グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



卒業生紹介

ホーム >  卒業生紹介 >  デザイナー  >  イラストレーター H.N.乳母さん

イラストレーター H.N.乳母さん


Profile

乳母さんイラスト

乳母さん

名古屋造形大学マンガコース卒業後、株式会社 コロプラに入社。
2Dデザイナー・イラストレーターとして活躍。

『軍勢RPG 蒼の三国志』『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』『PaniPani-パラレルニクスパンドラナイト-』の制作に携わる。

株式会社 コロプラ

どんなお仕事をしているんですか?

主にキャラクターのカード絵と、ゲーム中で使う表情差分の制作を担当しておりますが、絵のレタッチや、ゲーム以外で使用するイラストを描くこともあります。

制作に関わった作品について教えてください。

『軍勢RPG 蒼の三国志』、『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』、『PaniPani-パラレルニクスパンドラナイト-』や、新規のプロジェクトなどにも携わりました。

魔法使いと黒猫のウィズ

©2013-2018 COLOPL, Inc.

ゲーム業界でデザイナーになるために、必要な技術や知識はありますか?

デッサンはできたほうが良いと思います。私は社会人になるまでほぼやってこなかったので、今になって苦労しています…。あと、仕事の大半を占めるデジタルでの制作に、学生のうちから慣れておくことですかね。既に学校でもデジタル制作がメインだと思うので、色んなツールを覚え、効率よく手が早く動かせるようにすると良いのではと思います。「早くて上手」はやっぱり強いなぁと思うことが多いです。

今のお仕事をしてみてどうですか?

周りに絵の上手い方がたくさんいるので、勉強になります。なかなか上手くいかず、悩むことも多いですが、会社で学んだことを趣味で絵を描く時に使ってみるのが楽しいです。

絵が上手くなるために必要なことはなんだと思いますか?

私だけではなく会社の先輩もしていることですが、流行の絵を追って研究したり、上手い人の絵をたくさん見たりすることが、大事だと思います。あとは、とにかくたくさん描くしかないと思います。

お仕事をしていて楽しいことや、やりがいを感じるところはどこですか?

自分が描いたキャラが、ゲーム内ではもちろん、違う媒体でも世に出ていくのは嬉しいなと思いました。例えば、グッズになったりとか雑誌に掲載されたり。たまに、ユーザーさまからうれしいお便りなどをいただく時も、ありがたいなぁと思います。特に大規模なタイトルは、自分が描いたキャラに対してユーザーさまからのリアクションも多くあるので、やりがいを感じます。

逆に、大変なことも教えてください。

たくさんありますが、基礎的な部分でつまずくのが一番辛いですね。まだまだ基礎的な知識や技術が身につけきれていないと自分でも分かっているのですが、簡単に上達するものでもないので、大変さを実感しています。また、これは学生時代と変わらないのですが、常に納期に追われた時間勝負の中で良いものを作るのは、大変だと思うこともあります。

乳母さんのアートワーク

大学で学んだことで、お仕事で役立っていることがあれば教えてください。

線画の入り抜きや描き方は、アナログとデジタルで共通点があります。ありがたいことに、職場の方から「乳母さんの描く線が好き」と言っていただけるので、学んだことが役立っていると思います。

もし学生に戻れるとしたらやりたいことはありますか?

私が在学しているときにはなかったのですが「コミックイラストレーションゼミ」というものができ、イラストを制作するための機材が充実しているようなので、そういった機材を存分に使ってみたいですね。技術面では、基礎的な部分をもっと勉強しておくべきだったと、本当に思います。

ゲーム業界(その中でもデザイナー)を目指す学生にメッセージをお願いします。

正直なところ、立派な志や目標などがあってこの道を目指したわけではないので大きなことは言えないのですが、イラストを描く場が「学校」から「仕事」になると、これまで以上に描いたものに「理由」を求められます。そこらへんはきちんと考えて描いたほうが良いのだろうと思います。学生時代は比較的時間が自由に使えると思うので、良いものをたくさん見て、たくさん描いてほしいと思います。私も、引き続きたくさん見て、たくさん描いていきたいと思います。