グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



入試情報

ホーム >  入試情報 >  選抜方法 >  デッサン

デッサン


デッサンについて

鉛筆デッサン 静物(卓上モチーフ)

問題 与えられたモチーフを、自由に構成し描写しなさい。
時間 3時間
用紙 画用紙(四ツ切)
持参具 鉛筆、消し具(ねり消し含む)、削り具、紙やすり、はかり具(はかり棒、デスケル等)、定規(50cm 以下)、布、擦筆

参考作品


2020年度 推薦入学試験

モチーフ

  1. りんご1個
  2. プラスチックバッグ1枚
  3. ボトル1個
  4. 箱入り菓子1個

作品例

条件

  1. 与えられたモチーフは全て描写すること。
  2. モチーフは加工をせず、そのまま描写すること。
  3. モチーフは変形を加えないこと。
  4. モチーフは自由に配置してよいが、机の上で配置し描写すること。
  5. プラスチックバッグの中にほかのモチーフを入れないこと。

講評文

全体的にシャープな印象で仕上がっている作品です。特に、菓子箱や透明容器などの工業製品のシャープさが高いレベルで表現されています。さらに、透明容器に付属した金属の蓋の質感がしっかりと描かれており、全体のイメージアップに繋がっています。床面に映る影も丁寧に描写されており、モチーフ全体が安定して描かれています。

2020年度 推薦入学試験(学外会場)

モチーフ

  1. にんじん1個
  2. タオル(ライトブルーストライプ)1枚
  3. 炭酸水 ( 瓶入り )1本
  4. スコップ1個

作品例

条件

  1. 与えられたモチーフは全て描写すること。
  2. モチーフは加工をせず、そのまま描写すること。ただし、タオルは折り曲げたり、丸めしても良い。
  3. にんじんは、折るなどの変形を加えないこと。
  4. モチーフは自由に配置してよいが、机の上で配置し描写すること。

講評文

力強いタッチで存在感がある作品です。フォルムを正確に読み取る力があり、空間や立体を理解した上でしっかり陰影や色の違いが整理されています。表現するトーンの幅も広く、タオルの毛羽立つ柔らかい質感や金属・ガラスなどの硬質な質感など、適切な描き分けができています。

2020年度 一般入学試験(前期)

モチーフ

  1. 花瓶(ガラス製)1個
  2. 鉢カバー(亜鉛メッキ)1個
  3. ハンガー(プラスチック製)1個
  4. 皿(ガラス製)1枚
  5. 紙ナプキン1枚

作品例

条件

  1. 与えられたモチーフは全て描写すること。
  2. モチーフは加工をせず、そのまま描写すること。
  3. モチーフは変形を加えないこと。
  4. モチーフは自由に配置してよいが、机の上で配置し描写すること。。
  5. 紙ナプキンは全て広げて模様の面が見えるようにし、他モチーフの下に敷くこと。

講評文

大胆に構成されたモチーフが作品のインパクトの強さに繋がってます。鉛筆の色幅もあり、黒く明確な存在のハンガーとハーフトーンを生かしたガラスの質感描写がとてもバランス良く描かれており、評価される作品です。アルミバケツとお皿の重なりが少しずれた方が、よりモチーフのシルエットが美しくなったでしょう。それぞれの質感も丁寧に描写してあり、完成度の高い作品です。

2020年度 一般入学試験(後期)

モチーフ

  1. シャンプーボトル(白) 1本
  2. 惣菜パン(袋入り)1個
  3. ボディブラシ(木製) 1本
  4. 皿(陶器製) 1枚
  5. ラッピングペーパー(水玉模様)1枚

作品例

条件

  1. 与えられたモチーフは全て描写すること。
  2. モチーフは自由に配置してよいが、机の上で配置し描写すること。
  3. シャンプーボトルのキャップの向きは自由とする。また、シャンプーボトルのキャップは、飛び出た状態で描写すること。
  4. 惣菜パンは袋を開封したり、つぶしたり変形を加えないこと。
  5. ラッピングペーパーは折る、曲げる、丸めるなどして、両面を描くように配置すること。
  6. 指示のないモチーフは、加工や変形を加えないこと。

講評文

モチーフそれぞれの質感が適切に表現できています。特に、プラスチックボトル側面への反射光、陶器に映り込む蛍光灯の光を効果的に利用しており、プラスチックらしさや陶器らしさが伝わってきます。鉛筆の濃淡も幅があり奥行きを感じる良い作品に仕上がっています。