グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



NEWS

ホーム >  NEWS >  文部科学省「令和元年度私立大学等改革総合支援事業」に選定されました

文部科学省「令和元年度私立大学等改革総合支援事業」に選定されました


名古屋造形大学は、文部科学省が実施する「令和元年度私立大学等改革総合支援事業」において、平成31年度に引き続き、タイプ1「教育の質向上に向けた特色ある教授・学習方法の展開を通じた教育機能の強化を促進」に選定されました。(文部科学省 令和2年2月27日付27通知)

本学が選定されたタイプ1「特色ある教育の展開」は、本学が教育方法の改善や教育の質向上に向けた特色ある教育を展開していること、入学者選抜体制の充実強化や高等学校教育と大学教育の連携強化を行っていること、卒業生の状況調査を行いその調査結果を教育活動の改善に反映させていること等が文部科学省に評価され、選定されました。申請大学数397校に対して選定は131校(33%)となっております。

今回の選定結果により、今後も全学的な体制での教育の質的向上と積極的な高大接続改革に取り組んでまいります。


私立大学等改革総合支援事業(文部科学省ホームページ)