学生インタビュー

 

小林 海聖さん (愛知県立幸田高校出身)

 

2017年卒業(卒業生)

就職先:コミックス・ウエーブ・フィルム
(「君の名は。」など新海誠監督の作品を制作)

職種:背景作成

就職するために役に立ったことは、どんなことですか?

1・2年生のころは短時間でたくさん描く練習のためにコースのみんなと人物のクロッキー会をやってました。キャラクターと背景を別々で考える人もいますが、個人的にはあまりそうは思ってません。キャラクターを練習していたら背景のどこかが上手くなると思うし、背景が上手くなればキャラクターのどこかが上手くなると思うので、アニメーター志望の友達と同じことをやっていました。卒業後は、高校生のときから憧れている新海誠監督の会社に入ることが決まり、夢を見ている気分です。

 
 
 

大岩 弘尚さん (愛知県立一宮北高校出身)

 

2017年卒業(卒業生)

就職先:A1Pictures
(Sony系列の有名なアニメスタジオ)

職種:アニメーター

就職に成功できた決め手は何だと思いますか?

正直に言うと、絵については、内定先のテイストに合ったものはポートフォリオに入れてないんです。でも、自分が持って行った絵に、何か可能性を感じてもらえたんじゃないかなって思っています。名古屋造形大学は小規模で、クラスメイトどうしでも、先生と学生でも、個人個人を見てもらえるっていうのが良かったと思います。僕は普通科出身ですけれど、美術科の高校出身とか、画塾で専門的に学んだ先輩やクラスメイトがいて、明確に競うライバルが出来たことがやる気につながりました。あと、毎年、4年生の卒業制作のお手伝いをするのですが、そこでも力をつけることができます。それらすべてをぶつけることが出来たので、アニメーターになるという夢が実現できたのかなと思っています。

 
 
 

大谷 彩絵さん (静岡県立浜松江之島高校出身)

 

アニメーション・CGコース 4年生

アニメーションの魅力を教えて!

絵画やイラストなどの一枚絵は作者の伝えたいことや考えが一枚の静止画で見ることができるのが魅力ですが、アニメーションは『動く』っていうのが魅力ですね。絵が動くのをみるとワクワクしますよね。ワクワクするものって、ずっーと見ていられませんか?見ている人に、「これ、すごい!」って思ってもらいたいです。今後は、ホラー映画を制作して、見てくれた人を驚かせられる作品に仕上げたいです!

 
 
 

松尾 勇輝さん (東邦高校出身)

 

アニメーション・CGコース 3年生

アニメーション・CGコースで学んでみて、どうですか?

名古屋造形大学にはアニメーション業界で活躍している先生がたくさんいたので、ここに進学しようと決めました。プロの人たちってすごいなって日々実感しています。自分が描いたものを先生に添削してもらうと、自分が描いた動きがいかに不自然だったのかっていうのが浮き彫りになるんですよ。「ちょっとタメをのばしたら?」とか「ここ1枚足したら?」とか言われて、最初は半信半疑だったんですけど、言われた通りにやってみたらすごい動くようになってびっくりしました。

将来やりたいことは?

今までは手描きアニメーションやりたい!って感じだったんですけど、最近は授業で3DCGをやってみて、3DCGもいいなって思い始めました。職業として何を目指すかは決まってないですけど、アニメーションをやるなら自分が憧れているアニメーターさんと同じスタッフロールに乗りたいですね。