グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院

ホーム >  学部・大学院 >  地域社会圏領域 >  TOPICS >  建築系愛知15大学合同企画展

建築系愛知15大学合同企画展


建築系愛知15大学合同企画展〜次世代に引き継ぐ魅力ある都市〜とは、愛知県内で建築に関する教育・研究を行なっている大学の学生たちが、作品を展示する企画展です。昨年度、本学 地域社会圏領域の勝浦凪斗さんが優秀賞を受賞しました!

日時:2019年12月17日(火)~1月12日(日)

受賞作品について/勝浦凪斗 コメント

今日、小学校の在り方は多様化しつつあり、地域に対して開放的な学校が日本でも増えてきています。しかし、学校に特に関わりのない地域住民はまだまだ足を踏み入れにくいのが現状です。地域住民の普段の生活に寄り添うような小学校が必要だと感じ、計画敷地周辺の街並みの変化から、住宅と学校を景観的につなげたり、交流が自然と生まれるような工夫を施し、小学校を設計していきました。