グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院

ホーム >  学部・大学院 >  映像文学領域 >  吉川隆之スタジオ

吉川隆之スタジオ


スタジオ教員:吉川 隆之
映像表現領域

"ものがたり"をテーマとするあらゆるデジタル表現を対象とし、3DCGのスペシャリストを養成し、制作研究します。

近年、ゲームや実写映画は言うまでもなく、アニメーションの世界でもCGが担う役割が増してきています。本スタジオではAutodesk mayaを基本ツールとしながら、様々なツールに触れることで、業界のニーズに併せたスキルを習得し、モデリング、セットアップ、モーション、エフェクトといった多様化するCG業界で活躍するための人材を育成していきます。
スタジオ教員の吉川は、ゲーム業界とアニメーション業界で3DCGモデラー、ジェネラリストとして20年のキャリアを有しています。その経験を原資に学生が学びたいと思うあらゆるジャンルをサポートします。

また、個人制作とともに、グループ制作を行うミッションを課します。社会人として業務を行う際は、常に多くの人々と関わり、互いの意見を尊重しながら一つの制作物を完成させるコミュニケーションスキルが必要とされる為です。スタジオという組織の中で自分自身の居場所を見つけ技能を発揮して認められる、その成功体験が今後の社会に出た際、必ず皆さん自身を支える柱の一つとなる筈です。

「自分がつくったもので皆を楽しませたい」「"ものがたり"を通じて皆を感動させたい」「ゲーム会社でデザイナーとしてキャリアをスタートさせたい」そういった意志を持つ学生が対象のスタジオです。現時点での3DCGの力量より、常に向上心をもって取り組む姿勢を重要視します。


キーワード

  • 3DCG
  • ゲーム
  • アニメーション

授業内容

2年生後期 2年前期までに共通カリキュラムとして学んだ3DCGの知識と技術をベースに、本格的な3DCGの制作に取り組んでいきます。キャラクターや背景をモデリングし、2Dの世界観を3Dに再構築していきます。
また、フォトリアルな質感やアニメ調のセルの質感など、3DCGの様々な表現の可能性に触れていきます。
3年生前期 本格的な3DCGの制作に取り組んでいきます。ゲームやアニメでの使用を想定した等身の高いオリジナルキャラクターをデザインし、3Dでモデリングを行います。その後、骨つけやリグのセットアップまで、キャラモデラーが行う一連の実務的な作業を経験し、君だけのオリジナルキャラクターに命を吹き込みます。
3年生後期 就職活動やポートフォリオへの作品掲載を前提とし、自己の進むべき道を明確にするための個人研究を行います。併せて、高度化、細分化した業界必須技術を習得し、作品制作に活かしていきます。
4年生 これまで学び、研究した内容をもとに最後の集大成となる卒業制作を行います。

学生作品紹介

将来目指す職業

  • 3DCGモデラ―
  • モーションデザイナー
  • VFXアーティスト

スタジオを目指す学生の皆さんへ

3DCGは敷居の高さがあり、習得が難しいとされる技術ですが、高度な技能であるからこそ大学で時間をかけて学ぶ意義や優位性があります。また、3DCG業界は常に最先端の需要と共にあり、常に優秀な人材を必要としています。皆さんが活躍できるステージは多岐にわたります。是非、期待と勇気をもってそのスタートラインに立ってください。