グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



卒業生紹介

ホーム >  卒業生紹介 >  アニメーター >  板倉春花さん

板倉春花さん


Profile

椅子汰さん

板倉春花
アニメーションコース(現 映像文学領域)卒業
株式会社オー・エル・エムにて動画マンとして活躍。

参加作品
<TV>
ポケットモンスターサン&ムーン
ポケットモンスター
MIX
メジャー2
文豪とアルケミスト
など

<劇場>
劇場版ポケットモンスターキミにきめた!
劇場版ポケットモンスターみんなの物語
ミュウツーの逆襲EVOLUTION
二ノ国
など

Twitter

なぜ美大に、そして名古屋造形大学に進学したのですか?

私が受験をした頃は、アニメーションコースが独立してあったので、そこを選んで進学しました。
それまで私はアニメーション制作の経験はまるでなく、在学しながら学ぼうと考えてました。

実際に入学してみてどうでしたか?

全分野共通の講義で知り合った、洋画、陶芸、マンガ、ジュエリーなど、他の分野で学ぶ友人たちのアトリエを見せてもらえ、新鮮で刺激を受けました。
アニメーションの授業では、裸体デッサン、クロッキーが楽しかったですね!クロッキーは授業時間外でも行っていて、お昼休みなど学年問わず交わり、数人から十数人での集まりに参加することで向上心が刺激されました。
中高美術の教師免許も取れましたが、私は実習のタイミングが4年の秋で、卒業制作のスケジュールを上手く組めずにバタバタしていました。就活は本命の会社の募集時期を見逃してしまい、他一社受けましたが、実技面接で不合格、時間もないため在学中はあきらめました。
卒業後、一年間地元の学童でアルバイトしながら就活を続け、現在の会社にポートフォリオを送り、実技面接に合格して採用していただきました。

在学時代の思い出について教えてください。

大学2年の頃に先輩の卒業制作を手伝えたことは、私にとってターニングポイントでしたね。
一つの作品を複数人で分担して一緒に作ることや、不慣れでも完成した動画を先輩に褒めてもらえたこと、先輩の絵コンテや原画を見せてもらえたことがとても良かったです。ここで”仕上げ”も覚えましたね。

大学3年の春から夏にかけては、「ポプカル」という名古屋が企画していたイベントの広告CMで、私は1カット18コマのサーカス作画と背景を担当し、その時に作画に手応えを感じました。時間の都合上、全て自分の手で制作するというわけにはいかず、ミサイルと仕上げは他のメンバーに手伝ってもらいました。
講師の方に教えてもらった動画を研究して、見よう見まねで人物の作画をしました。初めて周りにも褒めてもらい、動かすことに自信が一つつきました。
これらの経験から、作画として仕事をするとなると、基本的には自主的に継続した模写やクロッキーを行うことが必要不可欠だと感じ、当時の教授に身近の人の描写を勧めてもらったので、親や犬などクロッキーするようになりました。身近な存在ということもあって、自然に仕草やクセが分かるので、感情移入しやすかったです。

ぽぷかる4”愛知ぽぷかる聖地化計画第4弾”

仕事について教えてください。楽しいところ、大変なところ、やりがいは何ですか?

現在、デジタルでアニメーションの動画をしています。イキイキと弾むように描かれてる原画を割る時が1番楽しいです。
初めはデッサン割の経験が少なく時間がかかりましたが、4年目の今はどう割るかが身についてきたので、できると信じて作業できます。時間がない時や、じわ割という中枚数が多く、動きの幅の少ない線割は、時間もかかり単一な作業なので、眠さと飽きの戦いになり大変です。
割るのが楽しかったカットを、色と声と撮影がついて放送されたものを観たり、記録に残して見返したり、親や知人にも見てもらうことで、やりがいを感じます。

様々な作品に参加されていますね。
劇場作品とテレビ放映のアニメーションで表現などの違いはありますか?

