1. HOME
  2. 名古屋造形大学について
  3. ZOKEI講師派遣プログラム

ZOKEI講師派遣プログラム

ZOKEI講師派遣プログラムを紹介します!

プログラム内容

講師派遣の主な内容です。本学の教員が出張し、ワークショップや講義をおこないます。
開催予定日時の一ヶ月くらい前を目途にご連絡ください。
ご連絡をお待ちしております。

印刷したい方はPDFをご確認ください。

ワークショップ / 体験型の講座 タイトル一覧

ワークショップ / 体験型の講座 詳細

01 はじめてのデッサン

講師 分野 時間
日時に応じて、調整します(指名も可) 美術・デザイン全般 60分~
内容
【ワークショップ】
この講座では未経験者を対象に、鉛筆の削り方から「カタチ」の取り方まで、基礎の基礎を伝授します。また、美大受験では何故デッサンが課されるのか、その歴史やデッサンを課す意図なども説明し、講師と一緒にデッサンのはじめの一歩をすすめてみましょう。
準備物
【会場校準備物】
黒板 / カルトン / イーゼル等
(デッサンを行える環境)

【受講生準備物】
鉛筆 / カッター / 消し具
(デッサン用の道具/持っていない方には本学より貸出が可能です)

【本学準備物】
M画用紙 / 下描用紙
参考作品等

02 デッサン・トレーニング(初級・中級・上級)

講師 分野 時間
日時に応じて、調整します(指名も可) 美術・デザイン全般 60分~240分
(本学の出題は180分)
内容
【ワークショップ】
美術系大学の入試で必要とされる“デッサン”。本学の入試でも、課されるコースがあります。この講座では、モチーフを設定し、出題の意図などを解説しながら、デッサンのトレーニングを行います。
準備物
【会場校準備物】
黒板 / カルトン / イーゼル等
(デッサンを行える環境)

【受講生準備物】
デッサン用の道具(持っていない方には本学より貸出が可能です)

【本学準備物】
M画用紙 / 下描用紙
参考作品等

03 日本画材を使ってみよう

講師 分野 時間
濱田樹里 美術、日本画、絵画 60分~
内容
【ワークショップ】
日本画を体験するワークショップ。日本画材についての説明、絵の具の作り方、箔張りなどを行います。墨を使った模写、鳥獣戯画などの模写を行います。
※材料準備・手配の為、1ヶ月前に申し込みが必要。
※受講者20名以内での実施となります。
準備物
【会場校準備物】
なし

【受講生準備物】
細みの筆(面相筆)、ぞうきん、水入れ

【本学準備物】
各種材料

04 だれでもピカソ「なんちゃってキュビズム」

講師 分野 時間
平林 薫 洋画・コンテンポラリーアート 45分~
内容
【ワークショップ・講義】
ピカソの手法、キュビズムの解説とそのしくみを体験します。人物のグラビア写真を用意し、受講者が切り貼りすることで空間をずらし、簡単な抽象表現によるコラージュ制作を行います。
抽象の難解であるという概念をはずし、おもしろさを伝えます。具象表現から抽象へ、プロジェクター(教室が暗くなることが必要) で資料を提示し解説、手ほどきをします。
準備物
【会場校準備物】
プロジェクター、スクリーン、延長コード等 暗くなる部屋

【受講生準備物】
カッターナイフ、はさみ

【本学準備物】
ノートPC、コネクター、テキスト、人物写真のカラーコピー、台紙、のり、マーカー(黒、赤、青等)

05 絵画と写真をつなぐブラックボックス“カメラオブスクラ”

講師 分野 時間
小林亮介 コンテンポラリーアート・写真 45分~90分
内容
【ワークショップ】
皆さんが普段使っているカメラの語源をご存じですか?実は「カメラオブスクラ(暗い部屋)」という言葉の「カメラ(部屋)」の部分だけが今に残ったものなのです。45分授業ではカメラオブスクラが美術の歴史に与えた影響についてお話しします。また、90分授業では、レクチャーの後で、実際にカメラオブスクラ を作っていただきます。驚きの発見がたくさんあると思います。
※材料準備・手配の為、1ヶ月前に申し込みが必要。
準備物
【会場校準備物】
なし

