カテゴリー:19期生

桃美会賞展

今回の卒業制作展で各コースから選ばれた桃美会賞作品を名古屋造形大学内ギャラリーにて展示をしています。すこしその様子を観てきました。

視覚伝達デザインコースからは山口さんの作品が選ばれました。

人柄がよく出ていて素敵な作品だと思います。

続いて視覚伝達デザインコースより小倉さんの作品です。視覚伝達デザインコースは2クラスあるので各クラスから1名ずつの選出となります。

おもしろいです。日常の何気ない風景を切り取って無限の表情を与えます。レイアウトも大変センスを感じます。

イラストレーションデザインコースからは金城さんです。

ロゴマークもパッケージデザインも自分の表現したい世界観をめいいっぱい作り込みました。細部まで相当こだわって仕上げています。

デジタルメディアデザインコースからは加治屋君の作品です。

新しいソーシャルネットワーキングサービスの提案です。今いる場所にコメントを記載して皆と共有しコミュニケーションができるアプリです。

桃美会賞展は3月25日まで展示されています。お時間ありましたら是非お立ち寄りください。

イラストレーションデザインコース 足立ゆうじ

卒業制作展 最終日

竹内さんの作品です。

とても大きな作品となりました。部分のみをご紹介します。

道化のイコン(聖像)をテーマにした作品です。幾日も集中して作品活動に取り組んできました。作品から伝わるエネルギーに来場者のほどんどの方が足を止めて見入っていました。もっとも注目された作品のひとつです。

力強い作品をこれからも制作し続けていってください。応援しています。

次は渡邉さんです。アイスクリームショップのショップ計画を展示しました。

食べるのがもったいないくらいのかわいいアイスクリームです。愛くるしいキャラクターのアイスクリームがずらりと並んでとてもかわいらしいショップでした。

ポスターも渡邉さんの感性で魅力的なイラストレーションに仕上がりました。こんなアイスクリーム屋さんがあったら行列ができる人気店になると思います。

卒業制作は本日が最終日でした。たくさんの方にご来場いただき誠にありがとうございます。厳しくも暖かいご意見ご感想もたまわり学生の刺激になったと思います。これからもぜひご支援ご指導いただきますようよろしくお願いいたします。

イラストレーションデザインコース 足立

卒業制作展 五日目

守田さんの作品です。手帳のデザインを展開しました。

何十種類もの表紙のデザインを画面いっぱいにレイアウトした特徴的な展示をしています。

実際に手に取ってご覧いただくことができます。

各ページを丁寧に仕上げています。手帳サイズをすこし大きめに設定して使いやすくしました。

日紫喜さんの作品は映像を手がけました。

愛情をこめて大切にされている椅子に座っている人形が主役です。

どんなストーリー展開なのでしょうか。ぜひ会場でご覧いただければと思います。

次は岡﨑さんの作品です。ヘアカラートリートメントのパッケージデザインを日本の伝統色でシリーズ展開しました。

和をテーマにして描かれたイラストレーションがとても魅力的です。

告知ポスターを6点制作しました。

日本の伝統的な色彩感覚と岡﨑さんの現代的な色彩感覚が融合した作品に仕上がりました。

最後は福田さんの作品です。錯視をテーマに1年間取り組んできました。

写真は坂本龍馬の肖像です。省略の仕方が面白く、画面が錯視の効果で動いて見えます。

この肖像は小説家、芥川龍之介です。こちらも画面が揺れ動いています。

アインシュタインの肖像です。ラインの強弱の繰り返しで不思議な造形になりました。これも錯視の面白い効果を利用した作品です。

卒業制作展は日曜日が最終です。

ぜひお立ち寄りいただいて実際の作品をご覧いただけたらと思います。

イラストレーションデザインコース 足立

卒業制作展 四日目

岡崎さんの作品はパスタショップの提案です。

パスタショップの告知ポスターです。かわいいキャラクターが印象的です。

パッケージも可愛らしく仕上げています。写真ではわかりませんがロゴマークもしっかり作り込まれています。

杉島さんの作品は、地元長良川にある鉄道のPRポスターです。

何度も何度も現地に足を運び、撮影を重ねてきました。その中から厳選し、9枚のポスターを作成しました。

写真のクオリティもさることながらコピーに強さを感じます。メッセージ性の高い PRポスターに仕上がりました。

次は奥村さんの作品です。

ゲームのPRポスターです。

ゲームのストーリーやキャラクターの設定などもしっかり考えられています。

人物だけでなく風景も描けるように、ひたすらデッサンやクロッキーを積み重ねてきました。大変な努力家です。

キャラクターが丁寧に描かれています。正確な描写と陰影に確かなデッサン力を感じます。作品の魅力をめいいっぱい伝えるためにB0サイズで3点展示しました。

最後は青木さんの作品です。美女と野獣がテーマです。9点の作品を制作しました。

アナログとデジタルの融合作品です。手で描いた後デジタル処理で着色。出力後、エアブラシを使ってもう一度アナログ作業を経て作品を仕上げています。

独特な手法で、青木さんの持つ世界観が見事に表現されています。

野獣を手玉に取る美女。どちらが本当の野獣でしょうか。とても魅力的な作品です。

卒業制作展は残すところ土曜日と日曜日の2日間です。

4年間の集大成をぜひご覧ください。

イラストレーションデザインコース 足立

卒業制作展 三日目

原田さんの作品です。

読書がゆっくり楽しめるカフェの提案です。

カップのキャラクターを生かした6点のポスターを制作しました。

カフェで使用されるアイテムの展開です。

テーブルに置かれている焼き菓子も実は紙粘土で作りました。

本物のような雰囲気でとてもおいしそうです。

次は若尾さんの作品をご紹介します。

彼女はチョコレートの商品企画を展開しました。

メインポスター6枚の一部です。

チョコレートのパッケージデザインです。

かわいらしいキャラクターが商品の魅力をアピールしています。

こちらは5種類の味が楽しめるアソートタイプのパッケージデザインの提案です。

いつも丁寧な仕事をしています。魅力的な商品展開ができたと思います。

最後は伊藤君の作品です。

仙台出身の彼は地元を応援するためのメッセージポスターを9点制作しました。

強く心に響くコピーがとても印象的です。

地元の特産を取り寄せてスタジオで撮影を行いました。

地元の方々だけでなく日本中に響くメッセージポスターだと思います。

ぜひ名古屋造形大学卒業制作展に足をお運びいただければ幸いです。

イラストレーションデザインコース 足立