ロヴァニエミ散策

レポート

アルヴァ・アアルトの街と北極圏 たかひこん@デジタルメディアデザインコース

9月7日、土曜日は大学がお休みなので、滞在のオウルから列車に揺られ約3時間、アルヴァ・アアルトが都市計画を行った事で知られるロヴァニエミへ行ってきました。ロヴァミエミと言えばサンタクロースの住むサンタクロース村が近くにあって観光シーズンには日本からも多くの観光客が訪れるそうです、また北極圏の街としても知られていますね、冬はオーロラが見れます。

2013_09_07_05 2013_09_07_09

市内にあるアルクティクム(ARCTIKUM)博物館はラップランドの自然や民俗学を展示する博物館、ちょうど訪れた日がステューデントデーで学生の入館料が無料でした、なかなかついてる!博物館はオーナス河畔に隣接した形で建てられていて、河畔からの風景はこれぞフィンランドといった景色でした。アルクティクム博物館にあるギャラリーでは、X-border Art Biennialという現代美術展が行われてました、スエーデン・フィンランド・ロシアで同時開催している展覧会のようです。

2013_09_07_20 2013_09_07_28

ロヴァニエミの街はアアルトが都市計画を行ったということで、しばらく市内を散策、そうそうここには世界最北端のマクドナルドがある事も有名ですね、という事でとりあえずマクドナルドへ、お店の前で白い犬に出会いました。

2013_09_07_32 2013_09_07_34

ちょっと長距離な旅でしたが、なかなか長距離特急にのって移動することもないので、良い経験になったんではないでしょうかね。また駅舎や列車も日本では味わえない雰囲気、オウルに到着したのは午後9時前、この時間になってやっと夕焼けに染まってました。





mixiチェック

Back(戻る)Top<(トップへ)

フィンランド4日目・ワークショップ制作風景

レポート

滞在4日目 たかひこん@デジタルメディアデザインコース

フィンランドはオウル市滞在も4日目、日本からやってきた17名の学生達もそろそろ海外の雰囲気に慣れて来た様子です。

今回のワークショップは名古屋造形大学の学生とオウル工科大学の学生の混合による4名〜5名の7つのグループに別れて「クールジャパン・クールフィンランド」というキーワードで30年後にあったらいいなという世界や企画を映像で表現してもらうという課題です。

2013_09_06_2_01 2013_09_06_2_02

初日こそみんな緊張した感じでしたが、ワークショップ制作も3日目ともなると大体なんとか意思疎通が出来るようになって来た感じです。初日と2日目のブレーンストーミングを経てそろそろ具体的な制作に入る段階になってきているので、この日は外に撮影に行くグループや、PCによる編集作業をそれぞれがやってました。

2013_09_06_2_03 2013_09_06_2_04

オウル工科大学のPCルーム(もちろん設置されているPCはMacね)を今回のワークショップの課題制作に使わせてもらっているのですが、フィンランド語と英語のインターフェース(当たり前ですけど・・・)なので、普段日本語で慣れている学生達にとっては結構大変だったみたいです。今回は映像が主体なのでAdobeのPremiereやAfter Effectsを使う事が多くなるのですが、インターフェースが海外仕様なのにさらに2年生や1年生、またデジタルメディアデザインコース以外の学生達はPremiereやAfter Effectsを使った事が無い、なんて事もあって結構苦戦してる様子もありましたが、オウル工科大学の学生達に助けられながら進めていました、さてどんな映像が出来上がってくるのか楽しみです。

写真ギャラリーの後ろにオウル市内の様子の写真をいくつかつけておきました、ちょうどこれで夕方の6時頃かな。まだまだ日照時間が長くてオウルの太陽が沈むのは大体夜の9時頃です。





mixiチェック

Back(戻る)Top<(トップへ)

ビジネスキッチン視察

レポート

9月6日 午前 オウル市内 たかひこん@デジタルメディアデザインコース

6日の午前にオウル市内にあるbusiness kitchen(ビジネスキッチン)を視察させていただきました、business kitchenは簡単にいうと大学生や卒業生の就職支援活動を行っている団体というと分かりやすいでしょうか。いくつかの組織が運営に携わっており、もちろんオウル工科大学も関係しています。

2013_09_06_1_01 2013_09_06_1_02

今回はこの施設の運営や営業目的、それに予算などを参考までに聞いてきました、対応してくださったのはMatti Rusilaさん。大学の一つの大きな課題として、卒業後の進路というのがありますが、それらを大学や市がどのように支援しているのかを聞きました。