【受講生準備物】
筆記用具

【本学準備物】
カメラの展開図に基づいて切り抜いた段ボール、トレーシングペーパー、黒色布ガムテープ、セロハンテープ、虫メガネ

06 人物・キャラクターの描き方

講師 分野 時間
加藤雄一 マンガ 45分~
内容
【ワークショップ】
立体・空間・人間の構造を考えた人物やキャラクターの描き方を説明し、実際に描くことを体験するワークショップです。
準備物
【会場校準備物】
なし

【受講生準備物】
筆記用具、制作用紙(クロッキー帳、ノートなど)

【本学準備物】
制作用紙

07 マンガ原稿・ネーム相談

講師 分野 時間
マンガコース教員 マンガ 60分~
内容
【ワークショップ】
マンガを独学で描いている人、自分のマンガを見てもらいたい人、マンガをどこかに投稿したいと思っている人に対し、マンガコースの教員が個別にマンガやネームの相談にのる講座です。コマ割りの方法、ストーリーの展開など、マンガを制作する上でのポイントや疑問点などもお尋ねください。(オープンキャンパスなどでも実施しております。どうぞご持参ください。)
また、本学のマンガコースでは、入試に於いて必ず「マンガを描く」ことが課されますので、入試対策としても活用いただけます。
※受講者5名以上での実施となります。
準備物
【会場校準備物】
なし

【受講生準備物】
マンガ原稿、ネーム等マンガ作品

【本学準備物】
なし

08 CGアニメーションの制作

講師 分野 時間
辻伸也 アニメーション 60分~
内容
【ワークショップ】
パソコンを使ったアニメーション制作のワークショップです。初心者も楽しくアニメーション制作を行うことが出来ます。またTVアニメのプロの制作現場で使われる制作ソフトも紹介します。
※受講者15名以内での実施となります。
準備物
【会場校準備物】
プロジェクター、スクリーン、延長コード等 暗くなる部屋

【受講生準備物】
筆記用具

【本学準備物】
ノートPC、コネクター、その他

09 気持ちを伝えるスタンプデザイン

講師 分野 時間
渡邊敏之 メディアデザイン
コミュニケーションデザイン
45分~90分
内容
【ワークショップ】
スマートフォンのLINEやTwitterなどのコミュニケーションツールは、家族や友達の間でのコミュニケーションツールとして当たり前になっています。これらのアプリの特徴は、文字で伝え合うだけでなくスタンプや絵文字などの「テキスト以外」の表現が、言葉のように気持ちを伝えるために使われていることです。しかし、伝えたい気持ちにぴったり合ったスタンプはありますか?このワークショップでは、相手に正しく伝えるためには、デザインする時にどのようなことに注意する必要があるのかを考えながら、自分の気持ちを伝えるスタンプをデザインします。
準備物
【会場校準備物】
プロジェクター、スクリーン、延長コード等

【受講生準備物】
鉛筆(できればB以上の濃さでシャープペンでない方が良い)

【本学準備物】
ノートPC、コネクター、簡易カメラスキャナ、A4サイズコピー用紙(1人当たり3~5枚)

10 デジタル技術による”仕掛け”が”驚き”を提供します
-インタラクティブコンテンツの今とこれから-

講師 分野 時間
外山貴彦 メディアアート 45分~
内容
【ワークショップ】
芸術の世界ではインタラクティブコンテンツやメディアアートと呼ばれる観客参加型の表現や作品があります。そういったデジタル技術は常に進化し、その技術や表現は今までにない”驚き”を提供しています。また、このような技術や表現を応用したプロジェクションマッピングや、音楽ライブ等での演出なども最近よく見かけるようになり、多彩な”仕掛け”や”驚き”が観客を魅了しています。この講座ではデジタル技術を応用した”仕掛け”を解読しながらインタラクティブコンテンツ制作の現場や作品を紹介し、皆さんにその一部を体験していしていただき、これからの”仕掛け”や”驚き”を産み出す次世代のクリエイターへの夢を抱いてもらえたらと思います。
準備物
【会場校準備物】
プロジェクター、スクリーン、延長コード等 暗くなる部屋

