グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



卒業生紹介

ホーム >  卒業生紹介 >  デザイナー  >  ファッションデザイナー 中塚宗史さん

ファッションデザイナー 中塚宗史さん


Profile

中塚宗史さん

中塚宗史さん

2018年2月現在、(株)crutchにて、絡繰魂とgalfyなどアパレルブランドのデザイン・絵柄を中心に担当。

galfy
個人制作 Instagram

卒業して、どんな仕事をしているんですか?

アパレルの製造メーカーで、自社の商品を小売店とかに卸しているところで、製品のデザイン企画だけでなく、営業も。トータルに関わっていますね。

デザイン企画ではどんなことをするんですか?

元々、墨で描いたりとか、筆で描いたりとか、そういう絵を描くのが好きなんですけど、今やってる企画の仕事では、大半がオリジナルの和柄を新しく考え出すことですね。デザインを考えるだけじゃなく、その柄をどういう場所に配置するか、色や素材はどうするか、服の形はどうすべきか、Tシャツ、スカジャン、何に最終的にしたいのか、とかも担当してます。

大学時代の経験で、今の仕事の活かされているな、と思うことはありますか?

根本的な考え方や、基本的なやり方とか、ものづくりをするための流れ全般が問題なく行える点ですかね。
例えば…まずはコンセプトとか考えて、マーケティングをやって、対象の層を考えながらデザインを生み出していく…っていうような順序です。

デザインを生み出すときは、どのように考えるんですか?

まず平面上で考えます。使うものとしては、手描きも軽くするんですけど、Adobeのillustratorとphotoshopをメインに扱ってます。大学でもポートフォリオとか作る時に、ある程度は触っていたんですけど、会社に入ってから本格的にソフトの使い方を学んでいきました。
完成したら物になるんですけど、平面的なグラフィック作業をやってからですね。

大学の頃、もう少しやりたかったなって思うことはありますか?

もっと色んな職種の人と関わっておきたかったと思います。働きながらでも、ある程度頑張れば勉強はできるけど、人の付き合いとかはその時その時で、タイミングが合わないと掴めないんで、最初有名じゃない人もいつか成功するかもしれないし、まさかの方向で良い関係が築けるかもしれない。先生たちとも仲良しで、そういう関係性では不満はないんですけど、学外でも、色んな人達と仲良くなりたかったですね。

どうやって就職したんですか?

趣味でインスタグラムとかに和柄のデザインを載せたり、和柄のアパレルショップでバイトをしていたり、ホントにそういう系統が好きで…良く行くショップがあったんです。そこの店長さんに声かけて、就職の話しを頂けて、今に繋がった感じです。基礎はしっかりやっておけば、人脈とか人とコミュニケーションが取れるなら、就職は案外どうにかなると思うんですよね、僕は。

最後に、高校生に伝えたいことはありますか?

コース関係なく、やりたいこと、目標を定めてほしいです。それで、追いつきたいと思う自分より上の人達を見つけて、追い越したいと思って頑張るべき。
僕も目標はずっとあったんです。インスタとか小さいことから、少しずつ好きなことを広めていく人になりたいって考えてて。いずれブランドを持ちたいなって。
会社の中でなんですけど、2018年度中には僕の関わるブランドが出せると思います。