やさしい美術・研修旅行2日目

1年生, 2年生, 学生生活

大自然と芸術!・・デジタルメディアデザインコース@たかひこんです。

やさしい美術・研修旅行2日目は、プロジェクトで借りた十日町市内にある空き家の見学からスタートです。

来年夏の「越後妻有トリエンナーレ」に向けて「やさしい美術」では十日町病院にて作品展示を展開する予定です、その制作拠点として「やさしい家」という名称で空き家を借りました、病院という施設の特徴を考慮して前回の「越後妻有トリエンナーレ2006」では非公開で行われましたが、今回も非公開で行う予定だそうです、そこで制作拠点として借りた空き家を「やさしい家」として制作および会期中の展示報告場所としての利用を考えているようです。

空き家は2階建ての立派な一軒家、全員で中を見学しました、二階にいったりと部屋をウロウロしてプロジェクトメンバーはどのように利用してゆくかで談義していました、デジタルメディアデザインコースの学生達ももちろん見学に参加しました、最終的にくつろぎモード・・・・

空き家を見学した後は、プロジェクトメンバーは引き続き空き家の片付けで残り、デジタルメディアデザインコースの学生と今回初参加の学生と教職員は過去のトリエンナーレ開催に際して制作された作品の見学ツアーに行きました、とりあえずデジタルメディアデザインコースの学生には「越後妻有トリエンナーレ」がどういうものか体感して欲しかったのですが、さて印象はどうだったのでしょう・・・聞くの忘れた・・・。

最初に訪れたのは「うぶすなの家」、これも空き家を再利用した施設で、陶を中心とした作家の展示場所として現在も運営されています、かなりの山の中ですが、建物の雰囲気と大自然の豊かさがマッチしていてとても良い所です。

家の前の水場で学生が何かしてる・・・と思ったらカエルと遊んでました、ピョン吉と命名。

次に訪れたのは、有名なジェームス・タレル氏の作品「光の館」、初めて訪れた2000年に家を一軒建っててしまうなんて・・・と思った事を思い出します、なによりこの作品宿泊施設として利用もできるので是非一度泊まってみてください、ちなみに僕は「やさしい美術」の冬の雪中研修でここに2泊しました。

昼食は「小嶋屋総本店」にてへぎそばを食べました、へぎそばは”つなぎ”にフノリという海藻を使ったご当地そばで、”わさび”ではなく”からし”をつけ汁に使うのが本場の食べ方、おいしいものが食べれるのも研修の醍醐味です。

最後は旧東川小学校にあるクリスチャン・ボルタンスキー氏+ジャン・カルマン氏の作品「最後の教室」を見学、僕はすでに4回目ですが、最初に来た時のイメージが強烈だったので印象的な作品です、記憶をテーマにした作品ですが、生と死をイメージする作品を展開するボルタンスキー氏の作風から、随所に恐怖感を感じるのは僕だけでしょうか?

デジタルメディアデザインコースの学生にとってみれば、あまりなじみの無い現代美術作品だったかもしれませんが、この「最後の教室」はどんな印象だったのでしょう?とにかく怖いと言っていた気もしますが・・・東京研修で目にした作品とはまた違った印象を受けたのではないかなと思います。

2日間という短い間でしたが有意義な時間を過ごせたと思います。

後は、デジタルメディアデザインコースとして、今後「やさしい美術」にどのように参加できるのか?を今回研修に参加したメンバーをはじめ、コースの学生達と色々と話して可能性を探って行きたいと思います。





mixiチェック

Back(戻る)Top<(トップへ)

やさしい美術・研修旅行1日目

1年生, 2年生, 学生生活, 研究

旅はいいねぇ。デジタルメディアデザインコース@たかひこんです。

名古屋造形大学には「やさしい美術」というプロジェクトがあるのですが、このプロジェクトが文部科学省の大学教育の充実を目的とした「現代的教育ニーズ取組支援プログラム」通称(現代GP)の平成19年度の支援に選定され現在精力的に活動しています、そしてその一環として来年の夏に開催される予定の「越後妻有トリエンナーレ」に出展する準備を進めていて、その制作拠点として新潟県十日町市に空き家を1件借りました。

今回はその空き家の視察と片付け、さらに「やさしい美術」を展開する予定の県立十日町病院への作品プロポーザルのプレゼンテーションが行われました、この一連の作業のため名古屋造形大学発でツアーが組まれていたので、デジタルメディアデザインコースとしてなにかしら協力出来る事があるか?また学生の参加を促す事が出来るか?などを検討するために、デジタルメディアデザインコースの学生数名とともに新潟まで行ってきました。

