1年生、写真基礎のスタジオ実習

1年生, 学生生活

いっぱい撮る事が上達の秘訣と思う! たかひこん@デジタルメディアデザインコース

今日は中野先生の1年生写真基礎の授業におじゃましてみました。
ちょうど写真スタジオでポートレイト撮影中でした、写真は光を記録する機械、なので光を操る事が最大のポイント、スタジオ撮影は人工的に光を造り出して演出できるので様々な表情の撮影が行えますが、逆にいうと光の調整がとてもシビアになります。

2011_06_29_01 2011_06_29_09

被写体とフラッシュの位置、フラッシュの光量、そしてカメラの露出とシャッタースピード等々、色々な要素が複雑に組み合わさって撮影の結果が出ますので、実際はかなり経験が必要な作業なのですが、とにかくやってみない事には分かりませんよね、という事でそれぞれ友人を被写体にして交代で撮影を行っていました。

2011_06_29_03 2011_06_29_05

中野先生指導のもと、フラッシュの位置やレフ版の位置などを動かしながら効果的な撮影を行う基礎を学んでいました、ライティングだけでもトップライト、フロントライト、フットライトなど様々な使い方がありますし、灯体を幾つ使うかやレフの使い方でも大きく表情が変わります、レンブラントライトという明暗をはっきりさせた技法も取り込みつつレクチャーが行われていました。ちなみにレンブラントは光を巧みに使ったオランダの画家の事で、キーライトの位置を斜め45度に置くというのが基本のようです、ただこれも多説あるみたいで、ざっくり言うと明暗をはっきりさせたドラマティックな画造りを行う技法で、映画など映像の分野でも用いられています。

ちょうど名古屋市美術館で「レンブラント 光の探求/闇の誘惑」展が行われていますので、興味ある方はこの機会にレンブラントの作品を観てみてはいかがでしょうか。





mixiチェック

Back(戻る)Top<(トップへ)

グラフィックデザイン基礎・合評

1年生, 学生生活

最終日 たかひこん@デジタルメディアデザインコース

1年生のグラフィックデザイン基礎の授業も最終日を迎えました、8週間(24日)にわたり担当していただいた岡田先生の授業もこの日が最後、1年生達は名残惜しそうに最後の授業の合評を受けていました。

最後の課題は各自が架空の展覧会を企画し、それの見開きのリーフレットを作るというものでした。もちろん展覧会なので、何の展覧会か、とか展覧会の日時などの概要、展覧会会場の設定や地図などを付けたアクセスの方法など、必要な情報もそれぞれが取捨選択して入れ込むというもので、情報量もそれなりにボリュームがあって、編集作業もかなり念入りにやらないといけない感じでした。

p6154406 p6154426

合評はそれぞれ3分間で企画した展示の概要を説明し、リーフレットの説明やデザインの説明を行い、次に机に並べて全員で閲覧し投票、そして最後に質疑応答を行って先生からのコメントをもらうという段取りでした。

p6154490 p6154513

全体的に編集するボリュームが結構あるので、いままで習って来た技術を色々と試行錯誤していたようです、特にグラフィックデザインの肝になる文字や組版には気を配ってデザインするように指導されていて、グリッドやマージンといった事を意識して、識字のしやすさやメリハリ、情報の順位などグラフィックデザインの基本をだいたい網羅した仕上げになっていたように思います、もちろんプロじゃないので完璧とはいえませんが、1年生で入学して3ヶ月ほどでここまで紙面デザインが出来るようになっているのは嬉しい限りですね。

岡田先生は1年生にかなり慕われていて最後とても名残惜しそうでしたよ、右も左も分からない1年生にデザインの基礎を教えていだだきありがとうございました。





mixiチェック

Back(戻る)Top<(トップへ)

6月13日@今日の授業風景 その2

2年生, 学生生活

言葉で伝えるって難しい たかひこん@デジタルメディアデザインコース

先週に引き続き2年生の今週の月曜日の授業は図形を説明するという課題を行いました、今回もグループに別れての作業。4〜5名ほどに別れた各グループには前回同様に別々の図形を渡します、そして前回と同じくその図形についての説明を言葉に変換してもらい文章として書き起こしてもらいました。

