グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院

ホーム >  学部・大学院 >  美術表現領域 >  濱田樹里スタジオ

濱田樹里スタジオ


スタジオ教員:濱田 樹里
美術表現領域

日本画、アートイラスト、細密画、ペン画、鉛筆画など、顔料彩色を生かした制作と描法の指導、研究を行うスタジオです。
四季の移ろいから生まれ自然を愛でる花鳥風月を感じ、その風土と歴史の中で千年以上も受け継がれてきた絵画様式である日本画を中心に学び、日本文化における平面表現の歴史と伝統技術の奥深さを研究します。また、古典模写や絹本、屏風制作などの技術習得も目指します。
さらに、世界的な評価を受けているマンガやアニメーションキャラクターの要素を取り入れたアートイラストの分野では、アナログは勿論のこと、自身のデジタル作品を絵画として表現する研究も可能です。水彩やペン画、鉛筆画などの描画技法を取り入れた作品制作に表現の幅を拡げ、描法の基礎から応用表現を学び、彩色技術を高めつつ自身の持つ個性を生かした作品制作を行いましょう。
支持体の研究では、画用紙から始まり和紙や絹、キャンパス布などの平面作品を制作するものから、木など立体作品を制作し彩色する為の技法指導も行います。立体や平面のさまざまなものに自分のイメージする彩色の世界を描くための表現研究をします。
基礎的なデッサン力を養い、多様な彩色技法を身につけて、自由さと独自の個性を生かした作品制作が出来る様、日本画の伝統技法から始まり幅広い絵画表現技術を自ら研究することを目指します。


キーワード

  • 日本画
  • アートイラスト/デジタル絵画
  • 水彩画/アクリル画
  • 模写古典技法
  • 立体/映像表現

授業内容

2年生後期 日本画の古典模写を学び、運筆や顔料彩色について深く学びます。
屏風制作を行い、和紙の貼りこみ作りを学びます。屏風の構図について研究します。
学外の展覧会への出品や企画に参加し作品を発表する事を学びます。展覧会へ展示するための準備やコンペに出品するための対策など丁寧に指導します。
アートイラストの分野では、顔料彩色の他、水性画材の基礎技法を学び表現の幅を拡げます。
3年生前期 人物課題を制作し基礎的な研究から大型作品を制作する応用課題になります。
その他 全国規模のコンペへの出品にチャレンジし、学外の展覧会への出品や企画に参加し
作品を発表する事を学びます。また各展覧会での役割を担うなど展覧会の成り立ちを学びます。
アートイラストの分野では、基底材料の研究と水性画材の応用技法を学び表現の幅を拡げます。自身のアートの世界を絵画作品として制作します。
3年生後期 風景課題を制作し基礎的な研究から大型作品を制作する応用課題になります。
大作の制作研究が主になり、技術と発想を生かした作品を制作する為、自身のテーマをまとめます。板絵の作品制作を学びます。天井板や箱などの木材や立体への彩色技法を研究します。
アートイラストの分野では 個々の制作のテーマを設定し大型作品を含め完成度の高い作品制作を目指します。
4年生 これまで学び、研究した内容をもとに最後の集大成となる卒業制作に取り組みます。

学生作品紹介

「花月」戸髙綾乃

「彩り 〜花影〜」甲斐みもり

「走光」甲斐みもり

「自然界の夢」野村彩乃

「伊藤若冲 老松鸚鵡図(部分)」紙本模写 橋倉さくら

「河鍋暁斎 蛙を捕える猫」紙本模写 鈴木葉留香

プロジェクト・産学官連携

和の伝統プロジェクト

仏教美術保存修復等、芸術文化財からその歴史と技術を学ぶ

美術とつながるプロジェクト

日本画ワークショップ、絵画ワークショップ等
名古屋造形・メナード美術館・小牧市連携他
美術館や小中高等学校にて日本画・絵画ワークショップ等

将来目指す職業

  • アーティスト
  • 作家
  • 画家
  • 美術に関わる教育者
  • イラストやデザインに関わる仕事