グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



卒業生紹介

ホーム >  卒業生紹介 >  クリエイター  >  アニメーター 大谷彩絵さん

アニメーター 大谷彩絵さん


作品画像

なぜ美大に、そして名古屋造形大学に進学したのですか?

高校がそもそも普通科と芸術科がある高校で、芸術科の中の美術コースに通っていました。なので高校時代すでに美術について学んでいて、デッサンとかやってましたね。
大学進学を決めた後は、名古屋造形大学にアニメーションコースっていうアニメーターになるためのコースがあったのでいいなって思ってえらびました。オープンキャンパスも名古屋造形大学以外参加していません。

実際に入ってみてどうでしたか?

一番最初はとにかく基礎で、デッサンを描いたり、風景を描いたり、クレイアニメのグループ制作をしたりしました。2年生からアニメの作画の授業が入ってきましたね。

在学時代、もう少しこれをやっておけばよかった!と思うことはありますか?

もっと時間を有効的につかえばよかったなって思ってますね。やりたいことについては学外で個人(同人)活動をしていて、それでほとんど解消できちゃいました。あとは1年生のころは「もっとグループ制作しよう!」って思っていたんですけど、結局流れちゃって…。私達の代は人数が少なかったので人数が多かったらもっとグループ制作もしたかったですね。

作品画像

アニメーションを作ってみてどうですか?

3年生の時、アニメーターを目指すのをやめて、ゲーム業界に進もうかなって考えていました。ちょうどゼミの選択の時期で、作画ゼミ、CGゼミとあって、私はCGゼミに入ったんです。そこでイラストとか一枚絵描いたりしたんですけど、あんまり楽しくなくて。結局3年生の修了展ではアニメーション作品を作るって決めました。修了展にむけてアニメーションを描いているうちに、やっぱり絵動いたほうが描いてて楽しいな!って思いました。やっぱりアニメーター目指そうって思ってゼミも作画ゼミに変えました。

一枚絵よりもアニメーションの方が楽しいのはなぜですか?

なんでだろう?(笑)もちろん一枚絵にも魅力はあると思います。でも一枚絵って、上手くてなんぼだと思うんですよ。動くアニメは下手くそだからどうこうってわけじゃなくて、動くだけで人が注目してくれます。絵画などの一枚絵は作者の伝えたいこととか考えが、一枚の静止画で見ることができて、それはそれで魅力的だと思いますが、絵が動くのを見るとワクワクしますね。
ワクワクするものってずっと見ていられませんか?見ている人からしても、これすごいな!って思ってもらえるのが、アニメの魅力であり楽しさなんじゃないかな。

作品画像

作品画像

卒業制作について教えて下さい

悪者が現れてそこに女の子が3人登場して、その女の子たちが魔法少女に変身して、はたして敵が倒せるのか!?…っていうアニメを展示する予定です。卒業制作は自分が描いてて「楽しい!」っていうものを作りたいなと思ったのでこの内容にしました。勢いやテンポのいい作品にしたいです。
時間がないからしょうがない部分はあると思うんですけど、なるべく止まってるシーンは無くして、とにかく動いているようにしたいですね。

卒業後はどうされるのですか?

トリガーというアニメーション制作会社に就職が決まりました。「ここに行きたい!」と思って就職活動をしました。

作品画像

絵が上手くなるには?

自分の描いた絵に満足しないほうがいいですね。あとはとにかく描くしかない。描かないのに上手くなりたいって言っちゃダメ。口を動かすより手を動かす。自分の好きなことをしながら絵をたくさん描いていたら、段々と上手くなると思います。

目標はありますか?

とりあえずTwitterのフォロワーを1万人にすることですね!Twitterに投稿して反応が返ってくるのは楽しいし、最近はそういったSNSから仕事がくるような時代になっているので。将来的にはフリーになりたいと思っています。自分の仕事が回ってくるようになれたらいいな。

アニメーターを目指す後輩や高校生にメッセージを!

もしアニメーターを目指したいなら、貯金は絶対しとけ!(笑)あと、生半可な気持ちなら…やらない方がいいですね。夢に挑戦してみたい人が目指す世界だと思います。2Dアニメーターの場合は絵に自信がある人じゃないと難しいかもしれません。
私は今でもまだ不安があるけど、就職することがゴールじゃないので、自分自身まだまだ模索しています。絵で食っていけるか試していく!って感じです。