【展示会のお知らせ】第26回 名古屋造形大学卒展2019

「第26回 名古屋造形大学卒展2019」について
下記の通りお知らせを致します。
是非、ご高覧ください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

第26回 名古屋造形大学卒展2019
◯場所:愛知県美術館 (愛知県美術館ギャラリーA室〜I室)
    (名古屋市東区東桜1-13-2(地下鉄東山線・名城線「栄」駅下車、東へ徒歩2分)
◯開催期間:2019.2/19(火)〜2/24(日)
◯開場時間:10:00〜18:00
 (※22日(金)は20:00まで、24日(日)は17:00まで
◯入場料:無料
公式Twitter公式HP
  (クリックすると各ページに飛びます)

☆オープニングセレモニー☆
日時:2/19(火)10:00〜
愛知県美術館ギャラリーロビー
(愛知県芸術文化センター8階)

※その他の情報については、

 運営公式TwitterやHPをご参照ください。

(投稿者:美術研究室/Twitter

【展示会のお知らせ】ケータイ絵文字のほっこりワールド NTT DOCOMOの初期の絵文字から(同時開催 ハコビ・コレクションの「文字と記号」)

こんにちは。美術研究室です。
美術・洋画コース/教授:平林薫先生が
出品なされています展示会のお知らせです。
開催中につき、是非、ご高覧ください。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ケータイ絵文字のほっこりワールド】
【NTT DOCOMOの初期の絵文字から】
(同時開催 ハコビ・コレクションの「文字と記号」)
◯場所:北海道函館美術館
◯展示期間:2018年12月1日(土)~2019年2月3日(日)
※月曜、2018年12月25日(火)、
 2018年12月29日(土)~2019年1月3日(木)、
 2019年1月15日(火)休み
 (ただし2018年12月24日、2019年1月14日は開催)
◯開場時間:9:30~17:00 最終入場16:30
入場料:観覧料 一般510円、高大生300円、
小中生無料。前売 一般410円、
高大生200円
※その他の情報はチラシ、美術館HPをご覧下さい

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

(投稿者:美術研究室/Twitter

歓送会のおしらせ。

こんにちは。美術研究室です。

本年度で大学を退職される、
美術教員の歓送会を大学内にて行います。
ささやかな会ではありますが、
在校生や卒業生の方のご参加をお待ちしております

以下、歓送会日程です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

洋画教員/山本先生・日本画教員/鈴木先生:歓送会

日時:1/17(木)16:30~
場所:大学内、学食1階

☆卒業生の方は、こちらの情報を
同期間などで共有していただけますと助かります。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

以上となります。
よろしくお願い致します。

 

投稿者:美術研究室(Twitter

【お知らせ】在学生が受賞をしました。

こんにちは。美術研究室です。

昭和シェル石油が行っている「シェル美術賞 2018」にて、
美術コース・洋画領域4年生:山ノ内陽介さんが
学生特別賞を受賞致しました。

詳細は、下記URLからご確認ください。
シェル美術賞2018 受賞者作品ページ
http://www.showa-shell.co.jp/enjoy/art/2018/winners.html

【展示会のお知らせ】ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代

こんにちは。美術研究室です。
美術・洋画コース/教授:平林薫先生が
出品なされます展示会のお知らせです。
是非、ご高覧ください。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代 】

<展示会場>
◯国立国際美術館
大阪府大阪市北区中之島4-2-55
TEL:06-6447-4680(代)

<開館時間>
◯10:00 ─ 17:00
※金曜・土曜は20:00まで
(入場は閉館の30分前まで)

<休館日>
◯月曜日
(ただし、12月24日及び
1月14日は開館し、翌日休館)
(年末年始(12月28日(金)―1月4日(金))

<観覧料>
一般900円(600円) 大学生500円(250円)
※( )内は20名以上の団体料金
※高校生以下・18歳未満無料(要証明)・
心身に障がいのある方とその付添者1名無料
(要証明)
※本料金で、同時開催の
「コレクション2」もご覧いただけます。
※夜間割引料金
(対象時間:金曜・土曜の17:00―20:00)
一般700円 大学生400円

