グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



入試情報

ホーム >  入試情報 >  出願資格・書類・奨学生制度 >  選抜・領域に関するQ&A

選抜・領域に関するQ&A



新型コロナウイルス関係について

試験は予定通り実施するのですか?

こちらをご確認ください。
試験を受ける際は、マスクの着用、入校時のアルコール消毒、検温を行うことを義務付けさせていただきます。

新型コロナウイルスの関係で試験に変更が出た場合、どこに発表されますか?

試験日程や内容に変更が出た場合は、必ずWebサイトに公表いたします。
また、変更が出た時点でインターネット出願手続き済みの受験生に関しましては、登録いただいたメールアドレスに連絡させていただきます。メールアドレスに変更がある場合は、名古屋造形大学 入試・広報センター(koho@nzu.ac.jp)までご連絡ください。

レポート発表やプレゼン・面接など、昨年同様、会場で開催する予定でしょうか?

現在のところ昨年同様に開催予定ですが、マスクの着用、入校時のアルコール消毒、検温などを義務付けさせていただきます。
また、受験する人数によっては、少人数で行うことも検討しております。

選抜について

前年度の受験者数・合格者数を教えてください。

公表できるものに関しては、すべて入学者選抜結果に記載しております。合格率などは、入試を受ける受験生の人数や皆さんの試験結果によりますので、決まっておりません。入試結果については、例年6月中旬に最新情報を公開予定です。

選抜内容を具体的に教えてください。
出題する問題の傾向などはありますか?

こちらをご確認ください。基本的にはこれ以上の情報を公開することはできかねます。個別に質問したい内容がある場合は、オープンキャンパスや個別相談などにお申込みいただき、教職員にお訊ねください。また、対策講座やオープンキャンパスなどで追加公表できる情報を発表する場合がございます。

前年度の過去問題を知りたいです。

こちらより、受験される選抜内容に合わせてご覧ください。また、昨年以降の過去問題については、今後のイベントにて問題の配布や合格作品の紹介を行う場合がございますので、随時イベント内容をご確認ください。

自分の高校に指定校が出ているか教えてください。

7月中旬以降、高校の進路指導にお訊ねください。本学の指定校の基準はこちらに記載しておりますが、高校によっては独自の基準を設けている学校もありますので、詳細については必ず高校の進路指導部にお訊ねください。

試験の配点を教えてください。

こちらより、受験される選抜のWebページをご確認ください。

出願する条件などはありますか?

出願資格についてをご確認ください。これらを満たし、期限内に手続きを進めていただければ、受験が可能です。

要項やWebサイトに掲載している問題文・テーマは、当日の問題文ですか?

いいえ、違います。映像文学領域・情報表現領域で公開している問題文やテーマ、イメージ表現のテーマについては、過去のものとなっております。問題文やテーマを事前に公表することは行っておりません。地域社会圏領域・空間作法領域のレポートについては事前提出となりますので、課題を公表しております。過去の作品などを参考に、オリジナルのレポートを作成してください。

総合型選抜・専願でも不合格(出願不可)となる可能性があるのでしょうか?

はい。選抜ですので、試験結果によっては出願不可となります。
個別に質問したい内容がある場合は、オープンキャンパスや個別相談などにお申込みいただき、教職員にお訊ねください。

総合型選抜・専願と併願、もしくは指定校を併せて受けることは可能ですか?

総合型選抜・専願と総合型選抜・併願は試験日程が異なりますので、受験が可能です。最後まで諦めず、挑戦してください。
指定校に関しても同様ですが、指定校の場合は高校の進路指導に必ずご相談ください。

面接を同時に行う人数について教えてください。

受験者数にもよりますが、例年ですと3~5名程度で行います。
外国人・海外帰国生徒・社会人入学者選抜の場合は異なります。

受験時の服装指定はありますか?

ありません。服装は自由です。

クリエイティブ奨学生の選考はデッサン試験以外でも受けることができますか?

はい、可能です。ただし、合格後にクリエイティブ奨学生を目指してクリエイティブチャレンジを受ける場合は、デッサン試験のみの選考となります。

第二希望を記入すると、第一志望の合否に影響が出るのでしょうか?

いいえ、第二志望を設定することにより第一志望の合否に影響が出ることは一切ございませんのでご安心ください。また、第一志望と第二志望は同じ領域を設定できません。第一志望の判定の結果、不合格となってしまった場合に、第二志望を設定されている方は第二志望での合否判定を行います。第一志望の他に迷われている領域がある方は、ご記入されることを推奨いたします。

オープンキャンパスや対策講座、相談会などのイベントに参加すると、試験が有利になるのですか?

