1. HOME
  2. コース・大学院
  3. メディアデザインコース

メディアデザインコース

 
 

メディアデザインコースではグラフィックデザイン、Webデザイン、映像制作、アニメーション制作、ゲーム制作、3DCG、サウンド編集などはもとより、ICT社会の現代に必要とされるPC操作やプログラミング、インターフェイス設計、電子デバイス等を利用した実験モデル、試作を行うプロトタイピング、スマートフォンや電子書籍といったユビキタス社会を見据えたコンテンツの研究、手描きから3DCGまでの幅広いCG制作などを学びます。「コンテンツを作り出すための技術力」と、様々な課題を発見し解決するための発想力、企画を立てるプランニング力、クライアントを魅了するプレゼン力、チーム制作をまとめ上げるディレクション力と行動力という「社会に提案する思考力」の両方の “デザイン力”を身につけるコースです。

 
 
 

それぞれの得意を活かし、時代にあった提案を引き出す柔軟な人を求めています!

美大なので絵が描ける事は大事です。しかし、メディアデザインコースは従来の美大に必要だった”絵”が描ける事が最も重要というわけではありません。ICT社会の現代に必要とされるPC操作やプログラミング、CG制作、あるいはディレクション能力といった、領域を超えた“デザイン”を幅広く捉え、プロデュース、ディレクション、クリエイションをめざす人たちを求めています!

 
 
 

多様性に富んだ入学試験を採用しています!あなたの得意な試験で未来をつかんでください!!

メディアデザインコースでは、グループワークやプレゼンテーションで評価されるAO入試や推薦入試をはじめ、文章力や学科に自信がある人に最適な学科試験、センター試験の結果を利用した入試など、さまざまな受験方法を用意しています。もちろん絵が得意な方は実技(デッサン)での受験も行なっています。あなたの得意な試験で未来をつかんでください!

 
 
 

多様なデザインに対応するための
実技・演習授業

 

1年・2年は基礎と位置づけ、グラフィックデザイン基礎、写真、映像、3DCG、サウンド、WEB、デザインロジック、マーケティング、プレゼンテーション、など多岐にわたる授業を用意。とにかくいろいろな事に挑戦し、自分の得意を見つける事ができるカリキュラムを用意しています。

1年次

ドローイング基礎、プレゼンテーション基礎、グラフィックデザイン基礎、デザインロジック、写真基礎、Web技術基礎、映像技術基礎、3DCG基礎、デザインマーケティング、編集デザイン、プログラム基礎、など

2年次

映像編集工学、アニメーション基礎、Webデザイン基礎、インフォグラフィックス基礎、プロモーション基礎、デジタルサイネージ基礎、サウンド技術基礎、ゲームデザイン基礎、インターフェイスデザイン基礎、など

3年次・4年次

3年・4年はゼミ形式で学びます。
映像デザインゼミ、ゲームデザインゼミ、コミュニケーションデザインゼミ、インターフェイスデザインゼミ、3DCGゼミ、Webデザインゼミ、他コースと共同開講するコミックイラストレーションゼミの7つのゼミを用意しています。

 
 
 
 

これからのイチオシはゲーム!

ゲームクリエイターは、今や世界の若者にとっての憧れの仕事。 一般的なコンシューマーゲームから、ゲームセンターで遊べるような大型ゲームまで。ゲームの技術や理論と知識を学び、ここで世界中の人を楽しまるゲームをデザインするプロフェッショナルを目指します。

トピック フィンランドに行こう!

1、2年の技術を習得した学生であれば、フィンランドのオウル工科大学のゲームラボ(OGL)に半年間留学(本学の交換留学制度を利用)して世界標準のゲーム開発を学ぶチャンスがあります。

 
 
 

エンターテイメントから医療のデザインまで、多彩なデザインで社会に勝負!

メディアデザインコースでは、授業以外に多くのプロジェクトを運営しています。プロジェクションマッピングやセンサー技術など先端的な表現をとりいれたインタラクティブ表現などのエンターテイメントデザイン。そして教育や医療というシビアな分野でデザインがどう役立つかというインフォアニメディアの研究など、社会と密接に関係するICT技術を使ったデザインによる新たな領域に挑戦しています