グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員紹介

ホーム >  教員紹介 >  美術表現領域 >  髙橋 綾子

髙橋 綾子


高橋 綾子

Ayako Takahashi 

職位:教授
担当領域:美術表現領域

プロフィール

岐阜市生まれ、北海道大学文学部行動科学科卒業。愛知芸術文化センター(愛知県文化情報センター)学芸員を経て2001年より大学教員となる。2003年に創刊(2002年創刊準備号発行)した芸術批評誌『REAR(リア)』の編集制作を中心に、美術評論と編集活動を継続。現代美術展の企画や運営にも取り組む他、戦後前衛美術への関心から、1965年夏に岐阜で開催された「アンデパンダン・アート・フェスティバル」(通称:長良川アンパン)の調査をライフワークとし、アートプロジェクトと地域についての調査研究を行っている。

主な展覧会企画

  • 「日だまりのホームシック」(文化フォーラム春日井、2000年)
  • 「あとは若いおふたりで」(文化フォーラム春日井、2002年)
  • 「日常に遍在するアート」(名古屋市民ギャラリー矢田、2003年)
  • 「人間をつくってください」(名古屋市民ギャラリー矢田、2004年)
  • 「人工夢」(名古屋市民ギャラリー矢田、2005年)
  • 「next station」(名古屋市民ギャラリー矢田、2006年)
  • 国際陶磁器フェスティバル美濃 aim‘08「土から生える」(岐阜県東濃地区、2008年)
  • あいちトリエンナーレ共催企画「往還~地熱の荒野から」(七ツ寺共同スタジオ、2010年)
  • 愛岐トンネルアートプロジェクト2013「荒野ノヒカリ」(愛岐トンネル、2013年)
  • 名古屋市民芸術祭 2018主催事業・企画美術展「揚輝荘天街展」(揚輝荘、2018年)

主な企画編集

  • 『REAR(リア)』(リア制作室、2002年〜)
  • 『立体めがね』(ドミック、2002年)
  • 『人間をつくってください』(人間社、2004年)
  • 『土から生える』(美術出版社、2008年)
  • 『地熱の荒野しんぶん』1〜7号(トトち舎、2010年)
  • 『アイチアートクロニクル』(愛知県美術館、2019年)

芸術批評誌『REAR(リア)』

「揚輝荘天街展」ポスター デザイン:田端昌良(ゲラーデ舎)

「揚輝荘天街展」会場風景 撮影:怡土鉄夫