グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



卒業生紹介

ホーム >  卒業生紹介 >  芸術家  >  画家 スエイシユミさん

画家 スエイシユミさん


Profile

スエイシユミさん

スエイシ ユミ

2015年 名古屋造形大学 日本画コース 卒業
2017年 名古屋造形大学 大学院 修了
2017-2020年 名古屋三越「絵画の波動-クラウンレヴォリューション-」出品

2015年 名古屋造形大学 卒展 桃美会賞 受賞

Twitter
Instagram
Portfolio

どうして美大に進学したんですか?

高校は普通科で、美術部ではなくて弓道部に所属していました。思い出は部活オンリーってぐらい部活に力を注いでいたこともあり、大学進学はするつもりではいたんですけど、4年間追求したいなと思えるほど興味のある分野が、高校までの勉強ではなかった見つからなかったんです。
それでも、将来進学しないといけないっていう義務感がぬぐえなくて、部活を引退した後、母親に進学に関して相談したところ、「そんなにやりたいことが見つからないなら、大学行かなくていいよ。」って言われて、ハッとしましたね。そこから初めて「私が好きなものって何なんだろう?」と、真剣に将来について考えるようになりました。
それで辿り着いたのが、美術をやることです。元々何かを作ることや考えること、絵を描くことが好きだったので、それで何かできたらきっと楽しいだろうし、とにかく今までやったことがないことに挑戦してみたくて、美大を目指しました。元々、ちょっと変わった性格なので、一般的な無難な大学に行ってしまったら、授業つまんないなーと思って後悔しちゃいそうなのが目に見えていたのもあるかもしれません(笑)

作品画像

受験勉強はどうしたんですか?

高校の頃、美術と書道と音楽の授業は選択科目で、芸術系の教科はどれも好きだったため、悩んだ末に書道を選択しました。なので恥ずかしながら…ほとんどデッサンをやっていないどころか鉛筆や教科書すら持っていませんでした。趣味で絵とか落書きは描いてみたり、文化祭のポスターを描いたりということはしましたが、自慢できるほど上手くはなかったです。中学は結構特殊な学校だったので、美術はテストも教科書も無くて、コラージュ・スパッタリング・マーブリング、彫刻刀や電ノコなどの技法を実践的に習っていたんですけど、それでも急に「美術系大学に行きたい!」って言い出すとは思えない生活を送っていましたね(笑)
美大という存在も3年生になってから知りました。なので、私が美術を大学で学びたいと母親に相談してみたら、画塾に通うように促してくれて。それで受験対策デッサン講座に通い、慌てて絵の勉強を始めました。

作品画像

なぜ造形を選んだのですか?

受験の決め手は、画塾の先生が名古屋造形大学の日本画の非常勤として勤務していたからです。その先生が勧めて下さり、先生の指導を信頼していたので、進学しようと思いました。

実際に入学して、どうでしたか?

私にとっては、来て大正解でした。学力がどうとか、学歴がどうとか、そういうしがらみを気にしなくて良くて、自分が自分のまま頑張ることを認めてくれる場所が美大の良さだと思います。今までだったら「何変なこと言ってんの?」とか言われていたことも、作品として制作することができる。その寛大な捉え方が、価値観と合っていたんだと思います。そして何より、先生たちの講評会が楽しかったかな(笑)講評ではアウトプットとインプットが両方できるので、人の意見がたくさん聞けますし、制作に対する自分の考えもまとまる。
名古屋造形大学を選択した結果、ものすごく自分の人生は大きく変わったなと思っています。特に先生方や友人や先輩、後輩たちには、感謝してもしきれないかな。口先だけじゃなくて、実際に頑張っている人が周りにいてくれる環境が良いですね。

印象に残っている授業はありますか?

学生なのであんまり高い画材が買えなくて、安いけど自分が使いやすいと思うものを使っていたんです。それを見た、非常勤の久世直幸先生から「この画材は何?」と言われて。もしかして怒られるかな…と思いながらも「安いんですけど、綺麗だったから使ってみたんです。」って素直に話してみたんですね。そうしたら「こんなものもあるんだね、昔の画家も、当時あったら絶対この素材を使いたいと思うだろうなぁ。新しい画材、たくさん使ってみていいよ。」と、私のやっていることを柔軟に受け入れて下さったのが印象的でした。
こういう臨機応変な考え方って、生きていく上でとっても大切だと思うのですが、今までは許されなかった気がしていたので、なんというか…このままやりたいことをやっていけばいいんだ!って励まされました(笑)そこからは、砂とか粘土とか樹脂とか、なんでも気になるものは画材として使うようになり、表現の幅が広がりました。

作品画像

絵が好きになったきっかけはありますか?

幼少期にほとんど毎日おばあちゃんの家で過ごしていたんですけど、おばあちゃんが昔文房具屋さんをやっていた関係で、紙とかペンとか鉛筆とか文房具がたくさんあって、それで落書きをしていたのがキッカケかな。あとは…近くで虫を採ってきたり、飼っていた犬と竹林にお散歩にでかけたり、そんな感じですごく自然と遊んでいました。とにかく毎日面白くて、この幼少期の楽しい記憶が、間違いなく今の私自身をつくっているのだと思います。名古屋市生まれなのに、よく「田舎っぽい」「無人島でも生きていけそう」とか言われるのもそのせいかも(笑)
おばあちゃんがちょくちょく絵を褒めてくれたのも覚えています。そういう楽しい経験が絵に関して多くあったので、好きになったのだと思います。

卒業して、今はどういう活動をされていますか?

制作とは別に広報の仕事をしているのですが、制作活動も展示活動も続けています。美術表現領域の日本画ゼミの在学生と卒業生の合同展示である「時々刻々展」(5/R Hall&Gallery)や、カフェギャラリーでのグループ展などへ参加したり、展示自体を企画したり…たくさん活動してますので、よろしければぜひ一度、展示にお越しください。
自分自身がどちらかと言えば一般的な方から表現の道に進んだので、一般の人たち、身近な人たちに作品を観てもらいたいなと考えています。美術やアートと呼ばれるジャンルって、めちゃくちゃ楽しいのに壁をつくられがちな世界なので、いつかその壁をぶっこわしたいな(笑)

作品画像

大学の頃、もっとこうしたかったなっていうことはありますか?

大学生活にあまり後悔はしていないんですけど、強いて言うなら…他の美大の学生とか、精力的に活動している作家さんとか、簡単に仲良くなれない人たちのところに、自ら出向いて交流することを、もっと頑張りたかったです。自分の制作とか展示とかバイトとか遊ぶこととかで手いっぱいで。今から巻き返すつもりです。

最後に、高校生に伝えたいことはありますか?

私みたいに美術とか芸術とかに興味がある人って、実はたくさんいると思うんです。でも、レールに沿っていない世界に一歩を踏み出すのって、精神的にしんどいじゃないですか。
偶々私は応援してくれる人がいてくれたから頑張れたんですけど、美術やるって言った時は、周りにめちゃくちゃ呆れられたし、笑われました。だけど、そういう周りの人って大半が相手に何かを言いたいだけ、こっちの将来のことを真剣に考えてアドバイスをくれる人は、ごく少数なんですよね。なので、何を言われても気にしないで、"自分の為に"頑張ってみるのが大切だと思います。口だけはダメで、悩むぐらいなら行動した方が良い。私はそれで今のところとても楽しく制作活動をしています。
大学の環境が合うか合わないかは人それぞれなので、まずはオープンキャンパスとか行ってみるといいんじゃないかな。