    その他、詳しい情報は
    下記URLから公式HPでご確認ください。
    <HP>
    http://www.nmao.go.jp/exhibition/2018/1980.html


    ++++++++++++++++++++++++++++++++++++

    (投稿者:美術研究室)
    (Twitter:https://twitter.com/NZU_ART )

    【展示のお知らせ】3大学交流展

    こんにちは。美術研究室です。
    下記の内容にて展示が行われます。
    是非、ご高覧ください。

    【D×Pressions/Printmaking】
    ◯期間:2018.10.15(Mon)〜2018.10.26(Fri)/9:00〜18:00
    ※初日は15:00から ※最終日は17:00まで
    ※日曜日は休館
    アーティストトーク:10/18(Mon)15:00〜
    ◯場所:名古屋造形大学 D1・D2ギャラリー
    ◯展示作家
    愛知県立芸術大学:辻 香奈・小松 夏海
    名古屋芸術大学:浦山 輝子・小原若葉
    名古屋造形大学:大島 若葉・竹村 美帆・田中 佑奈

    お久しぶりです。

    こんにちは。美術研究室です。

    夏休みも終わり、後期の授業がスタートしております。
    なかなか情報発信が出来ずにやきもきとしておりましたが、
    研究室業務も少しずつ落ち着きを取り戻してきました。
    ペースは相変わらずのゆったりな感じではありますが、
    後期も少しずつと大学内の情報や風景を
    発信をしていけたらなと考えております。
    よろしくお願い致します。

     

    (投稿者:美術研究室)

    名古屋造形大学 前期修了展(美術) 搬入

    2018年7月5日のブログで紹介した「名古屋造形大学 前期修了展」が名古屋市民ギャラリー矢田で本日(7月24日)スタートした。この展覧会は、美術4年生の前期の集大成と言える展覧会で、7月24日(火)から7月29日(日)まで開催される。

    昨日(7月23日)は搬入が行われた。
    朝から各自の作品が学内の所定の場所に集められ、午前11時過ぎにトラックが到着。積み込み作業が始まった。

    炎天下の作業は非常にきつい。熱中症にならないよう気をつけながら作業を進める。

    今回は「名古屋市民ギャラリー矢田」の第2〜第5まで、4つの展示室に展示する。

    こちらは第2展示室。日本画の搬入・展示作業が行われている。

    卒展(卒業制作展)が年明け2月に行われるが、そのためのノウハウを身につけておくのも大事なこと。

    こちらは第3展示室。主に洋画の作品が展示されているが、中央には彫刻の作品も設置されている。

    壁への釘打ちの音が響く。

    展示位置の調整も大事だね!?

    こちらは第4展示室。なにやら大変そう!

    コンテンポラリーアートの展示室には留学生も加わり、映像、写真など多様な表現が観られる。

    こちらは第5展示室。彫刻の作品設置が行われている。段ボールを精密にカットした作品が組み上げられてゆく。

    それを静かに見守る先生。

    このようにして、展示作業は無事終了した。

    名古屋造形大学 美術4年生の力作が揃った展覧会、是非、ご覧を!

    会期:2018年 7月24日(火)〜 7月29日(日)
    時間:10:00 〜 18:00(最終日は 17:00 まで)
    場所:名古屋市民ギャラリー矢田
       〒 461 – 0047
       名古屋市東区大幸南1丁目1−10 カルポート東

    お問い合わせ:名古屋造形大学 0568 – 79 – 1111(美術研究室)
    大学HP:http://www.nzu.ac.jp

    (小林)

    名古屋造形大学 前期修了展

    2018年7月24日(火)から7月29日(日)まで、名古屋市民ギャラリー矢田で名古屋造形大学美術の4年生の「前期修了展」が開催される。

    コンテンポラリーアート・コース4年生が作ってくれた案内状。何となくレトロ感あってイイね!

    今日は搬入・搬出、それから、会期中の会場当番等について打ち合わせが行われた。

     

    この会場は何度も使っているので、このような縮小模型がある。

     

    これがどんな作品なのか、実物が楽しみだ!

     

    美術のそれぞれの分野の4年生にとって、今年度末の卒展を占う大事な展覧会。力作が揃うのではないかと楽しみにしている。

    (小林)