幸せのお裾分け

レポート, 卒業生, 教員・職員

感無量 たかひこん@デジタルメディアデザインコース

少し身内ネタなのですが、幸せな出来事がありましたのでこの場を借りて報告させていただきます!デジタルメディアデザインコースを卒業した2人が10月31日にめでたく結婚いたしました。2人は学生時代からつき合っていまして、卒業後もそれぞれの道を歩みながらも助け合い励まし合いながら仲睦まじくやって参りました、そしてついに結婚と相成りました、本当におめでとう!

2010_10_31_06 記念撮影の一コマ 2010_10_31_03 指輪をニコが持っているというニクい演出

ちょうど3年前に卒業した彼等のクラスはとても仲のよいクラスで、いまも事あるごとに学校に来てくれます、そしてなにより今回の披露宴、二次会にクラス全員が集まるというミラクルな出来事も彼等ならではです、本当にうらやましいクラスです、なによりデジタルメディアデザインコースの卒業生達として誇りに思います。

2010_10_31_09 ボスのあいさつ 2010_10_31_11 ケーキカット

式場の新郎新婦の指輪を持っていたのは新婦が卒業制作で作ったコマ撮りアニメーションの人形「ニコ」でした、ニコもウエディングドレス姿でした。それにケーキには4年前クラスで制作したドラマ「おれくまんち」のくまのお菓子が乗っかっていました、もう随所に学生時代の思い出がちりばめられているニクい演出もたくさんあり、ボスの目にも涙でした。

2010_10_31_04 新婦の卒業制作作品「ニコ」で使われた人形がウエディングドレスを着てました 2010_10_31_12 ケーキの上に学生時代に作ったドラマのキャラのクマが! 2010_10_31_52 卒業制作展の1カット ニコ 2010_10_31_50 芸術祭にて

二次会では皆が色々考えたサプライズ企画が行われました、そう前回の記事で紹介した平面系ビジュアル系?バンドは、実はこの二次会でお披露目するサプライズ企画だったんです。新郎は1年間だけ平面系研究室でアルバイトをしていた時期があって、職員さんたちと付き合いがあったので、平面系研究室の職員さんから卒業生、それにボスまで参加するというコースを超えた異色バンドが結成されました(笑)演奏も盛り上がって最高の二次会となりました!

2010_10_31_33 サプライズで新婦に歌っていただきました 2010_10_31_40 実はこれも新郎に秘密で企画(笑)突然前に出て歌うのです!でもしっかり歌えててカッコよかったよ!

クラスメイトをはじめ学校関係のこんなにも多くの方にお祝いしていただいた二人はとても幸せだと思います。なにより手前味噌ですが、そんな仲を築く事ができたデジタルメディアデザインコースを本当に誇りに思います。

最後に公式ブログで少し身内ネタ過ぎましたことをお許しください、最後まで読んで下さった方ありがとうございます。皆様にも幸せが訪れますように!

デジタルメディアデザインコース とやまたかひこ





mixiチェック

Back(戻る)Top<(トップへ)

春日井ここが好き!コンテスト・授賞式

イベント・展覧会, レポート, 教員・職員

おめでとう! たかひこん@デジタルメディアデザインコース

10月23日(土)に文化フォーラム春日井にて「春日井ここが好き!コンテスト<お店の建物編>」の表彰式が行われました。デジタルメディアデザインコースのボスこと渡邊敏之先生はこのコンテストの審査員として参加、審査の模様は以前このブログで紹介しました。

今年は「まちのイメージを良くしていると思う店舗の外観」を描くというテーマで行われました。会場には入賞作品が展示されていましたが、皆それぞれおもいおもいの表現で作品を描いていて力強さを感じました。

pa234534 pa234587

表彰式では伊藤太春日井市長より表彰状授与が行われ、その後審査員からの講評発表がありました。もちろん我がボス渡邊先生からも受賞されたみなさんへの講評がありました。
受賞したみなさんおめでとうございました!

pa234581 pa234562




mixiチェック

Back(戻る)Top<(トップへ)

みそのアートワールド2010

3年生, 4年生, イベント・展覧会, レポート

ワークショップって楽しい たかひこん@デジタルメディアデザインコース

伏見区にある御園小学校で行われた「エレファント」による小学生向けワークショップ「みそのアートワールド2010」へ行ってきました。
今回のワークショップを担当した「エレファント」はデジタルメディアデザインコースに講師として来て下さっている小林桂子先生と上山朋子先生が参加されているグループで、前回も御園小学校で「みそのムービーを作ろう」ワークショップが行われていましたよね(こちら参照

