グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOPICS

ホーム >  TOPICS >  NZUオンラインギャラリー >  2020卒展 桃美会賞&学長選抜展

2020卒展 桃美会賞&学長選抜展



第27回 名古屋造形大学卒展
第16回 大学院 造形研究科 修了展

日本画/洋画/彫刻/コンテンポラリーアート/マンガ/アニメーション‣グラフィックデザイン/イラストレーションデザイン/デジタルメディアデザイン/建築・インテリアデザイン/プロダクトデザイン/ジュエリーデザイン

■2020年2月18日(火)~24日(月)
■10時~18時 ※21日(金)は20時まで、最終日は24日(月)は17時まで
■愛知県美術館 ギャラリー A室~I室(愛知芸術文化センター 8階)
■入場無料


卒展2020テーマ 『ライブ』
会場にいる一人一人の思いが集まって作られる音楽ライブからヒントを得てテーマを決定しました。


日本画

幽邃

<桃美会賞受賞作品>

作者名:黄 永輝

日本画

古文を絵に描き込む


九頭竜川水系の支流で、福井県嶺北(丹南地域)を流れる日野川にて取材した風景。
歩きながらモチーフを探ってその川の清冽な水、川の中に見える石々、岩山に絡み合う緑の木の根、青い木、自然のエネルギーを受感じている私が突然に『小石潭記』の一部が思い出した。

『潭中魚可百許頭,皆若空遊無所依。日光下澈,影布石上, 然不動;俶爾遠逝,往來翕忽。似與遊者相樂。

潭西南而望,斗折蛇行,明滅可見。其岸勢犬牙差互,不可知其源。坐潭上,四面竹樹環合,寂寥無人,淒神寒骨,悄愴幽邃。以其境過清,不
可久居,乃記之而去。』

潭の中には魚が百匹ばかり、まるで空に浮かんでいるようにあてもなく身をまかせている。日の光が差し込んで石の上に魚の影を写す。じっ
として動かなかったり、急に向こうに行ったりする。せわしなく往き来して、この淵に遊ぶ者と一緒に楽しんでいるかのようである。潭の西
南から眺めると、折れ曲がり蛇行しており、見え隠れして岸の形は犬の牙のように不揃いで、流れの源はわからない。

潭のほとりに坐ると、四方は竹や樹木がとりまいてひっそりとして人影もない。心が震え、骨身にしみるほどのさびしく奥深い所で、その清
らかさに、長く留まっていることができない。それでこの文章を記して帰る。

その場の雰囲気と小石潭記にて『折れ曲がり蛇行しており、見え隠れして岸の形は犬の牙のように不揃いで、流れの源はわからない。』と書
かれている内容が似てるから、絵に描き込みたいと思った。

三岐鉄道

<学長選抜作品>

作者名:中澤 鋭

日本画

人工物と懐かしさ


電車や電線のような人工的なものに存在する連続するパターンに美を感じ、田舎を走るレトロな電車をモチーフにし、誰もが感じる未経験な出来事に対する不思議な懐かしさを表現しようと思いました。

洋画

Untitled/Untitled( window)

<学長選抜作品>

作者名:杉谷 遊人

絵画

リアリティの正体


絵画を窓ガラスのようなものとして考える。
それは開かれた別次元を透過しながらも、時に反射しこちら側を映し出すことで両者の「間」を作り出す。
リアリティとは触れることのできない別次元と、目の前に事実として現れるものの「間」にある。
描くことによってリアリティへの接近を試みる。

彫刻

robot heros

<学長選抜&桃美会賞受賞作品>

作者名:森正 響一

立体作品

ロボットアニメのイメージ


子供の頃からの憧れであった、ロボットアニメの持つ新しい文化と、歴史が長く永遠に形を残すことのできる陶器、二つの全く違う性質のものを合わせたときに起こる違和感が面白いと思い制作しました。
一度作ったロボットの表面を釉薬で覆うことで細部の形状をぼかし、イメージの曖昧さを表現しました。

コンテンポラリーアート

18:00

<学長選抜作品>

作者名:加藤 結衣

映像

止まっているようで進んでいる時間


キレイな存在は汚くなることでよりキレイなものになる。
「14歳の女の子」という存在が好きで私にとって特別なもの。
自分自身がその特別なものになり画面の中に閉じ込めた作品をつくっています。