2011_06_14_01 2011_06_14_03 図形からルールを見つけ出す作業

前回と違うのはまず単位を使わないという事、そして図形を再現してもらう時に「喋り」で伝えてもらうという事です。前回は文章としての説明書きが書かれた用紙を相手に渡してそれを読んで図形を再現してもらいましたが、今回は喋りによって、つまり音声によって伝えてもらって図形が再現できるか?というのを行いました。

渡された図形について、まずどのように言葉で説明するか?をグループで話合い書面にまとめます、そして次にそれを喋りだけで伝えるにはどうするか?という文章に変えます、まぁいうなれば台本や台詞と言ったところでしょうか、ラジオのDJが事件や事故を喋り言葉だけで伝えるのと同じ感じ、と言えば分かりやすいでしょうか。図形の再現に今回はSkypeを使ってみました(つまり電話で図形を説明するような感じです)説明するグループは別の部屋からSkypeを通じて音声のみで伝えます、受け手はそれを聴きながら図形を再現します。

2011_06_14_13 skypeを使って音声のみで図形を伝える 2011_06_14_14 skypeで相手の説明を聴きながら図形を再現するグループ

ラジオと違ってポイントは電話と同じで相手に質問が出来るという点ですね、双方向のやり取りで伝わってるかどうかなどの問題点がリアルタイムに出て来るので、臨機応変に対応しながら図形の再現率が上がって行く過程は見ててなかなか面白かったです。それぞれのグループが色々な方法を利用していてなかなか興味深かったのですが、あまり手の内をここで書くと来年同じ課題が出来なくなるので解答に関してはとりあえず伏せておきます(笑)





mixiチェック

Back(戻る)Top<(トップへ)

6月13日@今日の授業風景 その1

1年生, 学生生活

グラフィックデザインは基本だ! たかひこん@デジタルメディアデザインコース

1年生は現在グラフィックデザイン基礎の授業を8週に渡って受けています、そしてついに今週が最終となりました。去年まで担当だった坂野先生に変わって今年から岡田先生に担当していただいています、去年の坂野先生も学生達に人気でしたが、今年の岡田先生も負けず劣らず人気です、特に男子諸君には人気(笑)

2011_06_13_01 2011_06_13_08

さて本題、毎年1年の最初の授業はグラフィックデザインの基礎から入ります、デザインと言っても色々なジャンルがありますが、デジタルメディアデザインコースではグラフィックデザインは基本ととらえ、その基礎は必須と考えています。特に紙面構成においては文字組からイラストや写真の加工、レイアウトなどは基本ですし、今後の制作には欠かす事の出来ない技術となりますから是非習得してほしいと思っています。また、学年が上がると、コース展などのダイレクトメールやポスターなど紙媒体による広報ツールやWebデザインなど、全て学生達にデザインしてもらう事になります、そういう意味でもこの授業は彼等にとって将来とても重要になってきます。

2011_06_13_09 2011_06_13_06

最終課題は見開きのリーフレット制作を行っていました、内容は各自自由なようでしたが、必要な情報を見やすく読みやすく構成し、そしてなによりデザインとして見栄えの良さを両立したものが出来上がると良いですね、これがやはりとても難しい訳ですが、センスもしかりですがこういう作業は数をこなす事がとても重要、手数を増やして色々と試行錯誤し、時には先生の意見や友達の意見を聴きながら構成して行くと良いと思います。

さて明後日は最終作品の最後の合評が行われる予定です、また次回、合評の様子をお届けしたいと思います。





mixiチェック

Back(戻る)Top<(トップへ)

6月6日@今日の授業風景

2年生, 学生生活

文字で伝えるって難しい たかひこん@デジタルメディアデザインコース

今日は2年生の授業をご紹介します。この授業はプログラム基礎の授業の一貫なのですが、PCでプログラムを書いて物を作るという内容とは別に(ちゃんとしたプログラムの授業は別の時間にやってます)もう少し考え方や発想という部分を養うという事に重点を置いた内容で行っています、どちらかというと情報デザインを考えるという事になるでしょうかね。

2011_06_06_01 2011_06_06_02

とりあえず、まず3名〜4名ほどのグループに分け、それぞれに封筒に隠した図形を渡します、もちろん各グループに渡された図形は違っています、そしてその図形を文章のみで説明して表現するという作業を行ってもらいます、つまり、渡された図形を説明する説明文を書く訳です、そしてポイントは図形を知らない人がその説明分を読んで図形を再現できるか?というところにあります。要するに複雑なイメージを文字だけの説明書にして、それを読みながらイメージを起こすと、同じ図形が出来上がる(はず)というものです。