「やさしい美術」はもとより「越後妻有トリエンナーレ」にも興味があった僕は「やさしい美術」の活動に以前から何度かお邪魔させていただいていて、冬に雪中研修に行った記事も書きましたが、今回はデジタルメディアデザインコースの学生も連れて行く事ができるという事で、デジタルメディアデザインコースとしても「やさしい美術」や「越後妻有トリエンナーレ」に参加できるかもしれないというチャンスに恵まれました。

初日のこの日は、十日町病院を見学、前回の「越後妻有トリエンナーレ2006」で展開された「やさしい美術」の十日町病院病院内での展示状況を含めてプロジェクトメンバーによる説明をコースの学生達にしてもらいました(妻有トリエンナーレ2006では「やさしい美術」の展示は非公開で行われました)

小児科の落書きコーナ、落書き用紙が心電図の再利用でした(笑)

その後「やさしい美術」プロジェクトメンバーが病院側に作品プロポーザルをプレゼンテーションするというので、それにも参加、来年に向けての大まかなビジョンが見えたような気がします、またデジタルメディアデザインコースの学生が今後どのように関係して行くか考えるためにも良い機会だったと思います。

院長先生をはじめ、お忙しい中、病院関係の方々も多く集まっていただいて、プロジェクトメンバーのプロポーザルが一つ一つ発表されました、まだまだこれから詰めて行く事も多いと思いますが、夏までにどんな展開がされて行くのか楽しみです。

我らデジタルメディアデザインコースの学生も真剣に話を聞いていました、今後関わってくれるかどうかまだ彼等の中でも半信半疑な部分もあるかと思いますが、病院という特殊な場所で芸術に何が出来るのか?はたまたデザインで何が出来るのか?病院側のニーズと芸術やデザインの関わり方を考える上で、必要な表現力やスキルは何か?など、色々と考えるべき事は多くあるように思います、そのような事を実践的に考えて行けるという意味でも、この活動はとても有力だと思いますし、病院のサインや導線を考えるといったむしろデザイン的なアプローチから俯瞰的に観察して行く事もできる良い機会ではないか?と思っています。





mixiチェック

Back(戻る)Top<(トップへ)

今日の授業風景

2年生, 学生生活

今後、Flash使えるって大事なんかもしれんと思い始めた今日このごろ・・・
デジタルメディアデザインコース@たかひこんです。

今日は2年生の授業の様子です、先週は芸術祭の終了後そのまま東京研修とハードスケジュールだった2年生ですが、今週は通常授業へ以降しています、さらに明日は課題の合評というタイトな状況で、皆、すでに気持ちを制作へ切り替えて専念していました。

課題はFlashによるプログラミングを中心にした簡単なインタラクティブコンテンツの制作です、キーボードのキー操作による動作プログラムを基本に、キー操作でどのようなアニメーションや音を演出するかが腕のみせどころです、しかしキー入力と言っても、同時に押す場合や連続で押す場合、連打する場合など、動作は色々とあり、その動作の違いを利用してさらに演出を加えるとなると、プログラムが必然的に複雑になってくるので難しくなります、色々と悪戦苦闘している場面も見ましたが、どんな作品が出来て来るか楽しみです。

(**追記**)
プレゼンテーションが事情により延期になりました、プレゼンの記事を書こうと思ってたのですが、持ち越しです・・・。





mixiチェック

Back(戻る)Top<(トップへ)

東京研修3日目

2年生, 学生生活

1番!!・・デジタルメディアデザインコース@たかひこんです。

いよいよ最終日、3日目は自由行動です、ホテルをチェックアウトした人からそれぞれの計画にそって移動です、僕は午前中に六本木組と行動しました、昨日は六本木ヒルズを中心に森美術館に行きましたが、今日はミッドタウンを中心にして21_21デザインサイトへ。

昨日の日記でも書きましたが、デジタルサイネージによる案内や広告がやはり多く、東京メトロの六本木駅からミッドタウンまでのコンコースやミッドタウンの案内パネルなど随所に点在しています。

特にミッドタウンの案内パネルはタッチパネル方式を採用した動的なデザインコンテンツとなっています、動作感や動作速度は思った以上にレスポンスが速いのが印象的です、タッチパネルのインターフェスは銀行などのATMではすでに当たり前になってきましたが、施設の案内パネルに採用されているのはまだ数が少ないです、ちなみに名古屋駅前にあるミッドランドスクエアにも同じようなタッチパネルの案内が設置されていますよ、ミッドタウンは横型ですがミッドランドスクエアは縦型です。