マンガ

秋田薬品研究所

<桃美会賞受賞作品>

作者名:知念 美礼

マンガ

三つの作品、三つの患部に合わせて処方


商業掲載されたものから全ボツ食らって個人で描いたものまで様々な経緯で制作した作品を一冊ずつ本にしました。
自分の思い出や理想や現実などそれぞれ織り交ぜ試行錯誤を繰り返し薬品を作るようにして生まれたものです。
いっぱい読みたくないけどたまにちょっとずつ読もうかなってなるようなもの三選。

SHADOW

<桃美会賞受賞作品>

作者名:冨田 久瑠実

イラストレーション

「黒」を基調とした男性イラスト


シンプルなデザインに、「黒」を基調としたイラストレーション。デジタルで様々な男性、そして現代ファッションを主に描いています。
描く服の種類によって違う質感になるように気をつけました。
対して、コミックイラストの面を残すため、顔のタッチを平坦になるように心がけています。
小物を描くことが好きで、思い出や好きなもの嫌いなもの、自分に寄り添ったものをモチーフに選んでいます。

ESORAGOTO.

<学長選抜作品>

作者名:前田 修作

作品集/イラストパネル

作品集『ESORAGOTO.』イラストパネル5枚


・『 想像 』をテーマに制作した
「 ESORAGOTO. 」という漫画ベースのイラストと、大学に入りこれまで描いてきたイラスト(抜粋)、学生イラストレーターとして頂いた
お仕事のイラスト数点。主に、この3つで構成された作品集。

・「 ESORAGOTO. 」から抜粋した5点のイラストパネル

アニメーション

Ani-method!

<桃美会賞受賞作品>

作者名:月野木 玖瑠実

映像、イラストレーション

アニメーション制作の工程、キャンパスライフの紹介。


アニメーション制作の工程やキャンパスライフをよくある商業アニメのオープニング風に模して、制作しました。
アニメを仲間と作ることの楽しさ、辛さを乗り越えた達成感をぜひ知ってもらいたいと思っています。
主人公の女の子はアニメーションの撮影という仕事に憧れ、大学のクラブにてアニメ制作活動をします。
そのために作画、彩色、制作進行、背景といった役割を担当する仲間をあつめアニメーション制作をする物語です。

グラフィックデザイン

YOU ARE STILL BEAUTIFUL

<学長選抜作品>

作者名:佐野 那奈

広告

歳を重ねてもあなたはまだ美しい。


You are still beautifulというテーマのもと、歳を重ねていくとなくなってしまう自信を取り戻すことを目標にした。
ポスターを見て歳だからと諦めていたメイクやファッションでオシャレをすることの楽しさを思い出して欲しい。

ちょい三重 陣取りかるた

<桃美会賞受賞作品>

作者名:澤山 慶次

グッズ

三重県をPRする「かるた」の制作


多くの魅力を持つ三重県を、掛詞を用いた「かるた」で紹介する。
かるたは29組、三重県の市町と同じ数製作した。
従来のかるたとは異なり、読み札と取り札を繋げることではじめて1つの絵が完成する。
自分の取得したかるたの絵をつなげ三重県の白地図に並べていくことで、自分が取得した陣地がしっかりとわかるようになる。
「かるた」と「陣取りゲーム」を融合させた新しいゲームとなっている。

愛は制限されない

<桃美会賞受賞作品>

作者名:田中 絵梨

パッケージ、広告

LGBTをより深く浸透させる為のCD制作


LGBTという言葉は認知されつつあるものの、未だ偏見によるいじめや差別など、カミングアウトのハードルは高い。
そこで、LGBTに該当するアーティストの曲をセクシュアリティ別(L、G、B、T別)にまとめた4枚のアルバムを制作し、言葉だけ
でなくLGBTとはどういう人々なのか、正しい理解に繋げる。

