ピアサポート

名古屋造形大学の「ピア・サポート」とは、学生同士が「教え合う」「学び合う」「助け合う」キャンパスボランティア。大学における創作活動のさらなる発展はもちろんのこと、サポーターとして活動する学生たちの自主性やリーダーシップ力育成を大学として支援する教育的な取り組みでもあります。

 
 

学びのピア・サポート

英語の得意な人も、苦手な人も一緒に集まり英会話に親しむ「英語ピア・サポート」や、デッサン力向上を目的とした「デッサンピア・サポート」が年間を通じて開かれており、留学・就職・制作などのサポートとして活用されています。また、コースや学年を越えたキャンパスの仲間作りの場にもなっています。

教員の協力体制

大学における創作活動のさらなる発展はもちろんのこと、サポーターとして活動する学生たちの自主性やリーダーシップ力育成を大学として支援する教育的な取り組みでもあります。先生や事務局もピア・サポートの運営が円滑に進められるよう積極的に協力しています。

 
 
 

ガイダンス時期に開く「新入生何でも相談」では、履修登録や学生生活についてピアサポーターの先輩たちが自分の経験をもとにアドバイス。ピアサポーターは学生のボランティアで構成されている。

仲間作りの場として毎年開催の野点(のだて)。