カテゴリー:20期生

Page 2 of 14

4年生 高井さん 挿絵の仕事

先日卒業式を迎えました高井さんが、挿絵を年末に納品しました。その仕事が刷り上がりました。

小牧市地区民生委員・児童委員連絡協議会が発行している「つながり」という冊子に使用されています。

大変てきぱきとした対応で、先方様もご満足の様子でした。

高井さんはこの春からデザイナーとして新しい人生のスタートを切ります。失敗することも悔しいことも多々あると思います。ひとつひとつを乗り越えて自身のめざすデザイナー・イラストレーターになってください。卒業してからも変わらず応援していきます。

イラストレーションデザインコース 足立ゆうじ

平成24年度卒業式

3月15日の今日、卒業式が行われました。もっとも嬉しくもっとも寂しい一日の始まりです。

卒業式終了後、各コースごとに分かれて先生から卒業証書が手渡されました。

14時より場所を移動して卒業記念パーティが開かれました。

後半は恒例のビンゴゲームです。

イラストレーションデザインコースの学生も景品を獲得できました。

19時より学生主催で謝恩会が開かれました。これまでお世話になった先生方への感謝の気持ちです。

最後に先生から学生へ励ましの言葉を頂戴しました。はまだ先生は3年次に編集デザインや広告デザインについての授業をご担当いただきました。

小副川先生は2年次と3年次にフォトショップについての指導やイラストレーション表現、そしてキャリアプログラムのご指導をいただきました。

北沢先生は4年次の卒業制作に関わっていただきました。

これから社会に旅立ちますが、困難な事やつらい事がたくさん出会います。くじける時も来ると思います。この大学生活で得た仲間を頼ってください。一人では大変でも仲間となら乗り越えられます。ひとつひとつの困難を自身の成長の糧として乗り越えていってください。

このような暖かい謝恩会を開いてくれてありがとうございます。皆さんと共に過ごした時間は僕の財産です。

イラストレーションデザインコース 足立ゆうじ

2012年度桃美会賞展 搬入

第20回名古屋造形大学卒業制作展で各コースから桃美会賞を受賞した作品が学内ギャラリーに勢揃いします。今日はその搬入日です。

卒業制作展を経験しているので、展示もスムーズに行われていきます。

イラストレーションデザインコースは太田さんが受賞しています。

3月15日(金)の卒業式当日より桃美会賞展が開催されます。次年度入学式の際にも展示されています。入学される皆様もぜひ先輩の作品をご覧ください。

イラストレーションデザインコース 足立ゆうじ

卒業制作展 最終日

2月13日(水)から始まった卒業制作展が最終日を迎えました。残る6名の作品をご紹介したいと思います。

まずは伊藤さんの作品です。小説の装丁デザインとイラストレーションを制作しました。小説を読んでイメージを膨らませました。独特の世界観が表現されていると思います。

次は佐藤さんの作品です。

ペンで描いたモノクロイラストレーションを用いてデザインしました。

モノクロームのイラストレーションが怪しい世界観をいっそう強調してくれています。

余くんの作品は3DCG作品です。

とてもテクニカルな表現で、たくさんの方が近くまでのぞき込むように見ていました。

菅沼くんの作品です。

キャラクターはすべて鉛筆で細密に描き込んでいます。

細密表現はとても時間のかかる作業ですが根気よく続けて描きました。

次は竹内さんの作品です。

ペンタブレットを使用して描きました。キャラクターの性格が伝わって来るような表情です。

最後は飯田さんの作品です。

星座をモチーフにタロットカードを制作しました。丁寧な仕事ぶりで魅力的なイラストレーションに仕上がったと思います。

今年も無事卒業制作展の日程を過ごす事ができました。たくさんの方にご来場いただきまして誠にありがとうございます。皆様からいただいた温かくも厳しいご意見を心に刻む事ができました。これから社会に旅立つための良い機会になったと思います。

イラストレーションデザインコース 足立ゆうじ

卒業制作展 四日目

いよいよ残すところ2日となりました。

まずは水野くんの作品を紹介いたします。

水野くんは映画の一場面のような異次元の世界を表現しています。何百ものラフスケッチを繰り返していき、この世界観に到達しました。

とても高い描写力を持っており、その力はデジタルでも遺憾なく発揮されています。

次は服部さんの作品です。

リラクゼーションサロン「sippo」のブランディングを行いました。

かわいいキャラクターを設定して、訪れた人の体も心もいやしてくれるような印象です。パッケージにも彼女の可愛らしさが表現されています。

次は神田くんの作品です。

全長5メートルにもなる大作で、イラストレーションの枠を超えた作品のひとつとなりました。自分自身を気持ちをぶつけて描き続けた作品です。写真では伝えられないスケール感があります。

次は芝野くんの作品です。

ペンツールを駆使して星座のイメージを具現化したイラストレーションを描きました。とても繊細で凛とした神々が描かれています。

最後は澤田さんの作品です。

オリジナルゲームのキャラクターを描きました。手元のゲーム機でも見る事ができます。

折鶴ブースでは、目新しい形が登場しました。これはクジャクでしょうか。

高知からみえた方が折ってくださいました。

連鶴まで登場です。

鶴の折り方もさまざまで日々新しい発見がありとても意義のある卒業制作となっています。今日もたくさんの方にご来場いただきありがとうございます。残すところあと1日です。学生の精一杯の作品をぜひご覧ください。

イラストレーションデザインコース 足立ゆうじ