グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院

ホーム >  学部・大学院 >  映像文学領域

映像文学領域


Visual Literature


映像文学領域とは

映像文学領域

ものがたりをつくる。そしてそれを見る。
見て感じる、見て考える、共感する、その方法とプロセスを学びます。
すぐれた文学作品の情景描写は、その情景の中にいる登場人物の内面をも描写します。読者はその情景を想像し(頭の中で映像化し)、登場人物の心の動きを想像することができます。一方でマンガという表現形式はその情景を映像として描写します。すぐれたマンガ作品においては、活字による説明がなくても、読者はその登場人物の心の動きを推し量ることができます。それはアニメーション、グラフィックデザインなどの表現形式にも強い影響を与えたと思います。その作品性の中心は、読者と登場人物に仮託された作家との会話です。こうした画像作品の作品性は、二十世紀の日本で文学作品としての一つの高みに達したと思います。その総体を映像文学という新たな研究領域として立ち上げます。

学べる分野

・マンガ
・コミックイラストレーション
・アニメーション
・CG
・映像
・グラフィックデザイン
・広告

カリキュラム

1年前期

必修

デッサン・クロッキー

彩色基礎

キャラクター基礎

コラージュ

写真

タイポグラフィ

ブックデザイン

映像基礎

アニメーション基礎

3DCG基礎


1年後期

選択必修

それぞれの中から1つ選択

・フォトショップ基礎/写真応用
・背景作画/ストーリー理論
・イラストレーション
・アニメ表現技法

・パッケージ基礎/ポスター基礎
・着彩描画・展示
・アニメーター基礎
・映像表現技法

・イラストレーター基礎/マーク・ロゴ
・デジタルイラスト基礎
・3DCG基礎
・動画撮影実習

・デジタルサイネージ/モーショングラフィックス
・クリップスタジオ技法
・現代美術表現
・映像編集・加工


2年前期

分野別必修

希望分野の授業を1つ選択

マンガ

コミックイラスト

アート

グラフィックデザイン

映像

アニメーション

CG

選択演習

様々な授業を自由に選択

2年後期〜4年

2年後期からはスタジオ制になります。映像文学領域にあるスタジオから1つ選択します。

【マンガ】石川 俊樹スタジオ

教員プロフィール

ストーリーを中心にマンガ・演出について学べるスタジオ。
  • キャラクター
  • ストーリー
  • 構成力

【コミックイラスト】三輪 布巳子スタジオ

教員プロフィール

コミックイラスト表現について学べるスタジオ。
  • イラストレーション
  • 挿絵
  • キャラクターデザイン

【イラストレーション】原 游スタジオ

教員プロフィール

イラストレーションについて学べるスタジオ。
  • イラストレーション
  • ワークショップ
  • 現代美術

【グラフィックデザイン】村田 直哉スタジオ

教員プロフィール

グラフィックデザインについて学べるスタジオ。
  • ポスター
  • ビジュアルコミュニケーション
  • 広告

【グラフィックデザイン】東仲 雅明スタジオ

教員プロフィール

グラフィックデザインについて学べるスタジオ。
  • ブックデザイン
  • パッケージデザイン
  • ブランディングデザイン

【映像】津田 純人スタジオ

教員プロフィール

映像を中心にデザインが学べるスタジオ。
  • 映像デザイン
  • モーショングラフィックス
  • アニメーション

【3DCG】吉川 隆之スタジオ

教員プロフィール

3DCGを中心に多様な表現を学べるスタジオ。
  • 3DCG
  • ゲーム
  • アニメーション

将来の職業

  • マンガ家
  • イラストレーター
  • アーティスト
  • グラフィックデザイナー
  • Webデザイナー
  • アートディレクター
  • 映像クリエイター
  • CMプランナー
  • アニメーター
  • キャラクターデザイナー
  • CGクリエイター
  • ゲームデザイナー

授業紹介

3DCG基礎

3DCG キャラクター造形演習

作者コメント
2年生の時、課題として作ったキャラクターモデリング作品です。“猫みたいに自由気ままで強気な女の子”をテーマに、デフォルメ寄りですがリアリティのあるキャラクターを目指しました。
具体的なこだわりを挙げると、顔はデフォルメしているのに対し、ヘッドフォンやホットパンツなどは現実にあるものを参考にして形や質感をリアルっぽくなるように工夫している点です。さらに、個性を出すために髪型を長くボリュームのあるツインテールにしてみたり、"猫みたいに"がテーマでしたので、ヘッドフォンやTシャツを猫を連想させるデザインにしたり、猫の目にしてみたり、「自由なのに飼い猫?」と思わせるような首輪をつけてみたり、など細かな要素を入れて遊んでいます。
デザインはシンプルですが、色々な想像ができそうな情報量の多い作品になったと思います。

