グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院

ホーム >  学部・大学院 >  地域社会圏領域

地域社会圏領域


Community Area Design

地域社会圏領域とは

地域社会をデザインする、地域社会って何だろう、
どうしたら美しい地域社会ができるのだろう、それを考えます。
「建築」「インテリア」分野という考え方は、建築空間をあまりにも狭い研究領域に閉じ込めてしまっていると思います。建築空間とは「それ自身であると同時に周辺地域社会との関係」です。建築と周辺環境・地域社会との関係を強く意識した研究活動を目指したいと考えます。それは同時に一つの領域性を持った地域社会(地域社会圏)の構築を目指すことだと思います。都市環境のためのサイン・デザイン(グラフィック・デザイン)、あるいは地域社会に固有の交通機関(プロダクト・デザイン)のような新たなデザイン活動が創造されることを目指します。

目指す職業

  • 建築家
  • 設計者
  • まちづくりデザイナー

カリキュラム

1年

空間基礎

スケッチ
立体制作
実寸空間モデル
CAD基礎
椅子のデザインと制作
小空間
プレゼンテーションスキル

作品画像

作品画像

プレゼンテーションの様子


2年

必修

周辺地域とのつながりを学びます。
住宅(木造・コンクリート)
美術館

選択演習

建築に関わる3Dのスキルが学べます。
CAD応用
ビルディング インフォメーション モデリング(BIM)

2年後期から
2年生後期からはスタジオ制になります。(1級建築士の受験資格が得られます。)

山本理顕スタジオ

建築設計 都市 地域社会圏

西倉潔スタジオ

建築設計 都市 地域社会圏

スタジオの学び ■地域コミュニティセンターの設計
■小学校の設計
■集合住宅の設計 など

■プレ卒制

■卒業制作

将来の職業
  • 建築家
  • 設計者
  • まちづくりデザイナー

先輩メッセージ

野口 結風さん

野口 結風さん 4年
愛知県立西春高校 出身

父が宮大工で社寺建設について学びたいと思ったのですが、理系があまり得意ではなかったので文系で建設について学べる大学を探していました。オープンキャンパスで西倉教授とお話ししたときに「ここではデザインができるよ!」と言われて、名古屋造形大学に決めました。最初は模型作りが苦手だったのですが、他の人の作り方を参考にしているうちに、当初より遥かに良くなった時は成長を感じて嬉しいですね。

谷口 舜くん

谷口 舜くん
三重県・三重高校 出身

受験勉強の時に空間設計に興味を持ち、勉強しているうちに自分にはそういった分野が向いているのかもしれないと思い、地域社会圏領域に決めました。建築の分野は、自分が考えた根本や、理想を現実の形に出来たときは嬉しいですし、楽しいです。コンセプトや方針を決めるのが大変だったのですが、実物大で実際に使えるものを作る機会はあまりないのでいい経験だったなと思います。

Pick up

パース・模型・3DCG 考えを形にする手段を学ぶ

現在。建築業界ではBIM化が進んでいる。そんなBIMに挑戦してみたいと思い、この授業を選択した。
今回制作したのは、2年次後期の「美術館課題」。制作にあたり、名古屋駅周辺の調査を行ったところ、名古屋駅エリアでは高層ビルが立ち並び、コンクリートとガラスでできていると感じたので、このエリアに、もう一つ違う材質が加わったら面白くなるのではと考え、設計した。また、ただ美術館を建てるだけではなく、木材を使った椅子などの制作ワークショップなどを行い、美術館周辺だけに木材という質感が増えるのは、高層ビルとのバランスが悪くなり景観が崩れてしまうのではないかという心配がでてきた。そこで周りの建物と合わせるために、周辺の建築物からヒントを得て、なめらかな曲線を使い、周りとの境目を感じにくく、馴染むようなデザインを意識した。
この授業を通して、3Dを使うことで自分のイメージをより正確に相手に伝えることを学ぶことができた。

3年 勝浦 凪人/「人と木と都市の美術館」

手描きパース

模型写真

BIM(3DCG)

Works

仙田 瑞希

川瀬 結衣

伊藤 大悟

2年次課題 美術館
倉田 紗恵子

3年次課題 集合住宅
浅見 花織

東本願寺旧総会所建物の模型製作プロジェクト
西倉スタジオ13名

卒業制作「仮想ストラクチャー放浪記」
野々村 慧

卒業制作「町に染み出す市役所 美濃加茂市役所再生計画」
山田 せいら