劇場作品は、作業的に、大体は線数やパーツが増え、作品の見栄えが増します。なので作画の作業時間や労力がかかります。
最近だと、途切れ線の表現として、アウトラインを細かく赤などの色トレスでつなげる作業があり、繊細な絵に仕上がっていますし、演技も芝居がより豊かになります。
2年前の映画ですと、髪や服のなびきがテレビより細やかに、多くありました。

テレビは常時行う仕事なので一定のクオリティを上げつつ、日常芝居やアクションに挑戦して経験を積んでいきます。

アニメに関わる仕事をしたいと思ったのはなぜですか?

2歳の頃、録画したアンパンマンを夜中の2時まで観ていたようで、絵も描くことが好きだったんです。そんな小さい頃の自分を信じて、アニメの仕事なら心から好きで続けられると思いました。

仕事中にスランプになったりすることはありますか?
また、うまく描けない場合の改善のコツはあったりしますか?

うまくいかない時は突然来ます。そんな時は、自分でシミュレーションしたり、それを動画に撮ったりします。さらに、自分が信頼の置ける動画検査の人に割り方を聞きます。それでも難しいときは、一旦離れてリフレッシュ。話したり、休んだり、お菓子を食べる。
あとは、自分が落ち着いて集中できる作業空間を作ることが大切です。色々なやり方を教えてもらったりしますが、試して自分に合うやり方を見つけるようにしています。合わなければ他を模索します。そうすることで、必ず出来て、壁を乗り越えることができました。

アニメーションに関わる仕事をしたい場合、学生の間にやっておいた方がいいと思うことはありますか?

自分の好きなことをとことん追求、がいいと思います。
その為にも、気になったことや興味のあることは、その気が新鮮なうちにインプットしてください。
そうしてインプットを続けていくうちに、興味の続くことは自然とアウトプットもしたくなります。
私も以前は「しなきゃ」「やらなきゃ」と、よくなんでもしようと取り組んでいました。無理して何でもやるより、まずは土台作りに自分の好きなことを得意になる方が大事だと思いました。
何かしら得意なことを手に入れることによって自信がついてそこから枝分かれして他の出来なかったことにも興味が湧いてくると思います。私自身もいろんな人やものから影響を受けたことは今も大事に思っていて、無意識の好きや、すごい!と感銘を受けたことや人の背中が後々自分を作っていると思います。

最後に、高校生にメッセージをお願いします!

”動画”は”原画”にも使える技術です。動画だと、様々な方のレイアウトからラフの原画、タイムシートも観れるので、原画になりたい人はそこからシートの付け方や原画に必要なタイミングの場所についても学び、知識として吸収することができます。
他の人より吸収に時間がかかる自分ですが、気持ちのいい動きが掴めてきている実感が楽しいです。周りと比べず、自分の実力を認めて、教えてもらったことを吸収しながら自分のやりたいやり方を実現していくと続くと思います。
原画より先について私はまだ知らないので話せませんが、会社によっては、社会保障、厚生年金もなく、歩合制であり、描く量が少ないと給料が減ります。私も、欲しいものは買えていますが、正直まだギリギリの生活です。
それでも、親しく話せる友人や知人がいて、アニメを見てくれる方々がいて、見放さず支えてくれる動画検査の方々がいて、仕事もしっかり供給されれば、まず1年、そして3年は続けれる仕事です。ですが、同期は1年ほどでみんな辞めてしまい、私は昨年末年に一旦長期休暇を取り帰省しましたが、結局まだやりたくて戻ってきました。後輩はみんな辞めず続けています。とりあえず、枚数が増えると給料も安定してくるので、今後は月500枚を安定的に制作するのが目標です。
可能な会社なら、辛いときはいっそ長い休暇を取り、体や心を壊すくらいなら一旦潔く、さくっと離れることが大事です。
ハマる人には楽しい仕事だと思います。
会社を探すならば、補償と給与形態や支給金額がしっかりしている会社を見つけて、健康に、長くこの業界で働いてほしいです。