21_21デザインサイトはこの日「吉岡徳仁ディレクションによる「セカンド・ネイチャー」展」が初日でした、毎回誰かによるディレクションで展覧会を行っていて今回は4回目、ギャラリーとして運営されていますが基本的にデザインナー系の人をフューチャーし”デザイン”という視点で展示を展開しているのが特徴かなと思います。

メンバーシップになりませんか?」と入り口で声をかけられ・・・ちょくちょく来るのでメンバーになってみました、そしたらメンバーシップ第1号です!!と係の人も若干舞い上がり気味で料金取るの忘れてました(笑)もちろんお金忘れてません?と声かけてちゃんと払いましたよ、シリアルナンバーが1番です!なんか得した気分(*注・館内は通常撮影禁止です、特別にカードだけ写真に撮らせていただきました)

午後からは別チームと秋葉原で合流、オタクの聖地秋葉原を徘徊しました、駅を降りるなりメイド姿の人達がビラ配りしてます、街頭で堂々とメイド服着てうろつけるのも秋葉原ならではな気がします・・・なんかみんな聖地で若干興奮気味(汗)よく分からん言語が飛び交ってた。

電子部品もいっぱい、小さいカメラもいっぱい・・・どこから撮られてるのか分かりませんが写ってます・・。

誰が買うのかよーわかりませんが、等身大らしいです・・ここは撮影可能とか、その理由も良く分かりません。

もともとオタクな僕も負けじと、オタクグッズを買ってみた、たぶん30代のオタクにはこのシャレが分かるはずです(笑)

秋葉原の締めは、やっぱりメイドカフェっすか?皆がどうしても行きたいと言うので行ってみた、本当に研修なんだろうか(汗)と思いつつ、やっぱりサブカルチャーも押さえておかないとね!と言い聞かせていざ、学生達はお嬢様って呼ばれ、僕達はご主人様とよばれ・・・旦那様は家政婦か・・メイドと家政婦は違うっけ??

ということで、最後はどうも締まらない結果となってしまいましたが・・・3日間の研修も無事終了し、それぞれ色々な刺激を受けて帰ってきたのではないでしょうか、参加した2年生の皆さんおつかれさまでした。





mixiチェック

Back(戻る)Top<(トップへ)

東京研修2日目

2年生, 学生生活

混沌とした街・・デジタルメディアデザインコース@たかひこんです。

研修旅行2日目、今日は午前中に新宿にあるNTTインターコミュニケーションセンター(ICC)ギャラリーを閲覧、ここは97年に開館して以来、メディアアートを中心としたデジタルメディア表現作品やワークショップを多く企画してきた日本でも数少ないギャラリーですね、デジタルメディアデザインコースの学生にとって、とても興味深い展示が多かったようですね、最後にギャラリーのキュレータの方にギャラリーについて説明をしてもらいました。

午後からは、各自自由行動、原宿、青山方面、横浜トリエンナーレ方面、上野、などそれぞれ思う所へ移動、僕は六本木の森美術館へ移動、もちろん移動中も研修中なのです、色々と街中にあふれるサインや建築、デザイン関連の物に目が行きます、学生も色々気になる事があるらしく、所々立ち止まっては写真に撮っていました、なかなかまじめです!

森美術館に行くと、もれなく付いて来る東京シティービュー、さらにスカイデッキに出る事ができるので、とりあえず上がってみました、今日は天気がよくて景色が最高でしたよ、街を歩いていると複雑にからむ構造物で混沌とした街並を観る事ができるのも東京の特徴だと思うのですが、上からみるとさらに所狭しと立つビル群、僕は関西出身ですが大阪や、名古屋造形大学のある名古屋と比べても、密度が全く違いますよね、増設増設を繰り返しながら成長してきたこの街は本当に”混沌”という言葉が似合います、WebでいうとWeb2.0で良く言われた常にβ版とう状態で街が成長している感じがします。

森ビルの高速エレベータは上昇するにつれて白からオレンジへ照明が変化します、なんでオレンジなんかはしりません・・・でも興味津々なご様子(笑)