グラフィックデザインの豊かさについて

<学長選抜作品>

作者名:望月 亜美

ポスター

広告造形からデザインの可能性を探る


グラフィックデザインにおいて情報伝達は造形によって成されます。
造形が生み出す人と情報間におけるコミュニケーションには、情報の伝達にはおさまりきらない何かが確かに存在しており、私はそこ
にグラフィックデザインの豊かさを感じています。
この制作では私が生活の中で豊かに感じた事物をモチーフとし、美しい造形で視覚化しました。
また、造形を構成するというデザインを行う上で重要な行為を見直し再構築すると共に、デザインの可能性を探ります。

イラストレーションデザイン

うつ病だった私

<学長選抜&桃美会賞受賞作品>

作者名:塩谷 真代

絵本、イラストレーション

私のうつ病体験を絵本にしました。


私は2017年の秋にうつ病を経験しました。
大学を休学し、1年と数ヶ月という長い時間をかけて回復しました。正直、自分がうつ病になるなんて思いもしませんでした。
しかし、うつ病は現代病とも言われ、誰でもなる可能性のある病気です。
うつ病になり始めた時はどのような状態だったか、うつ病になってからはどのように過ごしたか、どうやって回復したか、うつ病の
心理を多くの人に理解してほしいという想いで私のうつ病体験を絵本にしました。
うつ病に苦しんでいる人や親しい人がうつ病になってしまった人たちにこの絵本を読んでもらい、少しでも治すきっかけになってくれ
ると嬉しいです。

STARFISH

<学長選抜作品>

作者名:矢野 一喜

立体造形

オリジナルイラストレーションを使った立体作品


これまでチョコレートの包み紙や化粧品の箱を使い立体作品を作ってきました。
今回はオリジナルの模様を使って立体作品を作ろうと思い、鉛筆によるイラストレーションを描き、よりオリジナリティを深めていこ
うと制作しました。
魚の鉛筆画を拡大コピーして、魚の模様を目立たせ、新しいものを作る。
「小さく作ったものを大きくするとどんなものが生まれるのか」
これからの挑戦の第一歩です。

鏤骨の弔花

<桃美会賞受賞作品>

作者名:猪狩 紗耶

イラストレーションデザイン

日常の中に息づく12の『死生学』アンソロジー


大学で学んできたことの集大成としてのイラストレーションと、常日頃から自身の創作テーマとして掲げることの多い『生と死』につ
いての表現を目指した作品です。
今作品では『日常の中の死生学』と『アンソロジー(花詩集)』を軸にアイデアを広げていきました。
毎日更新されていく世界の中で忘れがちな『死』と『生』について、ふとした時に思い出せるような、そんな作品になっていれば
いいなと思います。

人が死ぬこと

<学長選抜作品>

作者名:渡部 貴子

絵本

「人の死」についての絵本


私は小学3年生の冬に祖母の死を通して人の死を知りました。
その時の出来事・考えていたことを元に絵本を制作しました。
この絵本を読むことが、親子や友達と死について話し合うきっかけになってくれたら嬉しいです。

デジタルメディアデザイン

卒展サイト

<桃美会賞受賞作品>

作者名:新井 嵯彩

WEB

名古屋造形大学卒展のWEBサイト


名古屋造形大学卒展のWEBサイトを学生が制作するということが今まであまりなかったと聞いていたため、卒展のWEBサイトを制作す
ることにしました。
ゼミで学んだ技術を生かしていかにわかりやすくデザインよく作ることができるのか、また今までの卒展サイトではなかったコンテン
ツも入れたサイトを制作しました。

OTOSAME VR

<桃美会賞受賞作品>

作者名:板垣 元也

VR体験・ゲーム・3DCG

VR空間で傘を使って遊べるゲーム。


小さな頃に傘を振り回したりくるくる回したりした思い出から発想を得て、ファンタジックなVR空間と傘を合わせたゲームコンテンツ
を作りたいと思い、制作しました。
初めてのVRゲーム開発で苦労も多々ありましたが、没入できる世界を意識してつくったので、ぜひ遊んでみてください。

twippo - マイナスツイート自動削除ツール

<桃美会賞受賞作品>

作者名:伏屋 楓

Web

マイナスなツイートのみを自動削除するTwitterサービス。


愚痴・悪口などのマイナスなツイートのみを自動的に削除してくれるtwitter連携サービスです。
過去のネガティブな発言が目に入って嫌な気持ちを思い出してしまうこと、余分なツイートが溜まって本当に残しておきたいツイート
が埋もれてしまうことなどの問題を同時に解決するために、自動でツイートの内容を判断して削除してくれるツールがあれば便利なの
ではないかと考えて制作しました。