【受講生準備物】
筆記用具

【本学準備物】
ノートPC、コネクター、その他

11 プロジェクションマッピングを体験してみよう

講師 分野 時間
外山貴彦 メディアアート 120分~
内容
【ワークショップ】
最近社会をにぎわせているプロジェクションマッピング。建物や物などの立体物にプロジェクターによって映像を投影し、あたかもその建物や物が変化しているように見せる疑似立体表現の1つです。このワークショップでは、立体物に実際に映像をプロジェクターで投影し、映像の補正や加工をしながら、プロジェクションマッピングが出来るまでを疑似体験し、マッピングの面白さや、その技術を知っていただくことができます。
準備物
【会場校準備物】
プロジェクター、スクリーン、延長コード等 暗くなる部屋

【受講生準備物】
筆記用具

【本学準備物】
ノートPC、コネクター、その他

12 Aruduinoとプログラムによる”ひかる、うごく、ひろがる!”を作ってみよう

講師 分野 時間
外山貴彦 メディアアート 60分~
内容
【ワークショップ】
美術大学でプログラム?と思った方も多いかもしれませんが、コンピュータによる表現や制作が当たり前となった美術やデザインの現場ではコンピュータを動かす言語「プログラム」による制作によって表現を実現する事が当たり前となってきました。この講座ではコンピュータと人をつなぐデジタル i/o”Aruduino”を使って、簡単なプログラムとセンサー入出力を行いながら、プログラムによる表現の可能性を体験します。
準備物
【会場校準備物】
プロジェクター、スクリーン、延長コード等 暗くなる部屋、PC(要相談)

【受講生準備物】
筆記用具

【本学準備物】
開発用ノート PC、Aruduino

13 ゲームデザイン体験

講師 分野 時間
ペルティエ・ジャンマルク ゲーム、メディアデザイン 90分~
内容
【ワークショップ】
短時間でボードゲームのプロトタイプをチームで制作してもらいます。ゲームの基礎的な仕組みだけでなく、デザインに欠かせない「プロトタイプ」の作り方を体験できます。
準備物
【会場校準備物】
なし

【受講生準備物】
筆記用具

【本学準備物】
画用紙、サイコロ、ゲーム用のコマ

14 体育プログラミング

講師 分野 時間
ペルティエ・ジャンマルク ゲーム、メディアデザイン 45分~90分
内容
【ワークショップ】
体を動かしてプログラミングの基礎を学ぶワークショップです。ゲームの戦略やプレーヤーの行動をルール化して、プレーヤーが「ロボット」になって対戦します。
準備物
【会場校準備物】
体育館又はグラウンド、ボール、ナンバービブスなど

【受講生準備物】
運動靴、運動服

【本学準備物】
なし

15 自分のマークをデザインしてみよう

講師 分野 時間
津田純人 グラフィックデザイン 45分~
内容
【ワークショップ】
「モノグラム」という手法を使って自分のシンボルマークをデザインします。自分の特徴を分析してアルファベットのデザインに反映させるのがポイントです。
準備物
【会場校準備物】
プロジェクター、スクリーン、延長コード等

【受講生準備物】
筆記用具

【本学準備物】
清書用ケント紙(A4)、エスキース用コピー用紙(A3)、色鉛筆、ノートPC、コネクター

16 自分の学校のマスコットキャラクターを考えてみよう

講師 分野 時間
江津匡士 イラストレーション・デザイン 45分~90分
内容
【ワークショップ】
「マスコットキャラクター」といえば地域おこしや各種キャンペーン、公共団体、企業等で用いられるが一般的ですが、大学や高等学校でも、その学校のキャラクターを考案する学校が増えてきています。このワークショップでは同級生や先生、地域の人々に愛されるキャラクターを一緒に考えて発表します。
学校のシンボルとしては、すでに校章や制服がありますが、新しくキャラクターを考案する作業は改めて自分の学校に向き合い、他者に向けて何をアピールすべきかを考えるきっかけになることでしょう。
※受講者数により、個人かグループで制作を行います。
※受講者20名以内での実施となります(人数については応相談)。
準備物
【会場校準備物】
成果物を貼る壁(黒板、ホワイトボード)、鉛筆削り、プロジェクター、スクリーン、延長コード等