本学主催のイベントへの参加状況が試験の成績に直接的に響くことはございません。ただし、様々な情報発信を行っており、また、実際に教員と話して疑問を解決することができるので、受験を検討している学生は一度は参加されることを推奨しております。

絵に関する勉強をしたことがないのですが、合格できるのでしょうか?

作品を制作する形式の受験を検討される場合、当然ですが作品での判定を行います。選抜によっては、面接やワークショップに取り組む姿勢も試験に入っております。詳しくは各選抜内容をご確認ください。作品に関しましては、過去の合格作品や参考作品を基に試験対策を行ってください。勉強と同じく、実力が及ばなければ、合格することはできません。時間をかけて、様々なものを観察して描写し、基礎力の向上を図ってください。学科のみで受験される場合は、特に描写力は関係ありません。

出願書類について

入学者選抜要項はどこで貰えますか?

紙媒体の学部受験生向けのものは資料請求よりお願いいたします。
編入・転入・大学院を希望される方は、受験生フォームよりお申し込みください。完成次第お届けいたします。

エントリー書類・出願書類はどこで貰えますか?

今年からインターネット出願に変更となりましたので、まずは出願期間中にインターネット出願よりお申込みください。その後、入力を進め手続きを行われますと、書類の印刷が可能となります。各自印刷して必要な情報を記入していただき、郵送願います。
大学院・外国人・海外帰国生・社会人・編入転入の受験生は、インターネット出願サイトでダウンロードする書類に加え、各自準備が必要な書類がございますので、こちらよりご参照ください。

総合型選抜・専願のエントリー時に送る書類を教えてください。

以下のPdfファイルをご確認ください。

志願票や受験票を間違えてしまったのですが…

既にデータとして入力し、印字されたものを変更する場合は、エントリー・出願期間内に入試・広報センター(koho@nzu.ac.jp)まで変更箇所の詳細をご連絡願います。手書きで間違えた個所に関しましては、書き直していただければ問題ございません。二重線や修正テープなどで適宜訂正してください。

志望理由書の記述内容や文字数を教えてください。

学部の志望理由書については以下をご参照ください。

総合型選抜・専願のレポートは折り曲げて郵送して良いですか?

構いません。読むことが可能であれば、問題ありません。

出願書類はなにで書けば良いですか?印刷でも良いですか?

手書きの場合はボールペンなどの消えないペンでご記入ください。フリクションなどの消えるペン、鉛筆などの利用は避けてください。
また、手書きでなく、印刷でご記入していただいても構いません。

出願期間は消印有効ですか?

いいえ、必着になります。必ず出願締切日までに到着するよう、余裕を持って準備してください。

締切前日に提出書類を送る予定ですが、間に合いますか?

到着日は送る地域等の条件により異なります。郵送会社にお訊ねください。必ず出願締切日までに到着するよう、余裕を持って準備することを推奨いたします。

書類の提出はいつ行うのですか?

出願時にお願いいたします。
総合型選抜・専願の出願書類(高校の調査書など)については、エントリー後に試験を受け、出願可となった後に必要となります。詳しくは入学者選抜要項総合型選抜・専願のページをご確認ください。

一般選抜と大学入学共通テスト利用選抜の二つを受ける場合や、二回目以降の出願をする場合、調査書は二部必要ですか?

一部のみの提出で結構です。同年度の入学者選抜を受験する場合であれば、二部目をお送りする必要はございません。

二回目以降の受験の志望理由書は、同様の内容ですがもう一度書かなければいけませんか?

はい。お手数ですが、試験の都度、ご記入をお願い致します。

出願書類やクリエイティブチャレンジ志願票の宛名を教えてください。

〒485-8563
愛知県小牧市大草年上坂6004
名古屋造形大学 入試・広報センター
になります。

出願の際の封筒は何か指定がありますか?

各自市販の封筒をご準備願います。また、送付の際は追跡可能な"書留速達"でお送りください。

直接窓口で出願書類の受け取りや提出は可能ですか?

可能です。ただし、次の時間内での受付となります。
出願期間内 平日(月~金)
9:00-16:00
※事務休止期間を除く

外国人留学生です、卒業証明書と成績証明書の翻訳はどうしたらいいですか?