建築・インテリアデザイン

<学長選抜&桃美会賞受賞作品>

作者名:倉田 紗恵子

建築

外国人労働者のための居場所


静岡県浜松市という場所で、外国人労働者を主に集約した集合住宅を設計しました。
日本のように少子高齢化の国において、彼等は救いの手だてとなると考えられています。
その一方で、異国の地で働く人々の行く手を阻んでいる『見えない壁』というものが存在します。
地域の人とコミュニケーションが取れなかったり、学校に通うことが難しくなったり、偏見の目で見られたり…そのような課題を顕在化し、解決へと導くプランを提案します。

人と人がつながる〜仮設住宅〜

<学長選抜&桃美会賞受賞作品>

作者名:中島 里穂

インテリア

小さな町を作る


災害が起きた時に家を失った人たちが必要とする仮設住宅。
もし自分の住んでいる地域で災害が起きた時どんな仮設住宅が必要か考えました。
小さな町を1から作る、地域社会圏を作る。そしてインテリア的なデザインで考えた仮設住宅になっています。

6本組木の簡易空間

<学長選抜作品>

作者名:野口 結風

建築

日本の伝統的な技術を用いた持ち運べる建築


組木細工とは四角い木辺を止め金具を使わずに組み立てたり、解体することのできる立体パズルです。
この技術は日本の社寺建築にも使われており、私はこの制作で組木をもっとたくさんの人に簡単に感じることのできるものを提案します。
この空間は組木で出来ているので解体することができ、また15㎜の細い角材を使用しているのでばらして持ち運びやすくなっています。
六本組木もたくさんの組み方があり、その中でも誰でも組みやすい単純なものを選びました。
組木は専門技術や職人の技で出来ていて誰でも作れるものではありませんが、それを難しいものと捉えるのではなくもっと親しみやす
く、素敵なものだというのをこの空間を通して感じて欲しいです。

プロダクトデザイン

ルミエール・ガルディアン

<学長選抜作品>

作者名:中島 知哉

衣類

命を守るためのバイク用外部プロテクター


バイク事故による死亡要因として頭部、胸部、腹部の損傷によるものが多いです。しかし、そのうちの胸部、腹部を守るためのプロテ
クター装着率は平成26年以降の調査では7%台と、低下しています。
プロテクターを装着しない理由としては「装着が面倒」という理由の割合が最も高いです。
そこで胸部、腹部、脊椎に重点を置いた命を守る装着しやすいプロテクターを提案しました。
機能としては生地にはメッシュ素材で通気性を持たせ、プロテクト部分には衝撃吸収素材を使用することで防御力を高めています。
アクティブセーフティ機能としてテールライトやウィンカー機能などを取り入れました。

Vertical laundry

<桃美会賞受賞作品>

作者名:彦坂 知希

プロダクト

洗濯×洗面=Future LIFE STYLE


時代とともに私たちの住居は進化している。
テレビは薄くなり食器洗い機はキッチンと一体化した。
洗濯機もまた、消費者の求めに応じた性能に近づきつつある。
洗濯空間のシステム化に注目し洗濯機と洗面台をひとつにした場合のシステムランドリー化への可能性を探る。

ジュエリーデザイン

Ava

<桃美会賞受賞作品>

作者名:塚本 萌菜

ジュエリー

鳥をモチーフとしたジュエリー


ネックレスのモチーフとなったケツァールは、「世界一美しい鳥」と呼ばれています。
グアテマラの国鳥であり、自由を奪われると死ぬという伝説から、自由の象徴とされています。
また、見つけることが困難なことから、「見ると幸せになる」といわれ、昔から崇拝の対象とされてきました。
リングのモチーフとなったセキセイインコ、羽衣セキセイインコは小型のインコで、ペットとして人気がある種類です。
製作した4つのリングはそれぞれ、今まで私がお迎えしてきたインコ達の外見や性格をもとにデザインしました。
個性あふれる彼らを、このリングと共に見守って行けたら良いと思います。