【受講生準備物】
筆記用具、鉛筆、色鉛筆

【本学準備物】
エスキース用コピー紙(A4)、清書用ケント紙(A4)、貼りだし用のマグネット、ノートPC、コネクター、その他

17 パースを描いてみよう

講師 分野 時間
溝口周子 建築・インテリア 45分~90分
内容
【ワークショップ】
パースとは建築空間を絵で表現する手法です。空間を絵で表現することは、建築家やインテリアデザイナーにとって、とても重要な作業です。このワークショップでは初めてパースを描く人のために、簡単プリントでコツを理解するところから始めます。パースの手法やコツを理解すれば、絵を描く事も怖くなくなります。
準備物
【会場校準備物】
プロジェクター、スクリーン、延長コード等

【受講生準備物】
筆記用具、定規

【本学準備物】
ノートPC、コネクター、パース練習シート等

18 光のある空間を見よう

講師 分野 時間
溝口周子 建築・インテリア 90分〜
内容
【ワークショップ】
もし空間に窓が無かったら…、光が無かったら…。 建築空間と光には、お互いに作用し合う密接な関係があります。真っ暗な室内にスリットを開けると、光はどのように射し込むでしょう。このワークショップでは、簡単な模型を作成しスリットを開け、光の挿す空間を確認します。
準備物
【会場校準備物】
プロジェクター、スクリーン、延長コード等

【受講生準備物】
筆記用具、定規

【本学準備物】
ノートPC、コネクター、各種材料

19 クイックスケッチは誰にでも描ける!

講師 分野 時間
金澤秀晃 ライフ、プロダクトデザイン 60分~
内容
【ワークショップ】
目の前にあるモチーフを写し取るデッサンとは異なり、デザインの分野では今世の中に無いものを想像して描きます。
短時間で多くのアイデアを出すデザイナーにとって、素早くイメージを表現する技術は欠かせません…難しそうですか?想定描写と呼ばれるデザイナーが描く簡易スケッチには、ちょっとしたコツがあります。 デザイナーが一般的に使用するマーカーを使って、簡単なカタチを描いてみましょう!
※デモンストレーションを見せながらのワークショップになる為、15名以内が望ましい。(手元が見えない程の大人数は難しい。)
準備物
【会場校準備物】
プロジェクター、スクリーン、延長コード等

【受講生準備物】
筆記用具、定規

【本学準備物】
グレースケールマーカー、リフィルインク、PMパッド、ノートPC、コネクター

20 ブレインストーミングと合意形成

講師 分野 時間
金澤秀晃 デザイン全般 45分~
内容
【ワークショップ】
自由に発想することは、様々な前提条件を知っていればいるほど難しいもの。でもデザイン開発の初期段階では奇想天外なアイデアこそが尊重されるステージもあります。簡単なワークショップを通して、自由に発想し発言することの楽しさと、様々なアイデアを収束させる中で、色々な考え方があることを体験します。
準備物
【会場校準備物】
プロジェクター、スクリーン、延長コード等

【受講生準備物】
筆記用具

【本学準備物】
ノートPC、コネクター、資料、その他

21 カタチを創る手段

講師 分野 時間
鈴木光太 ライフ、プロダクトデザイン 45分~90分
内容
【ワークショップ】
0から新しいカタチを創り出す時に、誰でもスケッチで表現を試みますが、立体物には奥行があるため、スケッチでは表現しきれなかったり、想像しにくかったりします。逆転の発想で、粘土を使い最初から立体でモノを創造して行く、世界的にも活躍しているデザイナーのカタチを創る手段を体験します。
準備物
【会場校準備物】
なし

【受講生準備物】
筆記用具、スケッチが描けるノート

【本学準備物】
粘土、新聞紙、ビニール手袋

22 モノを観察すると見えてくるコト

講師 分野 時間
鈴木光太 ライフ、プロダクトデザイン 45分~90分
内容
【ワークショップ】
デザイナーは「創る側」からモノ・コトを観察し、ユーザーが見過ごして気が付かなかった日常に気付いて、それを具現化する仕事です。実際の製品に触れながら観察し、デザイナーがどんな「日常」に気付いて、具現化したのかを解説しながら紹介します。
準備物
【会場校準備物】
なし

