか1つ選択

プログラミング中級

デザインとイラストレーション

3DCG中級

映像表現

グラフィックデザイン中級


選択

アニメーション中級

インタラクティブデザイン

画材と技法

GUIデザイン

描写


2年後期〜4年生

選択

複数選択可

ブランドデザイン・プレゼンテーション

データビジュアライゼーション

フィギュアデザイン基礎

映像中級

絵本デザイン

デジタル空間デザイン


3〜4年次 選択

前期・後期どれか1つ選択可

3DCG特講

Web特講

デザインとイラストレーション特講

デザイン特講

映像特講


スタジオ

2年後期からはスタジオ制になります。情報表現領域のスタジオを1つ選択します。

【メディア】外山 貴彦スタジオ

教員プロフィール

  • メディアアート
  • インタラクティブデザイン
  • 映像デザイン

【ゲーム】ペルティエ ジャン=マルクスタジオ

教員プロフィール

  • ゲームデザイン
  • 3DCG
  • サウンドデザイン

【イラストレーション】足立 ゆうじスタジオ

教員プロフィール

  • イラストレーション
  • グラフィックデザイン
  • ファッションイラスト

【グラフィックデザイン】江津 匡士スタジオ

教員プロフィール

  • ソーシャルデザイン
  • グラフィックデザイン
  • アニメーション

【プログラム】鍜島 康裕スタジオ

教員プロフィール

  • デザインエンジニアリング
  • 人工知能(AI)
  • プログラミング

将来の職業

  • プランナー
  • ディレクター
  • ゲームクリエイター
  • ゲームプランナー
  • イラストレーター
  • 映像クリエイター
  • グラフィックデザイナー
  • Webデザイナー
  • メディアアーティスト
  • エンターテイメントデザイナー
  • プログラマー
  • UIデザイナー
  • ICTエンジニア

先輩メッセージ

鍋嶋 柊吾さん[ 2年 ]
美和高校(愛知) 出身

両親が大学に入るなら「自分のやりたいことをやった方がいい」と言ってくれて、今一番やりたいことが「絵を描くこと」だったので、美術系への進路を考えました。また、自分の描きたいものの方向性と合っていると思い、情報表現領域を選びました。幅広く学べる領域で、例えばCDジャケットのイラストから、MVのアニメーションを作成するスキルまで学べるので、やりたいことからさらに視野を広げて制作できる点が良いなと思います。

田中 瑳紀さん[ 3年 ]
津東高校(三重) 出身

私が一番やりたいことは映像制作です。映画やプロジェクションマッピングなど様々な映像表現を学びたいと思い、進学を決意しました。オープンキャンパスで、雰囲気が自分に合っているんじゃないかなと思ったのが、名古屋造形大学への進学の決め手です。実際に入学してみて、授業では映像の他にもグラフィックデザインや写真、3DCGなど幅広く学べるので、とても楽しくやりがいを感じています。

平野 汰享くん[ 3年 ]
豊丘高校(愛知) 出身

デジタルイラストの制作だけでなく、デザインの基礎も学べるところに惹かれ、進学しました。雑誌のデザインをする授業が楽しかったですね。先生方は、自分では気付かなかったような課題を見つけて的確なアドバイスをくれるので、制作の為になっています。

Pick up

"WHO's NEXT?"「Blonde Girl」

CGWORLD学生CGコンテストで全国11位に入賞!中部地区では最高位!!

〈和田真実さんコメント〉
デフォルメのきいたキャラクターモデルに対し、布や髪の毛の質感をリアルにすることで、海外のCGアニメーションに出てくるようなキャラクターを目指しました。今後はゲーム向けローポリモデルや背景、プロップのモデリングにも挑戦してみたいと思っています。(使用ツール:Maya,Mudbox,Photoshop,After Effects)

卒業制作/和田真実

学生作品紹介

卒業制作「朽」
金山 彩恵


卒業制作「おもしろえほんつくりき」
川添 美奈

卒業制作「Plaything」
香月 誠亮

卒業制作「リソウキョウ」
安藤 シオン

自主制作「VR IDOL LIVE」VRで仮想アイドルのライブを体感しよう
矢島 実佑

卒業制作「croption~2019 Spring&Summer Collection~」
河野 由依

Project

社会と繋がるプロジェクトから学ぶ
メディアデザインコースでは授業以外に多くのプロジェクトを運営しています。プロジェクションマッピングやセンサー技術など先端的な表現をとりいれたインタラクティブ表現などのエンターテイメントデザイン、そして教育や医療というシビアな分野でデザインがどう役立つかというインフォアニメディアの研究など、社会と密接に関係するICT技術を使ったデザインによる新たな領域に挑戦しています。社会貢献の可能性を実務レベルと同じ水準で体験し、より社会と密接につながった研究や、積極的な学外での活動を行っています。

プロジェクションマッピングプロジェクト

プロジェクションマッピング

博物館明治村などでプロジェクションマッピングを行なっています。その他4K映像やデジタルサイネージ、リアルタイムレンダリング技術などを利用した様々なエンターテイメントコンテンツの開発に取り組んでいます。プロジェクションマッピングは建物などに、3DCGやアニメーション、実写といった映像ソースを投射し、建物の形や特徴を利用したエフェクトで演出します。テーマや演出、映像制作、設営まで、メディアデザインコースの学生と教員が手がけています。

インタラクティブコンテンツの開発

スイッチ

2009年から活動しているスイッチは、学外での展示や発表を主な目標に、センサーなどを応用したインタラクティブコンテンツの開発など、日々新しい作品制作や研究を行っています。2016年からは魔法の美術館にも作品を出展し、また愛知県児童総合センター主催の汗かくメディアでは作品「あまもり」が賞を受賞しました。外部委託の仕事など実務的な制作も手がけ、社会との接点を常に考えた活動を行っています。