グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院

ホーム >  学部・大学院 >  情報表現領域 >  外山貴彦スタジオ

外山貴彦スタジオ


スタジオ教員:外山 貴彦
情報表現領域

メディアデザイン、メディアアートを中心とした作品制作や研究を行うスタジオです。
それらを実現していくために必要な技術を身につけ、アートの文脈では表現として、デザインの文脈では社会への提案として、具体的な作品や研究課題、プロジェクト課題を社会に発信します。学生には提案やアイデアを実現するためのディレクション力、具体的にアイデアを形にする実装力、問題解決のための応用力と柔軟性、そして今までにない表現や方法を導き出す開発力を求めます。
プロジェクトとして、プロジェクションマッピングの実装やインタラクティブコンテンツの実装、エンターテイメントとしての演出などに携わる機会を設けており、それらを共に研究開発することで、実際に社会へ向けて発信していきましょう。
社会と関わるということは、必ず”人と作品”との接点があり、その接点のデザイン、つまりインターフェースのデザインが重要となります。ですので、総合的に作品に落とし込み創り出すための、映像制作の技術、カメラ撮影、CGなどを駆使したビジュアル表現の技術、プログラミングの技術、表現をまとめるデザイン技術、表情を豊かにする音を操る技術、多種多様な機材を使いこなす技術など、多彩な技術が必要となり、スタジオに所属する研究者や学生はそれらを積極的に学ぶことで、メンバー同士でチームを組み、それぞれの得意な技術を集合知とし、新たな表現を社会に提案していくことを目標とします。


キーワード

  • メディアアート
  • エンターテイメントデザイン
  • 映像デザイン

授業内容

2年生後期 プロジェクトを含む、様々なコンテンツ開発や実装を行うために必要な基本的なスキルを身につける時期。例えばそれらのコンテンツがどのように作られているか?などの基本的な構造を知る講義や、それらを実装する為に必要な技術は何かを知り、その中から自分にとって重要と思う技術を見つけだし、学ぶ。また3年や4年が開発・実装しているコンテンツのアシスタントとして現場での作業や、部品制作などを行い、制作手順の概略を掴む。
展示技術をはじめ、作品を発表する、あるいは他者に見てもらう、作品を体験してもらう、という事がどういう事か?など、作品制作に取り組むにあたって必要な考え方を学ぶ。
3年生前期 基本的にはスタジオで行なっているいくつかのプロジェクトに参加し、それらを実現するための開発を行う。またプロジェクトだけではなく、個人作品や表現、あるいは個人的に興味ある研究課題がある場合は、ヒアリングした上でそれらの制作と実現に向けて研究開発を行う。
3年生後期 基本的にはスタジオで行なっているいくつかのプロジェクトに参加し、それらを実現するための開発を行う。またプロジェクトだけではなく、個人作品や表現、あるいは個人的に興味ある研究課題がある場合は、ヒアリングした上でそれらの制作と実現に向けて研究開発を行う。
4年生 これまで学び、研究した内容をもとに、最後の集大成となる卒業制作を行います。

学生作品紹介

1. プロジェクションマッピングの実装

複数のゼミ(スタジオ)メンバーにより明治村などで発表しているプロジェクションマッピングの制作を行なっている。スマートフォンなどの連携など新たな付加価値を技術と実装力で解決し、現場にて実装・上映を行なっている。

2. インタラクティブコンテンツの開発

人の動きに反応して映像が変化するインタラクティブコンテンツや映像に囲まれた大きな空間で体感する体験型の複合エンターテイメントなどが、アート表現やイベントなどに広がりつつある昨今において、それらの実装や実験、また作品としての発表を「スイッチ」というグループ名で行なっている。

プロジェクト・産学官連携

1.プロジェクションマッピングプロジェクト

明治村をはじめ、プロジェクションマッピングの技術を使った実装を行なっている。
夏の明治村イベント「宵街映写」、冬の明治村イベント「きらめき明治村」、名古屋青年会議所依頼「SDGs啓蒙のためのプロジェクションマッピング」など

2.スイッチによるインタラクティブコンテンツ開発

現在、小牧市と協定を結び「小牧市こども未来館(仮称)」へ導入するインタラクティブコンテンツの開発を進めている。このコンテンツ開発は20年度を初年度とし、25年度までコンテンツの開発や実装を行う予定。

将来目指す職業

  • エンターテイメントデザイン
  • 映像、映画、ビジュアル表現を主体とする職業
  • メディアアーティスト