【受講生準備物】
筆記用具

【本学準備物】
雑貨、日用品などのプロダクト製品

23 真鍮リングの制作

講師 分野 時間
齋藤久仁明 ジュエリーデザイン 90分~
内容
【ワークショップ】
金属加工を体験してみましょう。 実習で使用する素材の説明と、それを使用したリングの制作を行います。装身具に使われる真鍮素材の特性を知り、機能を付加することで生じる価値を体感する内容です。
※受講者20名以内での実施となります。
準備物
【会場校準備物】
シンクのある工作室が望ましい

【受講生準備物】
筆記用具

【本学準備物】
真鍮(2mm×100mm) ×人数、芯金×5、木槌×5、リングゲージ×5、刻印英字0.8mm×5、簡易バーナー×1、ピンセット×1、耐火煉瓦×2、黒染液×1、ニアシッド×1、重曹×1、ペーパータオル×1、チャック袋×人数

レクチャー / 講義形式の講座 タイトル一覧

レクチャー / 講義形式の講座 タイトル一覧

101 日本画について

講師 分野 時間
濱田樹里 美術・日本画 45分~
内容
【講義】
現代日本画家作品と自身の作品、制作風景などを含んだ画像でのレクチャー(スライドショー)や、大学における日本画の授業について課題、カリキュラム、学生作品の画像でのレクチャーを行います。
準備物
【会場校準備物】
プロジェクター、スクリーン、延長コード等 ノートPC(要相談)

【受講生準備物】
筆記用具

【本学準備物】
ノートPC、コネクター

102 こんな美術館見たことない
~世界のおもしろ美術館~

講師 分野 時間
小林亮介 美術・コンテンポラリーアート 45分~
内容
【講義】
世界には工場が美術館になったり、駅が美術館になったり、中には巨大なガスタンクがそのまま美術館になってしまったり… あっと驚くような美術館がたくさんあります。そんな信じられないような美術館を紹介します。
そこで展示される作品と建物や空間がどのようになじんでいるか、はたまた火花を散らしているのか、是非お楽しみに!
準備物
【会場校準備物】
プロジェクター、スクリーン、延長コード等

【受講生準備物】
筆記用具

【本学準備物】
ノートPC、コネクター

103 美術とデザインの違いってなあに?

講師 分野 時間
小林亮介・東仲雅明 美術・デザイン 45分~
内容
【講義】
美術とデザインの違いって何でしょう?このレクチャーはあらかじめわかっている答えをお教えするレクチャーではありません。美術とデザインの代表的な作品画像をお見せしながら、皆さんと一緒に考え、私たち講師も発見したいと思っています。美術とデザイン、どちらも私たち人間が生きる上でとても大切なものです。 一緒に楽しみながら考えてみましょう。
※講師は1名の場合もあります。
準備物
【会場校準備物】
プロジェクター、スクリーン、延長コード等

【受講生準備物】
筆記用具

【本学準備物】
ノートPC、コネクター

104 人と人 人と場所をつなぐアート・デザイン

講師 分野 時間
髙橋伸行 美術・デザイン 45分~
内容
【講義】
命の営みと深く関わるアート・デザインについて豊富な実践例と現場での体験をもとにしたレクチャー。緩和ケア病棟での取り組みやハンセン病療養所でのアートプロジェクトなどを紹介します。
準備物
【会場校準備物】
プロジェクター、スクリーン、延長コード等
音声スピーカー出力環境(PCからの出力が理想ですがCDラジカセからの出力もOK)

【受講生準備物】
筆記用具

【本学準備物】
ノートPC、コネクター

105 アニメーションは、どのように作られるのか?