スカイデッキへ行くエレベータの照明は青色、青いなぁ〜とつぶやく図・・・

インフォメーションデザインを気にする面々・・・

インフォメーションも複雑ですね、さらに紙媒体だけではなくデジタルサイネージを多様している点も東京ならではという感じがします、もちろん各都市にもデジタルサイネージによるサインが浸透してきていますが、ここ東京はその数が圧倒的に多く、紙面デザインだったものが動くデザインへと置き換わって行く新しいサイン計画もどんどん流動的な変化をしています、デジタルサイネージの技術速度に合わせてデザインも追随していかなくてはならない昨今では、そのスピードに乗る事が出来るデザインプロデュースが求められる時代なのかもしれません。

最後に銀座のgggギャラリーの「「白」原研哉展」へ行きました、洗練されたイメージでギャラリー全体がデザインされています、地下では「蹲踞(TSUKUBAI)」「鹿威し」「WATER LOGO」の3点が同時に展示されていました、水を弾く素材によって重力に引かれて形を変える”水”をデザインする手法はさすがです、なにより3点同時に観れた事で、技術をアートとして魅せる力とデザインとして魅せる力のバランスが上手いと感じました。

銀座に来たので、とりあえずアップルストアに寄ってきました、目的はもちろん新型(笑)買えませんけどね・・・。

明日は最終日、自由行動なんですが、さてどうするかなぁ〜





mixiチェック

Back(戻る)Top<(トップへ)

東京研修1日目

2年生, 学生生活

プレゼン力はデザイン力・・デジタルメディアデザインコース@たかひこんです。

デジタルメディアデザインコース(現・情報デザインコース)2年生と共に今日から2泊3日で東京に来ています、朝、日本科学未来館前で現地集合、さてさてみんなちゃんと来てるかなぁ〜、名古屋で同じ新幹線だったはずのボスが集合時間を過ぎても居ませんが??何か???遅刻ですな(笑)それで今日も写真多めで行かせていただきます!

そんなこんなでなんとか開館前には全員集合し、無事未来館へ入館、あとはそれぞれ自由見学しました、ここには色々な科学に関する展示を閲覧する事が出来ますが、その多くはインタラクティブな装置で工夫されていて子供から大人まで楽しく学べる仕組みが随所にあります、デジタルメディアデザインコースで日々行っている授業にも十分役に立つエッセンスがあるので、みんなそれぞれ楽しんだのではないでしょうか。

とりあえすここの目玉的展示といえばGeo-Cosmos(ジオ・コスモス)ですね、フルカラーLEDで実現できた巨大な地球儀の映像装置、今日の地球の様子を観る事ができます。

映像が切り替わる瞬間があって、一瞬だけ画像が消えます、そこを狙って写真を撮ってみたら黒い球体でした、当たり前か・・・。

HONDAの二足歩行ロボットASIMOの実演も行われています、97年に二足歩行で歩くロボットを初めて見た時は、ほんと驚きましたが、今やしなやかな動きで走る事も出来きるんですね、科学の進歩は人類に何をもたらすのでしょうか?と、大げさな事言ってみましたぁ・・

この写真はフロアに貼ってある目印、ASIMOはどうやらこの目印を認識して動作しているようですね、まだまだ人間のようにどんな条件でも歩けるという訳では無いようです、そう思うと人間の処理能力ってやっぱり凄いですね。

午後からは、株式会社ジャストシステム様でソフトウエアのユーザインターフェス(UI)デザインについての講義を現役デザイナーの方にしていただきました、デジタルメディアデザインコースの授業にも度々登場するユーザインターフェス(UI)やグラフィカルユーザインターフェス(GUI)ですが、実際に現場で開発しているデザイナーさんの生の声を聞ける貴重な機会を設けていただけたのはとても良かったと思います。

いくつかのセクションに分けてそれぞれのデザイナーさんの仕事をプレゼンしていただきました、旅の疲れもあったかと思いますが、皆メモを取ったり写真を撮ったり質問したりと積極的に参加してくれたという印象です、「デザインのポイント」はまさにその通り、みなさんこれちゃんとメモ取りましたか?プレゼン力はデザイン力っすよ!

プレゼン終了後は、ディスカッションを設けていただきました、なんか皆興味津々でした、製品についてとか、デザインの現場についてとか、開発秘話とか、色々質問したり聞いたりしてました、答えにくい質問もあったかと思いますが(笑)丁寧に対応して下さっていてとても良い時間を過ごせました、お忙しい中このような機会を設けていただきまして本当にありがとうございました。

明日は新宿のICCからスタートです。





mixiチェック

Back(戻る)Top<(トップへ)

外部入力でポン!