朝から小学生達は作品制作と設置を行ったみたいで、デジタルメディアデザインコースの学生も何名かスタッフとして手伝に行ってました、学生達のtwitterのつぶやきを読む限りなかなか楽しくパワフルな制作だったみたいですね。

2010_10_22_01 新聞紙で出来たタワーがシンボル 2010_10_22_02 体育館いっぱいを使ったワークショップの展示

わたくしたかひこんは午後に現場に行ったので、すでに展示時間となってました、体育館全体を使って色々な作品が展示されていてエネルギッシュでしたよ、真ん中には新聞紙で出来た大きなタワーがそびえています、そしてその周りには長く帯び状になった映像のコマと音声を記録した磁気テープが何本も張り巡らされていました。

映像の隣にある磁気テープの上を車輪の付いたデバイスを走らせると、なんと音声が再生します、そうつまりコマで帯になってる映像の音をこの装置で聞く事が出来るのです!もちろん走らせるスピードで再生する音のスピードも変化します、身体の動きそのものが音声の再生に直接結びつくインターフェースはなんだか新鮮で面白かったです。

2010_10_22_04 車輪の付いたデバイスで磁気テープのトラックを走らせると音が再生されます 2010_10_22_05 運動場に白線を引く懐かしい感じがまた良いですねぇ

最近は音楽などはメモリに記録するので、磁気テープに記録したアナログ信号のカセットテープはほとんど姿を見なくなりましたね、今の小学生達はこの技術そのものを知らないかもしれませんが、身体的な体験で音が再生されるという物理的な運動とインタラクションは、技術を知らなくても楽しむ事が出来てとても面白いと思います。また、逆に僕たちのような年齢だと磁気テープを知ってるので、物理的に音が書き込まれたテープの上を走らせる感じがとても興味深かったです。

ペットボトルを使ったアニメーション装置はなんと跳び箱を利用してました、なかなか動いているように記録するのが大変でしたけど、なんとも小学校らしい(笑)





mixiチェック

Back(戻る)Top<(トップへ)

新聞に載りました

お知らせ, レポート

忘れた頃にやって来る、一ヶ月前の事だけども・・ たかひこん@デジタルメディアデザインコース

新聞社からの許可はもらっていたのですが、少し放置気味になっていたため報告がかなり遅くなりましたが、実は9月28日付けの中日新聞西濃版にスイッチの「まわる、うつる、ひろがる」の写真が掲載されていました!

newspaper_make01

記事の内容は同日大垣市内で行われていた「おおがきビエンナーレ」についての事ですが、その関連イベントとして「Make: Ogaki Meeting」が紹介されています。

そしてその紹介用の写真としてなんとスイッチの「まわる、うつる、ひろがる」が使われています。
メーテレさんといいNHKさんといい、何故かマスメディアに画が使われます。なんでしょうね、見栄えがいいのでしょうかね?(笑)でもこうやって紹介されて嬉しい限りです。しかし写真に写り込んでる僕の間抜けな顔ったら無いですねぇ・・・独楽を回している子供達に説明してくれてるアマイケさんの笑顔が素敵なだけに余計間抜け加減がね・・・。

関連記事はこちら。
https://www.nzu.ac.jp/blog/digital/archives/3388
https://www.nzu.ac.jp/blog/digital/archives/3429





mixiチェック

Back(戻る)Top<(トップへ)

Make:Ogaki Meeting・1日目

イベント・展覧会, レポート, 研究

凄い展覧会だと思った・・たかひこん@デジタルメディアデザインコース

今日から2日間、大垣市のソフトピアジャパンでMake:Ogaki Meetingが開催されています、名古屋造形大学からは大学名こそ出ていませんが、デジタルメディアデザインコースで編成している制作グループ「スイッチ」が独楽のインタラクティブ作品「まわる、うつる、ひろがる」を出品しています。

2010_09_25_03 Make:Ogaki Meeting 2010_09_25_01 Make:Ogaki Meeting

Makeは東京で開催されて来ましたが、今回東海地方で初開催。電子デバイス系を中心としたガジェット作品の見本市みたいな感じで、個人、学校、企業、などなどそれぞれの立場で様々な物が出展されていてなかなか面白い展示です。今回初めての出展ですが、なかなか面白いので本家東京のMake:Tokyo Meetingにも参加してみたいと思いました。

