2011 年 12 月

卒業制作のパワーをもらって

授業は昨日で終了なのですが、休日返上で卒業制作に没頭している学生達のパワーと刺激を受けるために、4年生のアトリエで研究活動をしました。

学生といっしょに制作活動をすると、よりいっそう集中できて大変有意義な時間が過ごせます。

もうすぐ卒業制作展です。めいいっぱいの力を作品にぶつけてください。

イラストレーションデザインコース 足立

卒業制作 福田さん

福田さんは錯視の魅力にひかれて1年間取り組んで研究してきました。

錯視は目の錯覚を利用したトリックアートです。

この1年でパソコンの操作もおどろくほど上達しました。

毎日の継続が一年間積み重なったことでとても大きな財産になったと思います。

もうひと頑張りです。応援しています。

イラストレーションデザインコース 足立

卒業制作 青木さん

青木さんは鉛筆とペンを使ったイラストレーションを制作しています。

力強い女性像と構図が印象的です。

仕上げにひと工夫するようで、最終的にはデジタルとアナログの融合作品となります。

丁寧な取り組みで高いレベルの作品になりそうです。

焦らず頑張ってください。

イラストレーションデザインコース 足立

卒業制作 竹内さん

毎日遅くまで100号のキャンパスに向かって描き続けています。

竹内さんは入学時からすでに道化師をテーマに作品制作を続けてきました。

卒業制作はまさに集大成としての作品制作に没頭しています。

竹内さんの持つ感性でどんな道化師の世界観が生まれて来るのでしょうか。

100 号のキャンバスに自分の想いをぶつけています。

頑張ってください。

イラストレーションデザインコース 足立

3年生 名古屋コーチンのキャラクターを制作しました。

3年生の太田さんが作成し、みごと採用された名古屋コーチンのキャラクター。

さっそく地元の名古屋コーチンを使った名店を紹介するパンフレットの表紙を飾りました。

どんどん商品展開されているようです。

今後の活躍が楽しみです。

イラストレーションデザインコース 足立