グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院

ホーム >  学部・大学院 >  映像文学領域 >  NZUマンガ大賞

NZUマンガ大賞


毎年マンガコース主催で「NZU名古屋造形大学マンガ大賞」を行っています。最終審査には長崎尚志先生を始め、複数の現役編集者をお招きして審査を行うなど、マンガ業界にリンクした企画を行っています。こちらのページでは「NZUマンガ大賞」にて賞を受賞した作品の紹介を行っており、実際に作品を閲覧することができます。
※ 中には紹介のみの作品もあります

第7回名古屋造形大学マンガ大賞結果(学年は審査時のもの)

  • 大賞: 「バイリンガール」千澤口翔平(1年)
  • 学長賞:「スキナイロ」ウエヤマヒロ(1年)
  • 特別入選:「深世子の国」水溜あいまい子(2年)・「花涼火再来」隼人(4年)
  • 入選:「青をどうする?」シイザクヤ(1年)・「青春ビギナー」熊野愛美(3年)・「隔靴掻痒日和」岩井トーキ(4年)・「Placebo」田村瑠惟(4年)
  • 佳作:「アンドロイドフレンド」平岩安純(4年)・「むしのしらせ」西山拓朗(4年)
  • 努力賞:「Maria」井口宥(3年)

受賞作品を電子ブックで読む

バイリンガール

スキナイロ

深世子の国

花涼火再来

青をどうする?

青春ビギナー

隔靴搔痒日和

Placebo

アンドロイドフレンド

むしのしらせ

Maria

最終選考を浦沢直樹先生、長崎尚志先生、常盤陽先生を始め外部からの特別審査員として今回講談社「BE LOVE」編集部から富澤様、小学館「ビックコミック」編集部から勝木様に審査していただきました。


最終選考を本学客員教授の浦沢直樹先生、長崎尚志先生、非常勤講師の常盤陽先生の他、ゲスト審査員として集英社「りぼん」副編集長勅使川原崇様、小学館第一コミック局「チーズ!」編集部藤本由依様に審査していただきました。


最終審査は、本学客員教授浦沢直樹先生、同じく客員教授長崎尚志先生、マンガコースの非常勤講師でフリー編集者である常盤陽先生の他、集英社「YOU」編集部、小学館「ビッコミックスピリッツ」編集部から現役編集者の方々に審査をしていただきました。


最終選考に参加していただいたのは、小学館第一コミック局「Sho-Comi編集部」編集長萩原様、講談社「月刊アフタヌーン」編集長宍倉様、同じく講談社「週刊少年マガジン」編集部副編集長鈴木様、浦沢直樹先生(書類審査での御参加)、長崎尚志先生、常盤先生、の皆様に審査をしていただきました。