2010_09_25_04 Make:Ogaki Meeting 2010_09_25_02 Make:Ogaki Meeting

メディアアート系でもそうですが、美術というくくりの展示、例えば美術館などでは決してこのような感じの展示は出来ないでしょうね、それに美術館とかでやるよりよっぽどお客さんが多くて多数の方に作品を体験していただけます、さらに皆ものつくりを楽しんでいるだけあって、作品に対しての仕組みや発想などかなり色々聞いてこられます、説明しがいがあって面白いです。なにより皆さんの反応から作品の欠点や修正すべき点がよく見えて次へ繋げる良い刺激となりますね、展示は明日1日しかありませんが、美大芸大のデザイン系、とくにメディア系が好きな学生や受験を考えている高校生にとってはかなり楽しめると思いますので、是非来てみてください!

そうそう、今日はデジタルメディアデザインコースの学生達も結構来てくれました、観に来てくれた皆ありがとう。





mixiチェック

Back(戻る)Top<(トップへ)

文化庁メディア芸術祭 京都展に行ってきました

レポート, 教員・職員, 研究

そうだ京都へいこう!再び たかひこん@デジタルメディアデザインコース

8月末に京都に行ったばかりですが5日の日曜日にも京都へ行ってきました、目的は「文化庁メディア芸術祭 京都展」今回の展覧会は京都芸術センター京都国際マンガミュージアムの2つの施設で行われていて、主にメディアアート系の作品が京都芸術センターで、マンガ作品が京都国際マンガミュージアムで展示されていました。

京都芸術センターは元明倫小学校を改装したもので、当時のおもむきをそのまま残した風情ある建物、センターでは芸術の総合的な振興や芸術活動に対する支援などを行なっています。今回の京都展で展示された作品は主に歴代のメディア芸術祭で賞を取ったメディアアート作品から選別された物の実物展示と、映像作品の上映が行われていました。東海エリアでは特にメディアアート作品が実装展示されているような展覧会が少なく、その多くは関東方面が多い事から、なかなか観る機会も少ないのですが、今回は京都と言う事で気楽に日帰りで行ける距離、なので制作の合間をぬって行ってみました。

2010_09_05_01 京都芸術センター 2010_09_05_03 古い小学校を改装して利用されている、なかなかおもむきのある施設

京都芸術センターの展示は建物の雰囲気とデジタル技術を使った作品がなんとなくミスマッチな感じで逆に新鮮で良かったですね、特に畳の和室に作品が点在している感じがとても面白かったです。作品も文化庁メディア芸術祭の歴代の入賞作品とあって興味深いものばかり、是非デジタルメディアデザインコースの学生には観ておいて欲しいと思いました(時間があったら行くように!)

2010_09_05_11 和室に展示されたメディア作品、いい感じです 2010_09_05_10 『Parallel Lives』安藤 英由樹, 草地 映介, 渡邊 淳司

京都国際マンガミュージアムも元龍池小学校を改装した建物で、日本の歴代のマンガから世界のマンガまで様々な作品が展示されています、もちろん実際に手に取って読めるマンガも大量にあって、ミュージアム内はマンガを読む人達であふれていました。こちらの文化庁メディア芸術際の展示は主にマンガ作品で、作品の原画やネームが展示されていました。こちらはマンガコースの学生にミュージアムも作品も両方みておいて欲しいなと思いました。





mixiチェック

Back(戻る)Top<(トップへ)

あいちトリエンナーレ、スタートしましたね

レポート, 研究

芸術は祭典だぁ! たかひこん@デジタルメディアデザインコース

今日から「あいちトリエンナーレ」がスタート、ついにここ愛知県でも大掛かりな美術の祭典が開催されました、名古屋造形大学のお膝元という事もあるので、わたくしたかひこんも行ってきました。

2010_08_21_01

あいちトリエンナーレ」で展示されている作品は、いわゆる現代美術と呼ばれています、美術の世界にも色々な動向があるのですが、現代美術はその中でも前衛的表現が中核をなしていて、今の美術の最先端の領域になると思います。そんな作品を世界、とくにアジア圏から有名作家も含めて一同に名古屋市内に集めて開催された今回のトリエンナーレは、これから美術や美大芸大を目指す高校生達にとってもとても刺激になる事間違いなし!もちろん名古屋造形大学の現役生にとってはこれほど恵まれた事は無いと思います!

