1. HOME
  2. コース
  3. ジュエリーデザインコース

ジュエリーデザインコース

 
 

『ジュエリーデザインの学習を通し、社会で活躍できる人材の育成』

製造業において、技能はもちろん、考える能力を持った人材は必要不可欠です。ジュエリーデザインコースでは、ジュエリーデザインを通してデザイン思考の深化を図ります。

 

ジュエリーデザインコースで学ぶこと

本質的なデザインを理解するために必要となる講義等の学習要件と共に、ジュエリー産業の中で必須となるデザインスキルを4 つに分割し、それぞれ専門の担当教員の指導のもと、4 つのスキルが連動したデザイン活動を行う授業を行います。それを年度ごと、段階的にステージを上げた学習を行います。順を追った流れを繰り返すことで、産業に対する理解を深め、且つそれぞれの技能習熟度を高める事ができます。

 

市場調査

Marketing Research

客観的な視野を持ち分析力を鍛える

 

デザイン

Design

発想力を広げ計画性を持った思考を鍛える

 

クラフト

Craft

ジュエリーを生み出す立体感覚を鍛える

 

CAD

Computer Aided Design

理論的な道筋を構築する集中力を鍛える

 
 

1年次 カリキュラム

ジュエリーデザインの4のスキルの基礎学習

4つのスキルの基礎を学習し、それぞれの習熟度を高めながら、デザイン思考の根幹となる要素「見る」「聞く」「調べる」「描く」「作る」「纏める」「発表する」力を付ける訓練を行います。

2年次 カリキュラム

4のスキルを連動させたジュエリーの提案

1年次に学んだ4つのスキルを、連動させた授業を実施します。市場調査、デザイン、3D設計、加工の一連の流れを授業に取り入れる事により、商品開発のプロセスを体系的に学習します。

3年次 カリキュラム

対外的なアプローチを実施するジュエリーデザイン

商品開発のプロセスを基軸としたデザイン活動を行います。産学連携活動や海外交流などを取り入れた授業により、企画立案の強化とプレゼンテーション及びコミュニケーション能力の開発を行います。

4年次 カリキュラム

ジュエリーデザインの可能性を追求

ジュエリー産業の展望を踏まえ、各々が設定した研究テーマに沿い、ジュエリーデザインの可能性を追求します。研究内容は卒業制作として一般公開をすることにより、幅の広い検証が可能となります。

 
...
 
 

作品について教えてください。

これは、ハード系をベースにエスニック調・アンティーク調の要素を入れて、どんなファッションでも合うジュエリーで、シリーズものになっています。4つあって、ペンダント、ブレスレット、指輪、ピアスを作りました。セラフィナイトっていう石を使用しています。

卒業制作はどんなものを作りたいですか?

ギミックが入っているものをつくりたいですね。憧れちゃいます。自分が考えたことに対して、先生方にアドバイスをもらう形で制作しています。一緒に遅くまで先生も残ってくれますし、ジュエリーは家では制作できないので、こういう環境があるっていうのは良いです、ホント。

将来は?

やっぱりジュエリー系の企業に就職希望です。なにかものづくりに携わりたいなって思っているんです。毎年、良いところに先輩達も就職を決めていますし、少人数なので、サポートがしっかりしているのもジュエリーデザインコースの魅力です。

 

大学生活はどんな感じ?

制作も授業もとても楽しいです。授業後にも課題や展示、自主製作など、とにかく工房・アトリエに残って制作しています。人数が少ないからこそ、コース全体の仲が良くて、良い雰囲気で制作できるのも魅力です。

ジュエリーデザインの面白さを教えてください。

異素材を使用したり、安全を考えて自由に組合せを考えられることです。今までに「石とシルバー」の組み合わせや、象の毛を使用したり、シカの角でリングを作ったりしました。金や銀を加工して1からリングを作ることが好きで、今までに10 個位は作っています。簡単なものだと30 分位で完成しますが、この写真のリングは半年かけて制作したもので、とても気に入っています。

高校生の皆さんに一言お願いします。

オープンキャンパスで大学に来てみると、自分の人生が一気に変わる可能性があります。私もオープンキャンパスでジュエリー制作を体験したことで、とっても興味を持ちました。今のうちに色々見て、さまざまな経験をつんでください。

 
...
資料請求はこちらから
WEB入試要項・WEB入試案内