デッサン型

対象コース

 

デッサン型について

鉛筆デッサン 静物(卓上モチーフ)
問 題:与えられたモチーフを、自由に構成し描写しなさい。
時 間:3 時間
用 紙:画用紙(四ツ切)
持参具:鉛筆、消し具(ねり消し含む)、削り具、紙やすり、はかり具(はかり棒、デスケル等)、定規(50cm 以下)、布、擦筆

 

参考作品

2017年度 推薦入学試験

モチーフ

❶コーヒーサーバー / 1 個
❷食パン / 1 枚
❸ストライプ布 / 1 枚

条件

❶与えられたモチーフは全て描写すること。
❷食パンはつぶす、ちぎるなど変形を加えないこと。
❸モチーフは自由に配置してよいが、机の上で配置し描写すること。

 

講評文

コーヒーサーバー、食パン、布の質感の違いがよく表現されています。特にコーヒーサーバーの形がしっかり捉えられていて、透明感も適度に表現されています。そして布のストライプによって作り出す空間と、コーヒーサーバーの空間は矛盾することなくひとつの空間を描いています。またコーヒーサーバーに立てかけられた食パンで効果的な空間表現を行っています。このような魅力をつくるモチーフの配置方法も参考にできると思います。

 

2017年度 推薦入学試験(学外会場)

モチーフ

❶植木鉢 / 1 個
❷ミニボトル(グリーン) / 1 個
❸ハンドタオル(ホワイト) / 1 枚
❹にんじん / 1 個

条件

❶与えられたモチーフは全て描写すること。
❷モチーフは加工をせず、そのまま描写すること。ただし、ハンドタオルは折り曲げたり、丸めたりしても良い。
❸ミニボトルのキャップの向きは自由とする。また、ミニボトルのキャップは、飛び出た状態で描写すること。
❹モチーフは自由に配置してよいが、机の上で配置し描写すること。

 

講評文

三角構図の素直な収まり方に、たくさんの経験が感じられます。特にタオルの扱いなど柔らかさを表現する工夫が良いですね。幾何形態の捉え方、透明感のあるミニボトルなど、精度のあるキレのいい仕上がりで、基礎的な描き方を十分に経験してきています。3 時間という短時間の素描として、大事なことをしっかり押さえ見せ場を作っています。

 

2017年度 一般入学試験(前期)

モチーフ

❶フランスパン(半分にちぎったもの) / 1 個
❷ワイングラス / 1 個
❸オレンジ / 1 個
❹タオル(ワッフル・白) / 1 枚
❺紙袋(赤) …………………………1 枚

条件

❶与えられたモチーフは全て描写すること。
❷モチーフは加工をせず、そのまま描写すること。
❸紙袋は寝かしても良いが、折る・ちぎるなどの変形を加えないこと。
❹紙袋のなかに、他のモチーフを入れないこと。
❺モチーフは自由に配置してよいが、机の上で配置し描写すること。

 

講評文

グラスなどの定形品では正確な形状の再現、タオルや紙袋などの形が自由になる素材を含めた空間の構成、それぞれのモチーフによる色差や質感の描き分け…デッサンに求められる基本的なスキルがバランス良く高いレベルにあります。フランスパンのパリッとした質感やワッフル柄の布の柔らかさの丁寧な表現は秀逸で、物が置かれている綺麗な空間が表現されています。画面全体を充分に活かした空間構成も心地良いですが、ガラスコップの右側の輪郭と紙袋の折り目は少しずらした方が距離感を出すことができたのではないでしょうか。

 

2017年度 一般入学試験(後期)

モチーフ

❶かご / 1 個
❷袋入り珈琲(赤) / 1 袋
❸ペットボトル飲料 / 1 本
❹タオル(青) / 1 枚

条件

❶与えられたモチーフは全て描写すること。
❷モチーフは加工をせず、そのまま描写すること。
❸袋入り珈琲は、開封するなどの変形を加えないこと。
❹ペットボトル飲料のキャップはとらないこと。
❺ペットボトルに変形があった場合でもそのまま描くこと。
❻モチーフは自由に配置してよいが、机の上で配置し描写すること。

 

講評文

オーソドックスな構成に形態の狂いも少なく、かつ丁寧に描写されており非常に安定したデッサンです。特にモチーフの素材感や固有色の描き分けもできており、作者の観察力の高さが表れています。光の方向性などは若干弱いですが、ペットボトルや袋入り珈琲などの表面に反射のある難易度の高い素材も的確に表現されています。奇をてらわず基本に忠実に取り組んでいる姿勢に好感が持てます。

 

入試一覧