1. HOME
  2. 領域・大学院
  3. 映像文学領域

映像文学領域

 

映像文学領域 とは

ものがたりをつくる。そしてそれを見る。
見て感じる、見て考える、共感する、その方法とプロセスを学びます。

Key Word

□アニメーション・CG
□映像
□マンガ
□コミックイラスト
□グラフィックデザイン

カリキュラム

1年生 前期

必修

・思考力ワークショップ
・PC基礎
・写真基礎

選択必修

・スケッチ
・クロッキー基礎
・動画基礎
・立体造形
・アイデアのトレーニング

1年生 後期

映像文学領域では1年生後期より「アニメーション・CG・映像」「マンガ」「グラフィック」の3つの分野に分かれて授業を進めていきます。

アニメーション・CG・映像

<1年生後期>
・デジタルアニメ基礎
・3DCG基礎
・デジタルイラスト基礎
・映像基礎

<2年生前期>
・デジタルアニメ応用
・3DCG応用
・デジタルイラスト応用
・映像応用

マンガ

<1年生後期>
・ストーリー理論
・デジタル作画基礎
・キャラクターデザイン

<2年生前期>
・ネーム基礎
・デジタル作画応用
・ストーリー解析

グラフィックデザイン

<1年生後期>
・グラフィックデザイン基礎
・ページのデザイン
・パッケージのデザイン

<2年生前期>
・写真(スタジオ撮影)
・広告デザイン(基礎・応用)

2年生 後期

2年生後期からはスタジオ制になります。映像文学領域にあるスタジオから1つ選択します。

辻スタジオ

アニメーションやCGについて学べるスタジオ。
■アニメーション
■3DCG
■キャラクター

吉川スタジオ

CGやそれに関わるアニメーション・ゲームについて学べるスタジオ。
■アニメーション
■3DCG
■ゲーム

津田スタジオ

映像を中心にそれに関わるプロモーションやデザインが学べるスタジオ。
■映像デザイン
■プロモーション
■企画

ストーリーを中心にマンガ・演出について学べるスタジオ。
■ストーリー
■演出
■作画

加藤スタジオ

キャラクターを中心にマンガ・作画について学べるスタジオ。
■キャラクター
■作画
■ストーリー

三輪スタジオ

アナログからデジタルまでのコミックイラスト表現について学べるスタジオ。
■キャラクター
■挿絵
■イラスト

東仲スタジオ

グラフィックデザインについて学べるスタジオ。
■書籍
■パッケージ
■ブランディング

村田スタジオ

グラフィックデザインについて学べるスタジオ。
■広告
■ポスター
■イラスト