2013_09_06_1_03 2013_09_06_1_04

まずオウルでは起業する事を目指す学生や若い世代が少ないそうで、とくにこれから起業したいと考えている人に場所やノウハウ、あるいは他の起業者や会社・企業、また研究と繋げるハブ的な役割をbusiness kitchenは担っています、つまりインキュベーションセンター的な要素が強く、ここに出入りする人たちは時間帯がある程度決まっていますが基本フリーで施設利用が出来る仕組みになっています、またコワーキングスペースとしての共有も行っているので、今のビジネススタイルに対応したビジネス展開を可能としていて、小さなイノベーションが多く産まれるような感じの場所でした。

2013_09_06_1_05 2013_09_06_1_06

business kitchenには大学も参加していて、就職支援を行う専用のスタッフが出向してオフィスを構えていたり、大学にそういった専属スタッフのセクションが大学とbusiness kitchenとを繋げて就職支援を行っているみたいです。名古屋造形大学でも就職支援のあり方を今後新しいビジョンで考えて行く必要があるかと思いますが、卒業前から卒業後の支援も含めてbusiness kitchenのあり方はとても参考になりました。企業に就職していくだけでなく、若い世代による起業や、漫画家・作家のような独立したフリーランスを目指す人に切っ掛けと繋がりを提供する考え方は、今後の学生達や卒業生達のビジネススタイルに新しい可能性を提供出来るかもしれませんね。

2013_09_06_1_07 2013_09_06_1_08




mixiチェック

Back(戻る)Top<(トップへ)

プロフィン(Profin)社へ見学に行ってきました。

レポート

フィンランド3日目 たかひこん@デジタルメディアデザインコース

3日目は朝8時に駅前集合、バスに乗ってプロフィン(Profin)本社に見学に行きました、プロフィン社は窓枠やドアを制作しているフィンランドの会社で、ここ最近は日本への輸出も増えているそうです。最近の日本の建築物は基本的に窓やドアなどの枠はアルミサッシが多いですが、ここフィンランドでは特に個人住宅の窓やドアは木製が多いですね。

到着そうそう迎えてくれたのはExport managerのカイサ・コヴァライネンさん、最初に軽食のトナカイのパイとコーヒーを出してくださいました。まずはコーヒーを飲みながらプロフィン社の説明と、技術解説などを約1時間ほど聞きました。木材の裁断には柾目で切り出す事を基本としており日本の木工技術を取り入れているとのこと、木材には年輪の木目が入っていますが、その木目が平行に走る方向を柾目と言います、柾目で切り出す事で反りの少ない木材が取れますので窓枠など狂いの少ない条件の商品には適しています。

2013_09_05_1_07 2013_09_05_1_11

日本への輸出が増えている事もあって日本の環境にあった製品製作やオーダーメイドも行っているらしく、同時に商品開発や研究も行っていて、例えば木枠を固定するスプリング入りのボルトはその過程で産まれた技術だそうです、地震の多い日本では地震などで揺れると枠の歪みが出やすいためスプリングで吸収する事で破損や歪みを抑えるようになっているそうです。

一通り説明を受けたあとは工場見学。実際に切り出された木材を加工して窓枠に組み立て、塗装、ヒンジ等の取り付け、ガラスの組み込みなどの行程を見学しました。プロフィンの商品のガラスは2重が基本で、さらに断熱効果の高い3重もありました、冬はマイナス30度になる地域ですからね、断熱は必須です。窓枠や扉のロックシステムも結構複雑な作りになっていてかなり気密性の高い作りになっています。特にみんなが驚いたのは、商品のデモンストレーションで1枚の窓が横開きにも縦開きにも出来るという製品、しかもヒンジが完全に隠れていて見た目がすごくシンプル。ブラインドはガラスとガラスの間に設置されている点も日本にはあまりなじみの無いスタイル、見た目からはあまり想像できないくらい多機能で複雑な構造がデザインされていてちょっと関心しました。日本との取引も多くなってきているみたいで網戸もちゃんとセット出来るようになっています。

2013_09_05_1_22 2013_09_05_1_28

2時間ほどの会社見学でしたが、とても充実していました、特にインテリアデザインや建築デザインの学生達には良かったんじゃないでしょうかね、最後はみんなで記念撮影。この日は僕たちが来るという事で、社屋前にはフィンランドの旗と日本の旗が掲げられていましたよ!説明にあたってくださったカイサさんありがとうございました、また通訳してくださった内田さんにも感謝です。





mixiチェック

Back(戻る)Top<(トップへ)