2年生, 学生生活

オタクな世界かもしれないけれど・・・デジタルメディアデザインコース@たかひこんです。

今日は2年生の授業のご紹介です、簡単に言うとインタラクティブコンテンツの制作実習になります、コンピュータの多くはキーボードとマウスという操作機器で扱うと思うのですが、それはコンピュータを汎用的に使うのに適しているという理由からだと思います、しかし逆の発想をすれば何もキーボードとマウスじゃなくてもコンピュータを動作させる事が可能という事ですね。

1年の時の基礎や前期の授業で学んだFlashを基本に画面設計を行います、勿論プログラムも書き込み、人が操作する事で動くコンテンツを制作します、今回はそれらを動作させるのにキーボードとマウスじゃない物を使う事を想定して制作に入りました、つまりキーボード以外の物で操作する事で、何らかのインタラクションを起こすコンテンツを開発して行きます、まずは”ボタン”という分かりやすい外部入力を想定して、それが押されたらアニメーションが動くという簡単な物からスタートです。

今日の授業ではさらに将来的に利用するであろうデバイスやデジタイザの紹介も行いました、夏のオープンキャンパスでも使用したGAINERは特に扱いやすくて、今後ますます研究が盛んになるであろうフィジカルコンピューティングの領域を学習する事や、コンピュータを中核としたメディアデザインの新しい可能性を開発研究する事を容易にしてくれます、デジタルメディアデザインコースでは順次このようなデバイスの導入を進めていて、将来フィジカルコンピューティングとメディアデザインといった新しい概念の学生作品がたくさん出てくれば、と考えています。


(注*写真のプログラムはMax/Mspで授業で使っているFlashのものではありません)





mixiチェック

Back(戻る)Top<(トップへ)
← Previous PageNext Page →
20 / 23« 先頭...10...1819202122...最後 »

最近の投稿

ニュース&トピックス

ギャラリー

 
2010_02_14_09 2010_03_15_01 2010_08_26_05 2010_10_29_05 2011_02_14_17 2011_10_19_02 2012_07_25_05 2013_02_12_03 2014_11_25_30 2015_02_16_57 img_0003 img_9978 img_9684 img_4828 img_5749 img_9977 IMG_2977 IMG_3011 2010_09_09_05 2011_02_19_18

リンク

スタッフのつぶやき

FaceBook

バナー画像 コースパンフレット

カレンダー

2020年10月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

カテゴリー

タグクラウド

AO入試 Arduino dialogue Digital Media Design Exhibition Digital Media Design Exhibition 2015 IAMAS Illustrator iPad Kinect NODE PROLOGUE EXHIBITION Prologue exhibition 2012 Prologue exhibition 2014 Prologue展 SUPER LECTURE switch twitter USTREAM youtube あかりの明治村 だなも なげる、あてる、ひろがる はち丸 まわる、うつる、ひろがる ゆめたろうプラザ アニメーション アニメーション制作 インフォアニメディア オープンキャンパス グラフィックデザイン コースプロモーション ザビエル天主堂 スイッチ スタジオ撮影 スーパーレクチャー セカンドライフ デジタルメディアデザインコース デジタルメディアデザインコース展 デジタルメディアデザイン展 デジタルメディアデザイン展2011 デジタルメディアデザイン展2012 バイオメディカルインターフェースワークショップ ピアサポート プレゼンテーション プロジェクションマッピング プロダクトデザインコース共同授業 レーザーカッター ワークショップ 中間審査 他者紹介 入学式 入試 入試相談会 制作風景 卒展 卒業 卒業・修了記念パーティー 卒業制作 卒業式 受験 名古屋市民ギャラリー矢田 名古屋造形大学卒展 名古屋開府400年 名古屋音楽大学 夏のオープンキャンパス 夏休み 大名古屋電脳博2017 大名古屋電脳博覧会 妻有アートトリエンナーレ 宵の明治村 宵街映写 展示台 展示台制作 愛知県児童総合センター 打ち合わせ 授業風景 搬入 搬出 撮影 文化庁メディア芸術祭 文化庁メディア芸術祭 愛知展 新入生研修 明治村 木工工作 汗かくメディア 浦沢直樹 秋のオープンキャンパス 第10回大学院修了展 第18回名古屋造形大学卒展 第21回名古屋造形大学卒展 第19回名古屋造形大学卒展 芸術祭 芸術際 進級制作展 金沢美術工芸大学 電脳博 魔法の美術館 6月のオープンキャンパス 7月のオープンキャンパス 9月のオープンキャンパス

管理

RSS