グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員紹介

ホーム >  教員紹介 >  映像文学領域 >  原 游

原 游


原 游

HARA Yu 

職位:准教授
担当領域:映像文学領域

ページ内目次


プロフィール

1976年 東京都生まれ。
画布、木枠、色層などの絵画のコードをテーマにした絵画を制作。
絵画の可能性を探求し、幾つかのシリーズを展開。

主な個展
2011年 「Flying classroom」奈義町美術館(岡山)
2013年 「Yu Hara -SAN-SUI-」Cutlog (パリ、フランス)
2016年  ICHIHARA ART WINDOW 原游「山水 SAN-SUI 」市原湖畔美術館(千葉)
2017年 「原游 2007>>2017」NODACONTEMPORARY(愛知)
2020年  ZOU-NO-HANA GALLERY SERIES vol.1 「原游展」 象の鼻テラス(神奈川)

グループ展
2017年 「ぞうけい!たのしい!ミラくるっワンダー」アートラボはしもと(東京)
2018年 「アブラカダブラ絵画展」市原湖畔美術館(千葉)
2019年 「情の深みと浅さ」ヤマザキマザック美術館(愛知)
2019年 「子どものための建築と空間展」パナソニック汐留ミュージアム(東京)
2020年 「絵画のミカタ」群馬県立近代美術館(群馬)

また、原倫太郎+原游として、
2012、2015年 「大地の芸術祭 越後妻有トリエンナーレ」(新潟)
2017年 「北アルプス国際芸術祭」(長野)
2019年 「瀬戸内国際芸術祭」女木島/香川、「水あそび博覧会」越後妻有里山現代美術館(新潟)

2008年 「第11回文化庁メディア芸術祭」(エンターテインメント部門奨励賞)を絵本「匂いをかがれるかぐや姫」で受賞。

作品紹介

作品画像1

「クマL」/「CREATIVE RAILWAY プラットフォームギャラリー展覧会の絵」

作品画像2

「アーケード卓球」原倫太郎+原游/瀬戸内国際芸術祭2019