今回は定規や単位を使っても構わないという条件をつけました、なので比較的サイズなども再現しやすいものとなりました。しかし実際にやってみると文章による説明がとても難しいのです、最後に各グループの説明文を配って再現するという答えあわせをしましたが、それぞれ微妙な間違いがあったりとなかなか面白い結果になります。

2011_06_06_03 2011_06_06_04

これは説明文を作る人の文章表現力にも左右されるし、また解答する人の文章を読む読解力にも左右されます、デザインにも同じ事が言えて、デザイナーが想い描いたように物を使ってもらえないなど、デザインという共通言語で造り手とユーザが結ばれないと思わぬエラーを起こしたりします、そういう意味でもこの課題は実はとてもデザインやプログラムを考えるのに有効なのです。





mixiチェック

Back(戻る)Top<(トップへ)

5月9日@今日の授業風景

2年生, 3年生, 4年生, 学生生活

若干五月病・・ たかひこん@デジタルメディアデザインコース

ご無沙汰しておりました、みなさんゴールデンウイークはいかがお過ごしでしたか?ゴールデンウイーク中は休みだったので「休みは休む!」をもっとうにブログもtwitterも一切書きませんでした(笑)今日からまた通常とおりブログも再開する予定です、が、わたくしたかひこんは若干五月病にかかりかけております(汗)・・はやく気持ちを仕事モードに切り替えねば!

2年生は加藤先生によるwebの授業が行われていました、今年はWordPressというCMSを利用したサイト構築をメインにHTML / CSSの基本的なコーディングとPHPによる処理など主軸にした12回の授業カリキュラムとなっていて、去年よりも今年は少し実践的な授業内容となっています。

2011_05_09_01 2011_05_09_02

芸術系大学のデザインコースに対して、ますますwebデザインの需要が高まる昨今では、webページの見た目のデザインとともに、それを構築するために構造などもある程度理解して組み立てれなければなりません、もっとも本気でサイト運営なども含めて考えていくとサーバ構築やセキュリティーなどもっと複雑な領域になってくるのですが、少なくとも今のwebがどのような仕組みで運営されていて、私たちのような「デザイン」を生業とするデザイナーがどのように関わって仕事をしていくのかという部分は知っておく必要がありますからね。芸術系の大学生にとってサーバやプログラムというのは敷居が高いですが、今やそれもやっていかなければならない時代ですね。

4年3年はゼミが行われていました、今日は渡邊先生のゼミが臨時でプレゼンを行っていました、渡邊ゼミはアニメーションを中心としたシーケンシャルコンテンツや、アニメーションを利用したサイネージやインタラクティブコンテンツなどを研究テーマにしたゼミです。3年はまずは基本的なアニメーションを描く事からスタートと言った感じで、それぞれ目標に向けてシナリオや原画作成を行っています。4年生は少し実験的な表現も含めたコンテンツ計画をたてているみたいで、詳しくは来週から始まるプロローグ展にて今年1年の各自の研究テーマが発表されますので、そちらも是非ご覧ください。

2011_05_09_03 2011_05_09_04

池田先生のゼミ生はインタラクティブ系の研究を始めました、まずはI/Oによる処理やセンサーによる外部デバイスによるコンテンツ運営を視野に実験を開始していました、去年の夏の「汗かくメディア展」で出展したスイッチの作品でも使っていたGainerを利用して作品を作るようです。

2011_05_09_05 2011_05_09_06

こちらも電子デバイスやプログラムといった芸術系の大学生にとって縁の無いような領域ですが、実はこのシステムは結構いろいろな作品で使われています、アート系の世界でもメディアアートと呼ばれる領域の作品などはインタラクティブコンテンツが比較的多く、こういった電子デバイスなどのシステムを組み合わせて制作されている事も多く、表現したい内容によってはこのような作業も必要になってきます。

ざっと、今日の授業風景をご紹介しましたが、本当にいろいろ多種多様なので今の芸術系大学の学生達は大変だと思います、でも、それらを習得していく事で新しい表現やデザインが産まれて来るのかなと思います、これからの彼等の成長が楽しみです。

 





mixiチェック

Back(戻る)Top<(トップへ)

ドローイングとアニメーション(後編)

