グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



卒業生紹介

ホーム >  卒業生紹介 >  デザイナー  >  イラストレーター 池田優さん

イラストレーター 池田優さん


画像説明文

卒業制作について教えてください

お店の内装からメニューまで考えて、キャラクターカフェのトータルデザインを展示しました。以前、キャラクターカフェに行った時に、この全てのコンセプトや空間からして素敵だなと思ったのがキッカケですね。

キャラクターはどう決めたのですか?

3年生の授業でキャラクターをつくる課題が出たのですが、そこで私が考えた『つぎはぎぬいず』というキャラクター達がいて、彼らのカフェを作りました。”つぎはぎ”という言葉から分かるように、ボロボロになった状態で捨てられてしまったぬいぐるみを、服屋の店長さんが拾い、縫い合わせて綺麗にしたら動き出したっていう設定なんです。各キャラクターの名前も考えてあって、本当に愛着が湧いている子たちですね(笑)

コースの授業について教えて下さい。

イラストレーションだけではなく、写真やロゴ、パッケージデザイン、立体制作など幅広い角度からデザインという分野を学べます。
もちろん、作りっぱなしではなくて、講評もありますよ。プレゼンテーション形式の場合は、技術を向上させるだけではなくプロとしてやっていくために必要な”話す力”を身につけることができ、ディベート形式の場合は、意識していなかった点をみんなに言ってもらえるので、たくさんの発見があり、どちらもとても勉強になりました。

大変だった授業はありますか?

1年生のデジタルデザインソフトの使い方を学ぶ授業が、ほんとに難しくて苦労しました。授業が終わった後も…正直、ちんぷんかんぷんで(笑)でも、2年生になったら基本的に全てデジタルソフトを使ってデザインを学んでいくので、その前にちゃんと覚えないといけないなと、家に帰ってからも勉強するようになりました。そうしてちょっとずつでも出来るようになると、楽しくなってきましたね。

楽しかった授業は何ですか?

先程も少しお話したキャラクターをつくる授業です。出来上がった後に周りのみんなから「可愛い!!」って言ってもらえたのが本当に嬉しかったな。元々キャラクターを生み出すのが好きで、提出物の端っこにクマの絵を描いてみたり、ちょっとしたところに落書きしてみたり、そういうこと好きなので(笑)楽しい授業でした。

授業以外での思い出やエピソードを教えて下さい。

高校の頃に通っていた造形教室で、小さい子どもたちと一緒に物をつくることをしていたんですね。そんなことを大学に入ってからも続けていきたいなと思っていて、芸祭での展示やグッズ販売をしたり、人物クロッキーをしたり、みんなで色んなことに挑戦しました。
最近ですと、友達がアルバイトをしているお店のガラス窓にデザインソフトで作った絵を貼って装飾させていただき、その後、大学内の学食リニューアルプロジェクトで、ガラスだけでなくメニュー表や黒板などにも同じようにイラストレーションで飾りつけるプロジェクトに携わらせていただきました。私自身、本当に人に喜んでもらえることや自分の絵を使ってデザインをすることが好きなので、すごく充実した大学生活でした。

デザインするときに大切にしていることは何ですか?

見てくれる人や使用する人がどう思ってくれるかな?と、周りの人の反応を想像しながら作っています。やっぱり使う人がいてこそ成り立つ分野なので、そこは考えちゃいますね。

デザイナーとして働いてみてどうでしたか?

楽しいなと思って頑張っていたことが、いざ仕事にすると楽しいだけじゃない。最初はそのギャップに苦労しました。これはデザインに携わる誰もが抱える悩みだと思いますが、自分の好きなように制作をするのが仕事ではなくて、依頼主であるクライアントの考えに寄り沿って作らないといけないんですよね。「目立てばいい」「わかればいい」っていうだけでデザイン性を求めない依頼もあります。個人的には、情報を得るだけのものよりも、ちょっと取っとこうかなって思うようなものの方が価値があると思うんですけど…難しいところですね。
それと、思っている以上に地味な作業も多い。急に楽しい事をやれるなんて事はなくて、私の場合それを地道にやっていった先に楽しさを見いだせた感じですね。
でもこの地味な作業が後々役立つことがすごく多いような気もします。

デザイナーとして意識することはありますか?

案を提案するときは、必ず何案か提案しています。
1つ目は今まで通りの変化のないもの、2つ目は劇的な変化はないけど少し変えたもの、3つ目はクライアントの提案に沿いつつも私なりに今っぽくした部分を盛り込んだもの。沢山案を作るのは大変ですけど、そうやって色んな案を提案するように心掛けていました。たまにですけど、3つ目が選ばれるとすごく嬉しかったです(笑)

どのような人がイラストレーションデザインコースに向いていますか?

イラストも好きだけど、デザインも好きな人…ですかね。コースの名前にもデザインが入っているぐらいなので、描くことが好きなだけじゃなくて、それを含めたデザインを学びたい人が良いと思います。デザインを積極的に学んだ方が、出来ることの幅が広がって、個性も出て面白くなるんじゃないかな。