オウル工科大学の施設を見学させてもらいました

レポート

海外の大学を見学したかったのです たかひこん@デジタルメディアデザインコース

オウル工科大学にせっかく訪問しているので、大学内の施設を見学させていただきました。今回見学させてもらったのはSchool of Music, Dance and Mediaの校舎。映像、音楽、音響、舞台、ダンスに特化した施設を導入しています。コンピュータールームも複数あって、ちょうど3DCGの授業が行われていました、3DCGを生業としている企業からこられている若い非常勤の先生が教えておられました。

映像スタジオはかなり本格的なものが導入されていてバーチャルスタジオに対応していました、音響関係も充実したスタジオがあり、録音室もかなり大きなものが入っていました、そしてスピーカーはGENELEC、さすがフィンランド!ですね。でも録音機材やビデオ関連機材は日本のメーカーの物の導入が多くて、日本ってスゴイなって改めて思いました。

2013_09_04_3_06 PCルーム 2013_09_04_3_09 映像スタジオ

あと、実習中だったので写真撮れませんでしたが、大きなホールや舞台などもありました、デッサンやペインティングなどの授業もあるらしく、グラフィック関連の授業で使っているアトリエもありました、少し狭いですがフレキシブルに対応してなんとかしているとのこと、狭いながらも工夫をされている様子でした。

ここでは昼食を少し早めにとって、午後2時には必ずコーヒーブレイクを入れるのが習慣だそうです、コーヒータイム用の部屋がちゃんと別にあって、2時に行くと先生方がみんなマグカップ片手にディスカッション交えた談笑されているのが印象的でした、あ、あと4時に授業が終わるのですが、ワークタイムがはっきりしていて4時、5時を過ぎると仕事を終えるのが基本。

2013_09_04_3_14 レコーディングスタジオ 2013_09_04_3_17 CAVE

最後にCAVEシステムを見学させてもらいました、CAVEは20年ほどまえからあるシステムで日本では岐阜に正立方体の6面が映像というCOSMOS というのがありますね、あと東京は初台にあるICCギャラリーにもCAVEを使った作品が展示されていますので、体験してみたい方はICCに行かれると良いと思います。オウル工科大学に導入されていたのはラウンドネススクリーンのもので前面3投影の物でした、床面が覆うように投影されないので少し立方体のCAVEとはおもむきが違います。しかし、このシステムで何が出来るのか?とう事に関しては20年たった今でもなかなか見つけられない感じがするのは否めないですが・・・処理するPCが安価になった事を考えると、昔よりも特定の場所にはなるでしょうけどVRシステムを使った新たなコンテンツに繋げる事は可能かもしれませんね。





mixiチェック

Back(戻る)Top<(トップへ)

ワークショップスタート

レポート, 学生生活

Terve! たかひこん@デジタルメディアデザインコース

いよいよオウル工科大学の学生達とご対面です! 今回のワークショップは名古屋造形大学より17名、オウル工科大学より15名の計32名。とりあえず最初はヘイッキ先生によるオウル市の紹介と大学の紹介、そして続いて渡邊先生より名古屋造形大学とデジタルメディアデザインコースの説明が行われました。

2013_09_04_2_01 2013_09_04_2_03

引き続いて、お互いの大学の学生を混ぜた7つのグループを作って今回1週間のスケジュールと課題の説明を行いました。最初は言葉の壁があってちょっとみんな緊張した感じでしたけど、身振り手振りでなんとか伝えてるうちに徐々に距離が縮まって、オウル工科大学の学生からフィンランドの伝統的なお菓子の差し入れ!!・・・つまりあの黒いやつですね、日本から来たみんなは食べるなり大騒ぎ、サルミアッキの洗礼を受けてました(笑)ちなみに僕もサルミアッキは食べれません・・・なんとも形容しがたい味ですよね。日本からは渡邊先生がもっていたゆず塩あめと、なぜか韓国海苔を・・すみません全然日本らしいものを持ってなくて・・・食べ物がお互いの距離を縮めたところでこの日は時間切れ、さてこれから1週間がんばろうね!