講師 分野 時間
辻伸也 アニメーション 45分~
内容
【講義】
アニメーションの制作工程を紹介します。そして実際の制作に使われるデジタルソフトも紹介していきます。
準備物
【会場校準備物】
プロジェクター、スクリーン、延長コード等 暗くなる部屋

【受講生準備物】
筆記用具

【本学準備物】
ノートPC、コネクター

106 マンガのストーリーの作り方と作画の技術

講師 分野 時間
石川俊樹 マンガ 45分~
内容
【講義】
イラストしか描いた事がないような人から本格的にマンガ家を目指している人まで、基本から投稿までやさしく解説します。キャラクター・イラストの描きかたや講評ではなく、マンガにおいて重要な「ストーリーの作り方」についての講義です。
準備物
【会場校準備物】
黒板もしくはホワイトボート

【受講生準備物】
筆記用具

【本学準備物】
なし

107 伝えるためのデザインって何?

講師 分野 時間
伊藤豊嗣 グラフィックデザイン 45分~
内容
【講義】
美術・デザインなど芸術系の大学進学・就職に興味を持つ人たちに、広告・編集・パッケージの実例を見せながら、「美術とデザインの違い」「デザインの各分野」「グラフィックデザインの役割」について解説します。
準備物
【会場校準備物】
黒板もしくはホワイトボート、ポスター等の掲示用マグネット

【受講生準備物】
筆記用具

【本学準備物】
なし

108 パッケージデザインから広告まで
~グラフィックデザイナーの活躍ステージ~

講師 分野 時間
東仲雅明 グラフィックデザイン 45分~
内容
【講義】
清涼飲料水のパッケージとポスター・TVCM・Web広告へのメディアミックス展開を紹介し、グラフィックデザイナーが社会でどのような仕事に関わり活躍しているのかを解説します。
準備物
【会場校準備物】
プロジェクター、スクリーン、延長コード等

【受講生準備物】
筆記用具

【本学準備物】
ノートPC、コネクター

109 企業におけるグラフィックデザイン
~ロゴタイプ開発事例を例に~

講師 分野 時間
東仲雅明 グラフィックデザイン 45分~
内容
【講義】
シャープ液晶テレビ「AQUOS」のロゴタイプをデザインした講師が、ネーミ ングの企画段階からアイデア発想を経て最終決定に至るプロセスを具体的に紹介し、ロゴタイプデザイン開発では何が重要なのかを解説します。
準備物
【会場校準備物】
プロジェクター、スクリーン、延長コード等

【受講生準備物】
筆記用具

【本学準備物】
ノートPC、コネクター

110 広告とアイデア

講師 分野 時間
津田純人 グラフィックデザイン 45分~
内容
【講義】
街で何気なく目にする広告には見る人をアッと言わせるアイデアが沢山隠されています。様々な実例を検証しながらグラフィックデザインの中心分野である広告についてレクチャーを行います。
準備物
【会場校準備物】
プロジェクター、スクリーン、延長コード等

【受講生準備物】
筆記用具

【本学準備物】
ノートPC、コネクター

111 挿絵の歴史

講師 分野 時間
足立ゆうじ イラストレーション 45分~
内容
【講義】
挿絵は、小説の世界観を読者に伝えるために描かれます。印刷技術の発明で書籍が飛躍的に出版されるようになり、そして印刷技術の向上とともに表現の可能性が広がっていきます。印刷技術を紹介しながら挿絵の歴史についてのレクチャーを行います。
準備物
【会場校準備物】
プロジェクター、スクリーン、延長コード等

【受講生準備物】
筆記用具

【本学準備物】
ノートPC、コネクター

112 人工知能が社会をどう変えるか?

講師 分野 時間
ペルティエ・ジャンマルク ゲーム、メディアデザイン 45分~
内容
【講義】
最近話題の「人工知能」とは何か、今は何ができるか、将来はどういった展開が予想できるか 等について解説し、自分達がこれから生きて行く世界が人工知能の進化によってどのように変わっていくのかお話します。
準備物
【会場校準備物】
プロジェクター、スクリーン、延長コード等

