グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院

ホーム >  学部・大学院 >  美術表現領域

美術表現領域


Art Expression


美術表現領域 とは

美術作品のつくり方を学ぶと同時に、
美術って何だろう、誰のためにつくっているのだろう、その考え方を学びます。
従来までの、油画、日本画、彫刻、コンテンポラリーアートという分野に分けるという考え方は、それぞれの分野の純粋性・自立性を保つためには有効ですが、その相互の関係を構築するためにはむしろ弊害になっている傾向もあると思います。それぞれを美術表現領域という一つの研究領域に統合した上で、それぞれの研究者が相互に関わり合い自由に活動できる環境を目指したいと思います。美術表現領域は、美術とは何か、芸術とは何か、という本質的な問いかけを含んでいます。正確に言えば “美術理論” というべき領域です。大学教育の芸術理論の根幹を担います。

目指す職業

  • 画家
  • アーティスト
  • イラストレーター
  • クリエイター
  • 彫刻家
  • 美術教員
  • 学芸員
  • キュレーター
  • 美術評論家
  • 美術作家

カリキュラム

1年生前期

実技

<描写基礎>
形を見る力と描く力を身につけます。

<絵画・色彩 基礎>
絵画表現力、色感を身につけます。

<立体・空間基礎>
立体的描写、空間的なあり様を試みます。


1年生後期

選択演習1と選択演習2、それぞれから1つ授業を選びます。さらにコンピューターリテラシーの授業があります。


選択演習1

<着彩>
日本画技法を学び、和紙に顔料で着彩し絵画制作を行います。

<絵画技法>
洋画古典技法 テンペラ画の制作、アイデアスケッチから絵画制作までを学びます。

<塑像>
自由度の高い素材である「粘土」を肉付けして立体を制作します。

選択演習2

<絹本着彩>
細密描写を基に、日本画技法による絹本着彩を学びます。

<ドローイング>
表現素材の体験、たくさん描くことで自己の可能性を発見します。

<インスタレーション>
動画、身体、グループワークなどの場所や空間と関わる、あらゆる手立てを試みます。

コンピューター&メディアリテラシー

「Illustrator」「Photoshop」などの基本的なデザインソフトの操作方法などを学び、展覧会の開催や名刺の作成、ポートフォリオ制作など自己プロデュースするための技術を習得します。


2年前期
日本画基礎
洋画基礎
彫刻基礎
映像基礎

2年後期~4年

2年生後期からはスタジオ制になります。美術表現領域のスタジオを1つ選択します。


【日本画】濱田スタジオ

日本画を中心とした描くための表現の方法を学ぶスタジオ。

日本画 アートイラスト 絵画 古典技法

【洋画】平林スタジオ

洋画を中心とした表現はもちろん、絵画にとらわれない表現が学べるスタジオ。
絵画表現 洋画 現代美術

【空間表現】高橋伸行スタジオ

空間表現を中心とした表現を学び、様々なアートプロジェクトを行うスタジオ。
彫刻 コンテンポラリーアート アートプロジェクト

【芸術計画】髙橋 綾子スタジオ

芸術計画をメインに展示の企画や記録、さらにそれに関わる編集について学ぶスタジオ。
芸術批評 キュレーション 記録編集

将来の職業
  • 画家
  • アーティスト
  • イラストレーター
  • クリエイター
  • 彫刻家
  • 美術教員
  • 学芸員
  • キュレーター
  • 美術評論家
  • 美術作家

先輩メッセージ

櫻井 優英さん

櫻井 優英さん 3年
愛知県立春日井南高校 出身

美術を学ぼうと思ったきっかけは、デジタルよりも手にとってわかる画材や絵の具を使って絵を描きたいと思ったからです。
進学先についてはたくさん悩みましたが、その時に悩んだからこそ、今、何をすべきかしっかり念頭に置いて学生生活を送れているんじゃないかな、と思っています。普通科の高校に通っていたので、周りに美術を志す人が少なかったのですが、大学に入学してからは同じ志の人が周りに増えて毎日刺激的ですね。

中澤 鋭くん

中澤 鋭くん 4年
愛知県立瀬戸窯業高校 出身

進学先の大学を調べている中で、名古屋造形大学のWebサイトをみつけ、卒業生の就職先に「欄間師」と載ってたんです。木彫りや細かい作業が好きで、それを活かせる職はないのかなと考えていたときだったので、欄間師という職業に運命を感じ、名古屋造形大学にしました。
美術表現領域は自由で自分のやりたいことが貫ける場所です。なんでもありで、先生たちも学生の作品や考えをあまり否定しないから、自分の良い所が磨けるのが魅力ですね。

Pick up

三菱商事アートゲートプログラム10周年

若手アーティストの作品を公募して、三菱商事が購入。その作品をチャリティー・オークションで販売し、収益を美大生への奨学金に充てる、他に類のないプログラムです。
本学の美術表現領域(旧 日本画コース)卒業生の天野華恵さんは、在学時からこのプログラムに選抜され、参加していた1人。今後は、本学の教員の1人となって、作品制作を続けながら、みなさんに絵を教えていきます。

三菱商事アートゲートプログラム選抜作品

CBC翔け!二十歳の記憶展

「CBC 翔け!二十歳の記憶展」とは、次代の芸術を担う学生を発掘・応援することを目的とし、愛知県の芸術系3大学から選出された30名による絵画・立体作品を展示するものです。名古屋造形大学は、第2回の塔岡芙美さん(日本画)、第7回の宮本恵さん(洋画)、第9回の長尾永遠さん(洋画)につづき、第10回、第11回もグランプリを受賞しました。

CBC翔け!二十歳の記憶展画像

Works

卒業制作「アスノヨゾラ」(映像)
千葉 日瑞佳

卒業制作 「い、ゆ」
井上 暁登

卒業制作「これからのためのルポ」
神農 理恵

卒業制作「鈍色の独り言 −ワタシwarワスレナイデ−」
(パフォーマンス、映像)平林 唯

課題作品 絹本制作
鈴木 葉留香

自主作品
櫻井 優英

卒業制作「顔Ⅱ、顔Ⅲ」
北川 慧

課題作品「1年次インスタレーション」
共同制作

Project

医療福祉アートプロジェクト画像

医療福祉アートプロジェクト(やさしい美術プロジェクト)の活動の舞台は「いのち」と深く関わる医療福祉の現場。
そこで感じたことをもとに、自らできることを考え、提案し、実現してゆきます。日々の暮らしのなかで欠かすことのできない領域で美術・デザインに取り組みます。