2013_09_04_2_15 2013_09_04_2_21

このワークショップはフィンランドオウル市のビジネスオウルに勤務しているインターナショナルコーディネーターの内田さんにより実現しました。内田さんはフィンランドオウル市と日本をビジネスと教育で繋げるお仕事をされていて、今回オウル工科大学の教授兼、国際連携事務室長のヘイッキ先生を紹介していただき、デジタルメディアデザインコースの渡邊先生と事務の安井さん、ヘイッキ先生、内田さんにより計画されました。





mixiチェック

Back(戻る)Top<(トップへ)

オウル工科大学へ登校

レポート

オウル市2日目 たかひこん@デジタルメディアデザインコース

2日目は朝9時30分にホテル前集合、そこからオウル工科大学へ歩いて登校!これから数日間はホテルから大学まで自分たちで登校してワークショップが終わればそれぞれホテルまで戻ってこなきゃいけないので、大学までの道を覚えます!

道中の風景は日本と全然違うので、朝からみんなテンション高い(笑)最初の信号待ちでリスに出会ってからさらに加速気味、時差ぼけなんてなんのその!ホテルから大学まではだいたい歩いて20分ほど。街は広々としていて、ゆったりした川沿いから閑静な住宅の並ぶ道を歩きます、風景はこれぞ北欧という感じで、みんなで写真とりながら登校しましたよ。

2013_09_04_1_08 2013_09_04_1_11

大学に到着して担当のヘイッキ先生と合流、学内をざっくりと説明してもらってこれからオウル大学の学生達と会います!学食前のフロアでは日本人が大量に来たものだからみんな不思議そうにみてました、オウルはフィンランドでもそんな観光地じゃないので17名以上の日本人が団体で来るなんて滅多に無い事なのだそうです。





mixiチェック

Back(戻る)Top<(トップへ)
← Previous PageNext Page →
2 / 3123

最近の投稿

ニュース&トピックス

ギャラリー

 
2009_12_09_08 2011_04_05_02 2011_08_30_05 2012_11_12_64 2012_11_27_01 2013_08_01_05 2013_08_02_03 2013_08_24_02 2014_04_06_02 2014_07_31_36 2014_08_13_03 img_3765 img_7991 img_5942 img_3318 img_7006 IMG_1447 IMG_4307 IMG_5502 2012_02_23_32

リンク

スタッフのつぶやき

FaceBook

バナー画像 コースパンフレット

カレンダー

2013年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

カテゴリー

タグクラウド

AO入試 Arduino dialogue Digital Media Design Exhibition Digital Media Design Exhibition 2015 IAMAS Illustrator iPad Kinect NODE PROLOGUE EXHIBITION Prologue exhibition 2012 Prologue exhibition 2014 Prologue展 SUPER LECTURE switch twitter USTREAM youtube あかりの明治村 だなも なげる、あてる、ひろがる はち丸 まわる、うつる、ひろがる ゆめたろうプラザ アニメーション アニメーション制作 インフォアニメディア オープンキャンパス グラフィックデザイン コースプロモーション ザビエル天主堂 スイッチ スタジオ撮影 スーパーレクチャー セカンドライフ デジタルメディアデザインコース デジタルメディアデザインコース展 デジタルメディアデザイン展 デジタルメディアデザイン展2011 デジタルメディアデザイン展2012 バイオメディカルインターフェースワークショップ ピアサポート プレゼンテーション プロジェクションマッピング プロダクトデザインコース共同授業 レーザーカッター ワークショップ 中間審査 他者紹介 入学式 入試 入試相談会 制作風景 卒展 卒業 卒業・修了記念パーティー 卒業制作 卒業式 受験 名古屋市民ギャラリー矢田 名古屋造形大学卒展 名古屋開府400年 名古屋音楽大学 夏のオープンキャンパス 夏休み 大名古屋電脳博2017 大名古屋電脳博覧会 妻有アートトリエンナーレ 宵の明治村 宵街映写 展示台 展示台制作 愛知県児童総合センター 打ち合わせ 授業風景 搬入 搬出 撮影 文化庁メディア芸術祭 文化庁メディア芸術祭 愛知展 新入生研修 明治村 木工工作 汗かくメディア 浦沢直樹 秋のオープンキャンパス 第10回大学院修了展 第18回名古屋造形大学卒展 第21回名古屋造形大学卒展 第19回名古屋造形大学卒展 芸術祭 芸術際 進級制作展 金沢美術工芸大学 電脳博 魔法の美術館 6月のオープンキャンパス 7月のオープンキャンパス 9月のオープンキャンパス

管理

RSS