【受講生準備物】
筆記用具

【本学準備物】
ノートPC、コネクター

113 スマホ社会で役立つコミックイラストレーション

講師 分野 時間
渡邊敏之 コミックイラスト、メディア 45分~
内容
【講義】
「コミックイラストレーション」とはコミックタッチのキャラクターを中心としたイラストレーションで、近年、急速に需要が高まっている新分野です。スマホの所有率がガラケーよりも上回った現在、ゲーム業界から町おこしまで活用されているコミックイラストの広がりや仕事、また可能性や流行の背景などについてお話します。
準備物
【会場校準備物】
プロジェクター、スクリーン、延長コード等

【受講生準備物】
筆記用具

【本学準備物】
ノートPC、コネクター

114 医療のデザイン「患者さんへ向けたコミュニケーションのデザイン」

講師 分野 時間
渡邊敏之 メディアデザイン、コミュニケーションデザイン 45分~
内容
【講義】
医療の現場ではレントゲン画像やCT画像など様々な画像が使われていますが、その専門性の強さから、患者である一般の人がそれらの画像が意味する内容を理解することは難しく、結果として医師の説明もわかったようでわからない、ということが実は多いのではないでしょうか。これらの問題を解決するために、本学では国立がん研究センター東病院の医師らと共同研究を続けています。アニメーションなどで使われる表現を取り入れた最新の医療現場におけるデザインの活用・研究開発についてお話します。
準備物
【会場校準備物】
プロジェクター、スクリーン、延長コード等

【受講生準備物】
筆記用具

【本学準備物】
ノートPC、コネクター、A4コピー用紙(1人1枚)

115 建築家って何?

講師 分野 時間
西倉潔 建築 45分~
内容
【講義】
建築家はなかなか馴染みのない職業です。日本には35万人の一級建築士がいます。しかし一級建築士が全て建築家という訳ではありません。建築家とはどんな事をしているのか。実際の作品をいろいろなエピソードを交えながら紹介し、建築家とはどんな職業なのかをお話します。
準備物
【会場校準備物】
プロジェクター、スクリーン、延長コード等

【受講生準備物】
筆記用具

【本学準備物】
ノートPC、コネクター

116 インテリアデザイナーの仕事

講師 分野 時間
溝口周子 インテリア 45分~
内容
【講義】
インテリアデザインは、空間を「大きなアートボックス」と捉え、柱の位置や天井の高さ、壁の色や採光なども考えて「空間」という作品を作ります。現役インテリアデザイナーである講師がインテリアデザイナーの仕事やインテリアコーディネーターとの違いについて解説します。建築やインテリアという仕事の面白さを感じてください。
準備物
【会場校準備物】
プロジェクター、スクリーン、延長コード等

【受講生準備物】
筆記用具

【本学準備物】
ノートPC、コネクター

117 プロダクトデザイナーという仕事

講師 分野 時間
金澤秀晃 プロダクトデザイン 45分~
内容
【講義】
プロダクトデザイン(自動車)の現場での開発プロセスを紹介しながら、プロダクトデザイナーの果たすべき役割や考え方、もの創りの魅力や楽しさを伝えます。
準備物
【会場校準備物】
プロジェクター、スクリーン、延長コード等

【受講生準備物】
筆記用具

【本学準備物】
ノートPC、コネクター

118 エンターテイメントデザインという世界

講師 分野 時間
金澤秀晃 ライフ、プロダクトデザイン 45分~
内容
【講義】
SF映画に登場する未来の乗り物や道具…1982年に公開された映画「ブレードランナー」で美術監修に参加したシド・ミードは、独特の世界観で「スタートレック」「トロン」「ミッション・インポッシブル」など数々の「未来」を描いてきました。「ビジュアル・フューチャリスト」という肩書きを生み出した彼は、元々フォード社のカーデザイナーで20年以上も工業デザイナーとして活躍してきました。私達の「暮らし」がどんな風に変化し、ライフスタイルや技術の変化を敏感に感じながら「未来」を想像することは、プロダクトデザイナーが一番得意な分野です。「商品」というカタチではありませんが、キャラクターやヒーローが活躍する映像の世界にも「エンターテイメント」という視点からデザインが大きな役割を果たしています。機能や美しさ、合理性だけでは無い、デザインの魅力を一緒に覗いてみませんか?
準備物
【会場校準備物】
プロジェクター、スクリーン、延長コード等

【受講生準備物】
筆記用具

【本学準備物】
ノートPC、コネクター

119 誰でもデザイナーになれる!

