学内施設

ATELIER

 

名古屋造形大学では1年次より全学生に、各コース別の“アトリエ”を提供します。上は美術・洋画コース、下はデジタルメディアデザインコースのアトリエ。アトリエの設備や雰囲気はコースによってイロイロ。

あなたの希望するコースはどんなアトリエかな? ひとりひとりに割りあてられた制作スペースで、おもいっきり制作してください。

卒業制作前は泊まりがけで制作する先輩もいるんだって!

 

シルクスクリーンで刷る! 版画工房

名古屋造形大学の版画工房は銅版画やリトグラフ、シルクスクリーンや木版画などの多様な版種に応じた設備が隣接しており作業を行いやすい工房です。普段の制作で使用しない技法や技術は、どこかで自身の制作にフィードバックできると思いますし、思わぬ発見やアイディアが生まれると思いますので、ぜひ一度工房を覗いてみてください。

 
 

理想の写真を撮る! 写真スタジオ

不可能かも、と思っていた写真が撮れちゃうかも・・・
ようこそ写真スタジオ!

スタジオでできること

 
 
 

レーザーカッターを使おう! クレイモデル室

学生の皆さんには、ぜひ最新の機材を使っていただきたいですね。この機械を使ってどんなことが出来るのか?どんな作品が出来るのか?レーザーカッターの持つ可能性を発見してもらいたいです。そのために、どのような材質でどのくらいの厚みの時はどのくらいの出力をすればいいのか、といったノウハウを共有して作品のアイディアに繋げてもらいたいです。そして、さまざまなコースの学生たちが自分の視点でそれぞれのニーズに合った作品制作に役立ててもらいたいですね。ライフデザインの研究室にどんどん相談に来てください!

―ライフデザインコース 金澤秀晃 教授

 

大型レーザーカッター

 

彫刻する絵柄とカットする形のデータをAdobe Illustratorでつくり、それを読み込んで動いてくれます。厚さは約15mmまで対応しており、切断と彫刻を同時に行うのでズレることもありません。アクリル板や木版などをカットすることが出来ます。

3Dプリンター

 

学生が使える3Dプリンター。パソコンで制作した3Dデータを読み込み、立体作品をつくることが出来ます。データはShadeの14以降のバージョンでモデリングしましょう。

 
 

※クリックで拡大

LIBRARY

 

美術作品集や図鑑、デザイン系図書などはもちろん、雑誌、マンガ、DVDも揃えています。所蔵冊数はなんと13万冊!新刊も毎年2,000冊購入しています。欲しい本をリクエストすれば審査後に購入するシステムもあります。さらに学生中心のチームで書店に出かけ、多くの書籍を「手にして」「見て」「選んで」くる『選書ツアー』も実施しています。このツアーで購入した本は図書館の蔵書に加わり、創作の大きな武器になるでしょう。

また、図書館では年に数回の企画展を開催。『先生のおすすめ本』『卒業生の本』などの企画は学生の皆さんに好評です。

図書館では本を利用しない学生も大歓迎。勉強したい人、創作アイデア出しに没頭したい人、レポート作成をしたい人、どんどん利用してください。ぜひ皆さんも図書館へ足を運んでください。司書さんが図書館の利用について優しく教えてくれますよ。

資料請求はこちらから
WEB入試要項・WEB入試案内