展覧会の善し悪しや作品の善し悪しではなく、美術という世界、とくに少し分かりにくい現代美術という世界がどんなものなのかとか、作家の姿勢や苦労、展示の方法や運営の方法など、表現者としてのノウハウなどかなり色々な面で勉強になるので、是非とも在学生には何回も足を運んで観て欲しいと思います。デジタルメディアデザインコースの学生も「デザインコースだから」とかでは無い視点で観てくれると良いなと思います。

2010_08_21_02 2010_08_21_03

そうそう「あいちトリエンナーレ」を観て、現代美術に興味が出たとか、作家になりたい!なんていう受験生達にとって朗報があります!我が名古屋造形大学になんと現代美術を専門領域にする「コンテンポラリーアートコース」が来年度から開設されます、大事な事なんで2回言います「コンテンポラリーアートコース」が来年度から開設されます!なんてタイムリー。コンテンポラリーとは「現代的な」という意味がありまして、コンテンポラリーアートとはつまり現代美術の事を言います。コンテンポラリーって聞いた事ないよ?って人はちょっと良く分からなかったかもしれませんが、現代美術の事なんです、ほら、これで分かったでしょ!さぁそこのあなた作家とかどうですか! あ、もちろんデジタルメディアデザインコースにも来ていただかないと困る訳ですけどね(笑)でも最先端のデザインと最先端の美術がある大学なんて面白いと思いません?

わたくしたかひこんは実は現代美術とかも好きでして、美術とデザインのコラボレーションとか考えると、いまからワクワクしてしまいます!せっかく地元で行われているトリエンナーレですので、今後も何回か足を運んでブログで紹介していきたいと思います。





mixiチェック

Back(戻る)Top<(トップへ)
← Previous PageNext Page →
85 / 89« 先頭...102030...8384858687...最後 »

最近の投稿

ニュース&トピックス

ギャラリー

 
2009_09_12_19 2010_02_08_03 2010_09_26_08 2012_04_10_12 2012_11_11_04 2013_03_15_1_12 2013_03_23_01 2013_09_10_31 2013_09_10_2_25 2013_11_24_01 2014_11_10_10 2014_12_20_03 img_1539 img_2106 img_6996 IMG_8750 2009_08_31_05 2010_10_10_14 2012_10_08_26 2012_06_23_27

リンク

スタッフのつぶやき

FaceBook

バナー画像 コースパンフレット

カレンダー

2020年10月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

カテゴリー

タグクラウド

AO入試 Arduino dialogue Digital Media Design Exhibition Digital Media Design Exhibition 2015 IAMAS Illustrator iPad Kinect NODE PROLOGUE EXHIBITION Prologue exhibition 2012 Prologue exhibition 2014 Prologue展 SUPER LECTURE switch twitter USTREAM youtube あかりの明治村 だなも なげる、あてる、ひろがる はち丸 まわる、うつる、ひろがる ゆめたろうプラザ アニメーション アニメーション制作 インフォアニメディア オープンキャンパス グラフィックデザイン コースプロモーション ザビエル天主堂 スイッチ スタジオ撮影 スーパーレクチャー セカンドライフ デジタルメディアデザインコース デジタルメディアデザインコース展 デジタルメディアデザイン展 デジタルメディアデザイン展2011 デジタルメディアデザイン展2012 バイオメディカルインターフェースワークショップ ピアサポート プレゼンテーション プロジェクションマッピング プロダクトデザインコース共同授業 レーザーカッター ワークショップ 中間審査 他者紹介 入学式 入試 入試相談会 制作風景 卒展 卒業 卒業・修了記念パーティー 卒業制作 卒業式 受験 名古屋市民ギャラリー矢田 名古屋造形大学卒展 名古屋開府400年 名古屋音楽大学 夏のオープンキャンパス 夏休み 大名古屋電脳博2017 大名古屋電脳博覧会 妻有アートトリエンナーレ 宵の明治村 宵街映写 展示台 展示台制作 愛知県児童総合センター 打ち合わせ 授業風景 搬入 搬出 撮影 文化庁メディア芸術祭 文化庁メディア芸術祭 愛知展 新入生研修 明治村 木工工作 汗かくメディア 浦沢直樹 秋のオープンキャンパス 第10回大学院修了展 第18回名古屋造形大学卒展 第21回名古屋造形大学卒展 第19回名古屋造形大学卒展 芸術祭 芸術際 進級制作展 金沢美術工芸大学 電脳博 魔法の美術館 6月のオープンキャンパス 7月のオープンキャンパス 9月のオープンキャンパス

管理

RSS