大使館や総領事館、翻訳会社、日本語学校に頼んで翻訳してもらいましょう。証明をもらう場合は、必ず翻訳責任者の氏名もしくは会社名が記載され、公印が押されたものを提出してください。本人が翻訳したものは、不備書類の扱いとなり、受理できません。

外国人留学生です、原本書類が期間内に提出できません。どうすれば良いですか?

いかなる理由があっても、原本の確認が出来ない場合は受験することができません。前もって提出できるように準備をお願いいたします。
また、ご提出いただいた原本に関しましては、入学者選抜の出願受付後に返却が可能です。

学費・検定料について

検定料・学費はネットバンキングで支払うことは可能ですか?

可能です。入学検定料納付欄に支払完了画面を保存・スクリーンショットしたものを印刷して貼り付けてください。
学費の場合、ネットバンキングの備考欄に受験番号・受験者氏名を入力してください。

第二志望領域を選択する際、追加で検定料を納めなくてはいけないでしょうか?

追加で納める必要はありません。迷っている方や、合格の可能性を広げたい方は、第二希望まで設定されることを推奨いたします。第二志望を設定することにより第一志望の合否に影響が出ることは一切ございませんのでご安心ください。また、第一志望と第二志望は同じ領域を設定できません。

領域について

領域の違いがわかりません…

本学は、技術や授業内容で領域を分けておらず、考え方・取り組む姿勢で領域を編成しており、新しい時代の自分の未来に向け、先進的なチャレンジが可能となっております。例えば、イラストレーターを目指す方は、美術表現領域、映像文学領域、情報表現領域のどの領域にも在学しております。ですが、どの先生に学びたいか、描写力やデザインの能力などの中でどんなスキルに力を注ぎたいか、という点は、人それぞれ異なりますよね。自分がどんな環境でどんな先生と共に研究をしていきたいのか、じっくり考えてみてください。簡易紹介動画もございますので、こちらもご参考ください。
また、イベントへの参加もご検討ください。指導する教員と合うか合わないかも重要となりますので、オープンキャンパスや個別相談などにお申込みいただき、教職員とお話されることを推奨いたします。

将来を迷っており、どこの領域を受けるか迷ってしまいます…

大学は高校までと異なり、自ら考え、研究や制作を行う教育機関です。とは言っても、領域がたくさんあるので迷ってしまいますよね。
それで大丈夫です、たくさん迷ってください。そうして、少しずつ自分のやりたいことが何か、オープンキャンパスや一日体験入学などで"教員"と"学生"と"作品"に触れ悩んでみてください。名古屋造形大学は、皆さんの前向きな気持ちや姿勢を応援・サポートいたします。
また、指導する教員と合うか合わないかも重要となりますので、オープンキャンパスや個別相談などを活用して先生方とお話をしてみてください。

その他 Q&A

高校3年生ですが、今から美大を目指してもいいのでしょうか?

もし、目指したい未来や興味のある世界が美術やデザインに関わることであるならば、いいのではないでしょうか。やりたいことをやり始めるのに時期も年齢も関係ありません。
ですが、デッサンなど実技に自信がない学生さんもいらっしゃると思います。名古屋造形大学では、高校までの勉強を頑張ってきたけれども、まだ美術やデザインに触れたことがない学生の皆さんを応援する学科の入学者選抜の導入や、入学後にサポートしていくカリキュラムをご用意しております。まずは入学者選抜を乗り越え、入学後たくさん制作をしていきましょう。

就職状況について教えてください。

大学案内もしくは就職についてをご参照ください。

大学の見学をしたいのですか…

基本的にはオープンキャンパスや一日体験入学、キャンパス見学会などをご活用いただき、もし個別見学を希望される場合は、平日の希望日時を第3候補まで検討し、入試・広報センターまでお電話ください。また、入試前一週間は入校禁止になりますので見学ができません、ご了承ください。

寮はありますか?

ございません。下宿・周辺施設についてはこちらをご確認ください。移転後も寮の設置は検討しておりません。

授業時間は何分ですか?

こちらのタイムスケジュールをご確認ください。

工房はいつ開いていますか?普段の時も利用できますか?

申請すればいつでも使用することが可能です。課題制作以外の自主製作でも使用することができますので、ぜひ積極的にご活用ください。
また、移転後は工房のシステムや内装が変更しますので、続報をお待ちくださいませ。工房についてはこちらをご確認ください。