講評文
全体的な完成度を保ちながら、細部にも配慮する姿勢に好感が持てます。課題の枠を超え、自身での試行錯誤の跡が見られる作品です。黒をベースにしたスポーティな服装や、上目遣いで相手を見る表情などから、キャラの性格を感じることが出来ます。推し確定!
吉川隆之先生

先輩メッセージ

田中 紫野さん[ 2年 ]
金城学院高校(愛知) 出身

グラフィックデザインを学びたくて入学しました。写真撮影やデジタルソフトを使ったデザイン・画像の編集など、思っていた以上にたくさんのことを学べて、自分とは違う視点で先生からアドバイスを貰えて面白いです。ポストカードの課題では、テーマに沿っていれば、写真でも、絵具や鉛筆を使ったアナログ制作でも、デジタルソフトを使用しての制作でもOKだったので、自由に制作でき楽しかったです。名古屋造形大学は先生も含めて自由な感じがしますね。

和仁原 羅衣さん[ 2年 ]
松阪工業高校(三重) 出身

小学生のころ、おじいちゃんの買ってきた手塚治虫さんの『ブラックジャック』を読んで、自分もこんな面白い作品が描きたいと思い、小中高とマンガを描き続けてきました。様々な学校のオープンキャンパスに行きましたが、名古屋造形大学は最も雰囲気が良くてアットホームな感じがしたので、ここに決めました。先生方はとても優しくて、第一声に褒めてくれて、それからアドバイスをくれるので授業を受けやすいと感じています。

Pick up

NHKよるドラ「彼女が成仏できない理由」

2020年9月-10月に全国放送されたドラマ「彼女が成仏できない理由」にマンガ分野の教員と在卒生が協力しました。このドラマは漫画家を目指す留学生の物語で、さまざまなシーンでマンガ原稿やイラストが登場します。本学映像文学領域の石川 俊樹准教授が、マンガに関するさまざまな知識や俳優指導などを監修。卒業生の植山 紘さん、大西 皓貴さん、そして在学生が主人公やヒロインのマンガ作品、小道具用の画を担当しました。

卒業生 野原 多央先生 「水曜日のシネマ」

水曜日のシネマ画像

小さい頃からマンガ家になりたいと思っていたのですが、デビューが決まったときは夢がかなったというより、ここからだなって思いました。マンガ家は、夢ではなくて”就職したかった仕事”。マンガ家って、具材をどんなふうに調理して提供するかっていう料理人のような職業。同じ野菜や肉でも、調理方法や味付けを変えれば、カレー、肉じゃが、中華、フレンチ…何にでも変えることができる。私の中の具材を、読者の方が食べたいと思う料理で提供していくのが、マンガ家なんじゃないかな?

『水曜日のシネマ』は、日常系というか普通の恋愛マンガでもあるので、次回どうなるかは作者でもわかりません(笑)キャラクターは生き物なので、その世界の中でどんどん成長していく。ガチガチに考えすぎてないほうが、キャラクターの成長にあった話が描けますし、何より、このスタイルの方が私は楽しく描けています。

マンガ分野ブログ

マンガ分野ブログでは、学生・卒業生のマンガ賞受賞の情報を掲載しておりますので、ぜひブログもご覧ください!

掲載・デビュー

マンガ分野の卒業生・在学生のデビューや掲載情報をご紹介します。
 

漫画受賞賞歴

毎年マンガ分野の学生・卒業生は様々なジャンルの漫画賞を受賞しています。

NZUマンガ大賞

過去に開催した「NZU名古屋造形大学マンガ大賞」についてご紹介いたします。

学生作品紹介

卒業制作 「龍の娘」 マンガ
三品 佑梨亜

卒業制作 「メモリーズクエスト」 アニメーション
夏目 真里那

卒業制作 「あたまのサカナちゃん」 モーションコミック
中井 萌

卒業制作 「逢魔が刻」 コミックイラストレーション
来島 弘華

卒業制作 「関のおまつりPRポスター」 ポスターデザイン
加藤 さよ

3年次課題 CG
田中 俊希/武山 栞汰

グループ制作
主人公性別選択可能 ビジュアルノベルゲーム「七色パレット」


3年次課題 オリジナルブックカバー

2年次課題 マンガ背景制作

1年次課題 キャラクターモデリング

卒業制作「オリジナルエンブレム作成サービス」
金子 千夏

2年次課題 アニメーショングループ制作

卒業制作「干物バーガーのブランディング」
大石 龍之介

卒業制作「バレンタインでい」
高木 愛