講師 分野 時間
鈴木光太 ライフ、プロダクトデザイン 45分~
内容
【講義】
デザイナーはとくに資格等はないので、なろうと思えば今すぐにでもデザイナーになれます。ですが、デザイナーとしての「意志」や「責任」がなければプロとは言えません。講師が高校生だった頃からのエピソード、実体験を交えながら、進むべき進路を見極めるきっかけをお話しします。
準備物
【会場校準備物】
プロジェクター、スクリーン、延長コード等

【受講生準備物】
筆記用具

【本学準備物】
ノートPC、コネクター

120 ジュエリーのおはなし

講師 分野 時間
齋藤久仁明 ジュエリー、クラフト 45分~
内容
【講義】
ジュエリーは、私たちの暮らしの中で最も小さなアート・デザインの世界です。そんなジュエリーにまつわる歴史と、現代におけるジュエリーについて、アート・クラフト・デザインの観点からお話します。
準備物
【会場校準備物】
プロジェクター、スクリーン、延長コード等

【受講生準備物】
筆記用具

【本学準備物】
ノートPC、コネクター

121 美大を目指す高校生のためのキャリア教育

講師 分野 時間
金澤秀晃 キャリアデザイン 45分~
内容
【講義】
美術やデザインに興味があるけど、将来プロになれるかわからない。美大を卒業しても、どんな仕事があっているか不安…。自分らしさを大切にする考え方・生き方を学び、将来の姿を見つめるきっかけにする講座です。
準備物
【会場校準備物】
プロジェクター、スクリーン、延長コード等

【受講生準備物】
筆記用具

【本学準備物】
ノートPC、コネクター

122 デザインで学ぶ最強のビジネスセンス

講師 分野 時間
金澤秀晃 経営・ビジネス 45分~
内容
【講義】
経済・経営または商学系など、一般大学へ進学し、ビジネスを学びたいという高校生は多いです。では、経営の3要素である「ヒト・モノ・カネ」に於いて、最も重要なことは何でしょうか?
ものづくり・ことづくりにおけるデザインプロセスには、ビジネス化を見据えた着眼点から発想法、アイデアの展開や具現化、商品化やプロモーションなど、ビジネスに必要なスキルアッププログラムが含まれています。これからの時代のビジネスシーンでは、今まで以上に生活者の多様な意識や行動にマッチした価値創造力が求められます。この講義では、今後のビジネスに必要な「感性力」を学び育む、デザイン教育の一例をご紹介します。
準備物
【会場校準備物】
プロジェクター、スクリーン、延長コード等

【受講生準備物】
筆記用具

【本学準備物】
ノートPC、コネクター

123 デザイナーの頭の中を覗いてみよう!

講師 分野 時間
金澤秀晃 経営・ビジネス 45分~
内容
【講義】
ぴったりのお釣りをもらおうと小銭を足して買物をすること…ありますよね。小銭を出したので、手元では小銭入れが開いています…でも何故か店員さんは「大きい方から…」と紙幣を先に返してくれます。渋々小銭入れを閉じて札入れを開くと、今度はレシートに載せた小銭が返ってきます。しかたなく札入れを閉じて再び小銭入れを…この様な、行ったり来たりする作業のムダや中断を「行為のバグ」と呼びます。私たちの暮らしの中には沢山の「行為のバグ」が潜んでいます。日常生活の中にある人の行為を見つめることがデザインの第一歩。行為のデザインを基本に作られた商品を見ながら、デザインの役割を理解してみませんか。
準備物
【会場校準備物】
プロジェクター、スクリーン、延長コード等

【受講生準備物】
筆記用具

【本学準備物】
ノートPC、コネクター

124 学力低下は本当か?

講師 分野 時間
大橋基博 教育 45分~
内容
【講義】
今日の「学力」をめぐる問題を、学習指導要領の改訂経過、大学の増設、18 歳人口の減少などを通して考えていきます。
準備物
【会場校準備物】
プロジェクター、スクリーン、延長コード等

【受講生準備物】
筆記用具

【本学準備物】
ノートPC、コネクター