2年生

後編は2年生の授業 たかひこん@デジタルメディアデザインコース

2年生は同じ頃アニメーションの授業、渡邊先生によるこのアニメーションの授業は最終的に15週で15秒のCMをアニメーションで表現するという目 標があります、そしてその制作手法はいわゆる商業アニメなどで用いられる一般的な技法を主体としていて、シナリオ、キャラデザイン、設定資料、絵コンテ、 原画、動画、コマ割り、デジタル着彩、編集、サウンド制作、音入れ、アフレコ、等々を順にこなして行きます。

2011_04_21_05 2011_04_21_09

一般的といってもアニメーショ ンの現場の一般的って意味ですので、つまり裏を返せば専門的ですね(笑)アニメーションを作るにあたってはいろいろな表現方法や技術があると思うのです が、この授業では一番オーソドックスなスタイルでアニメーション制作を経験してもらっています。

そしてお気づきだと思いますが、アニメー ションを作るには絵を描く必要があるんですね、絵コンテにしても簡単な表情や動きを表現しなければなりません、実は1年生の授業のドローイングは2年に なってこういう場合に役に立つ訳です、特にアニメーションは人物などのキャラクターの動きや躍動感を描く事が結構重要な要素になってきますから、短時間で 人物クロッキーをこなし表現できる事は利点となります。

2011_04_21_06 2011_04_21_07

実習時間の15週という短い時間でアニメーションを一通り体得するのは若干大変ですが、ライトボックスに向って動画描いたり、レタススタジオやイラストスタジオで着彩編集したりと、実はかなり本格的なアニメーション制作を授業で行っています。





mixiチェック

Back(戻る)Top<(トップへ)
← Previous PageNext Page →
2 / 712345...最後 »

最近の投稿

ニュース&トピックス

ギャラリー

 
2010_03_25_syaon_10 2012_02_19_09 2012_08_24_2_05 2012_08_30_07 2014_03_02_05 2014_05_21_16 img_0001 img_3788 img_4018 img_8443 img_0898 img_1260 img_3898 IMG_0242 IMG_2560 IMG_4166 2011_09_14_01 2014_07_08_08 2011_02_19_16 2013_04_01_20

リンク

スタッフのつぶやき

FaceBook

バナー画像 コースパンフレット

カレンダー

2020年2月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

アーカイブ

カテゴリー

タグクラウド

AO入試 Arduino dialogue Digital Media Design Exhibition Digital Media Design Exhibition 2015 IAMAS Illustrator iPad Kinect NODE PROLOGUE EXHIBITION Prologue exhibition 2012 Prologue exhibition 2014 Prologue展 SUPER LECTURE switch twitter USTREAM youtube あかりの明治村 だなも なげる、あてる、ひろがる はち丸 まわる、うつる、ひろがる ゆめたろうプラザ アニメーション アニメーション制作 インフォアニメディア オープンキャンパス グラフィックデザイン コースプロモーション ザビエル天主堂 スイッチ スタジオ撮影 スーパーレクチャー セカンドライフ デジタルメディアデザインコース デジタルメディアデザインコース展 デジタルメディアデザイン展 デジタルメディアデザイン展2011 デジタルメディアデザイン展2012 バイオメディカルインターフェースワークショップ ピアサポート プレゼンテーション プロジェクションマッピング プロダクトデザインコース共同授業 レーザーカッター ワークショップ 中間審査 他者紹介 入学式 入試 入試相談会 制作風景 卒展 卒業 卒業・修了記念パーティー 卒業制作 卒業式 受験 名古屋市民ギャラリー矢田 名古屋造形大学卒展 名古屋開府400年 名古屋音楽大学 夏のオープンキャンパス 夏休み 大名古屋電脳博2017 大名古屋電脳博覧会 妻有アートトリエンナーレ 宵の明治村 宵街映写 展示台 展示台制作 愛知県児童総合センター 打ち合わせ 授業風景 搬入 搬出 撮影 文化庁メディア芸術祭 文化庁メディア芸術祭 愛知展 新入生研修 明治村 木工工作 汗かくメディア 浦沢直樹 秋のオープンキャンパス 第10回大学院修了展 第18回名古屋造形大学卒展 第21回名古屋造形大学卒展 第19回名古屋造形大学卒展 芸術祭 芸術際 進級制作展 金沢美術工芸大学 電脳博 魔法の美術館 6月のオープンキャンパス 7月のオープンキャンパス 9月のオープンキャンパス

管理

RSS