グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



入試情報

ホーム >  入試情報 >  出願資格・書類・奨学生制度 >  選抜・領域に関するQ&A

選抜・領域に関するQ&A



選抜について

自分の高校に指定校が出ているか教えてください

7月中旬以降、高校の進路指導に伺うか、もしくは個別進学相談にてご質問ください。本学の指定校の基準はこちらに記載しておりますが、高校によっては独自の基準を設けている学校もありますので、詳細については必ず高校の進路指導部にお訊ねください。

前年度の受験者数・合格者数を教えてください

公表できるものに関しては、すべて入学者選抜結果に記載しております。例年6月中旬に最新情報を公開予定です。

前年度の過去問題を知りたいです

こちらより、受ける入試に合わせてご確認ください。また、昨年以降の過去問題については、今後のイベントにて問題の配布や合格作品の紹介を行う場合がございますので、各自イベント内容をチェックしておいてください。

選抜内容を具体的に教えてください

こちらをご確認ください。基本的にはこれ以上の情報を公開することはできません。
不明点などを個別に質問されたい場合は、個別進学相談をご活用ください。

総合型選抜・専願でも不合格(エントリー不可)になる可能性があるのでしょうか?

はい。選抜ですので、結果によって不可になる可能性がございます。
選抜に対する不安や不明点があれば個別進学相談をご活用ください。

領域について

領域の違いがわかりません…

本学は、技術や授業内容で領域を分けておらず、考え方・取り組む姿勢で領域を編成しており、新しい時代の自分の未来に向け、先進的なチャレンジが可能となっております。簡易紹介動画もございますので、こちらをご参考ください。
また、イベントへの参加もご検討ください。指導する教員と合うか合わないかも重要となりますので、ぜひ個別進学相談などを活用して先生方とお話をしてみてください。

どこの領域を受けるか迷ってしまいます…

大学は高校までと異なり、自ら考え、研究や制作を行う教育機関です。とは言っても、領域がたくさんあるので迷ってしまいますよね。
それで大丈夫です、たくさん迷ってください。そうして、少しずつ自分のやりたいことが何か、オープンキャンパスや一日体験入学などで"教員"と"学生"と"作品"に触れ悩んでみてください。名古屋造形大学は、皆さんの前向きな気持ちや姿勢を応援・サポートいたします。
また、指導する教員と合うか合わないかも重要となりますので、個別進学相談などを活用して先生方とお話をしてみてください。

出願書類について

入試要項はどこで貰えますか?

学部受験生向けのものは資料請求よりお願いいたします。
編入・転入・大学院を希望される方は、受験生フォームよりお申し込みください。

志願票や受験票を間違えてしまったのですが…

間違えた個所を書き直していただければ問題ございません。二重線や修正テープなどで適宜訂正してください。

出願期間は消印有効ですか?

いいえ、必着になります。出願期間の最終日には、必ず本学に届くように提出書類をお送りください。

締切前日に提出書類を送る予定ですが、間に合いますか?

到着日は送る地域等の条件により異なります。必ず出願締切日までに到着するよう、余裕を持って準備してください。

一般選抜と大学入学共通テスト利用選抜の2つを受ける場合や、2回目以降の出願をする場合、調査書は2部必要ですか?

1部のみで大丈夫です。出願期間が異なる場合であっても、既に一部お送りしていれば二部目をお送りする必要はございません。

一般選抜と大学入学共通テスト利用選抜の2つを受ける場合、志願票裏面に記入する志望理由書は2枚とも書かなければいけませんか?

1枚のみで大丈夫です。できれば、一般選抜志願票の裏面にご記入ください。

出願書類やクリエイティブチャレンジ志願票の宛名はどこですか?

名古屋造形大学 入試・広報センター になります。

出願の際の封筒は指定のものしか使えませんか?

紛失した場合や2回目以降出願される場合は、各自市販の封筒をご準備願います。
その際、必ず"書留速達"で出願期間や必着日を間違えないよう、名古屋造形大学 入試・広報センターまで送付してください。

直接窓口で出願書類の受け取りや提出は可能ですか?

可能です。ただし、次の時間内での受付となります。
出願期間内 平日(月~金)
9:00-16:00
※事務休止期間を除く

外国人留学生です、卒業証明書と成績証明書の翻訳はどうしたらいいですか?

大使館や総領事館、翻訳会社、日本語学校に頼んで翻訳してもらいましょう。証明をもらう場合は、必ず翻訳責任者の氏名もしくは会社名が記載され、公印が押されたものを提出してください。本人が翻訳したものは、不備書類の扱いとなり、受理できません。

外国人留学生です、原本書類が出願期間内に提出できません。どうすれば良いですか?

いかなる理由があっても、原本の確認が出来ない場合は受験することができません。前もって提出できるように準備をお願いいたします。
また、ご提出いただいた原本に関しましては、入学者選抜の出願受付後に返却が可能です。

学費・検定料について

検定料・学費はネットバンキングで支払うことは可能ですか?

可能です。入学検定料納付欄に支払完了画面を保存・スクリーンショットしたものを印刷して貼り付けてください。
学費の場合、ネットバンキングの備考欄に受験番号・受験者氏名を入力してください。送金が完了しましたら、電話にて入試・広報センターまでその旨をご連絡ください。

第二志望領域を選択する際、追加で検定料を納めなくてはいけないでしょうか?

追加で納める必要はありません。迷っている方や、合格の可能性を広げたい方は、第二希望まで設定されることをおすすめいたします。第二志望を設定することにより第一志望の合否に影響が出ることは一切ございませんのでご安心ください。また、第一志望と第二志望は同じ領域を設定できません。

その他 Q&A

高校3年生ですが、今から美大を目指してもいいのでしょうか?

もし、目指したい未来や興味のある世界が美術やデザインに関わることであるならば、いいのではないでしょうか。やりたいことをやり始めるのに時期も年齢も関係ありません。
ですが、デッサンなど実技に自信がない学生さんもいらっしゃると思います。名古屋造形大学では、高校までの勉強を頑張ってきたけれども、まだ美術やデザインに触れたことがない学生の皆さんを応援する学科の入学者選抜の導入や、入学後にサポートしていくカリキュラムをご用意しております。まずは入学者選抜を乗り越え、入学後たくさん制作をしていきましょう。

就職状況について教えてください

大学案内もしくは就職についてをご参照ください。

大学の見学をしたいのですか…

基本的にはオープンキャンパスや一日体験入学などをご活用いただき、もし個別見学を希望される場合は、平日の希望日時を第3候補まで検討し、入試・広報センターまでお電話ください。また、入試前一週間は入校禁止になりますので見学ができません、ご了承ください。

寮はありますか?

ございません。下宿・周辺施設についてはこちらをご確認ください。移転後も寮の設置は検討しておりません。

授業時間は何分ですか?

こちらのタイムスケジュールをご確認ください。

工房はいつ開いていますか?普段の時も利用できますか?

申請すればいつでも使用することが可能です。課題制作以外の自主製作でも使用することができますので、ぜひ積極的にご活用ください。
また、移転後は工房のシステムや内装が変更しますので、続報をお待ちくださいませ。工房についてはこちらをご確認ください。