彫刻研究室

Avatar

名古屋造形大学彫刻コース nagoya zokei university of art & design, sculpture course

第25回名古屋造形大学、第14回大学院修了展

ご無沙汰しております。

記録的な寒波が続いております。みなさま体調には十分お気をつけ下さい。

名古屋造形大学では初となる学内卒展が始まりました。美術館では出来ない熱のこもった作品が学内各所に散らばっております。

まだ会期は十分にありますので、ぜひともご高覧下さいませ。


会場 名古屋造形大学
2月10日(土)〜2月18日(日)10:00ー20:00
各講評日、誰でも参加自由
•洋画 16日(金)13:00〜
•彫刻、コンテンポラリー 17日(土)13:20〜
•日本画 18日(日)14:00〜
既に、卒展を見た方も講評会に参加すると勉強になると思います。

また、我々、教職員や院1年生も展示しております!
「見えにくい場所」
出品作家
•鳥栖喬(高橋伸行)
•丸山ナオト
•梶浦みなみ
•長瀬崇裕
•鈴木雄仁
•布目慶彦
•戸谷文香
会場: 名古屋造形大学
2月10日(土)〜2月18日(日)10:00ー20:00
詳細はそれぞれ受付で配られるマップを御参照下さい。
よろしくお願い致します

明日からはコンポラ3年も期間中に展示しております!

Play Back
[平林唯+三宅海月]
日程:2/13(火)- 2/18(日)
場所:A棟前 Gallery ZELKOVA
よろしくお願い致します。

彫刻2年 石彫&人体塑像 講評会

今日は彫刻2年生の石彫と人体塑像の講評会を行いました。

まずは石彫の方から、「石で石をつくる」という課題でしたが、よくよく考えると不思議な課題でした。

ただただ形を追い石を彫っていく集中力は大事ですが、まるで禅問答のような事を考えながら彫っていくことも大事な課題です。

それぞれに答えが出るといいですね〜。

お次は、人体塑像の講評会です。

粘土による塑像はおしまいですが、この先は石膏取りが待っています。

その前に、塑像の状態で講評をします。(塑像と石膏では違うものになりますので)

先生が仰ったのは、人が人体の形をつくる不思議さ。何故こんなにも長い間、人は人体彫刻などを作るのか?

よーく考えてみると謎です。

この講評会を活かして、石膏取りもがんばってくださいね。

鍛冶師

こんにちは。

本日の彫刻では2年生の石彫の合間に、ノミのメンテナンスを兼ねて火打ち体験を行なう事となりました。

炭火焼きー

…これ、炭ではないんです。

コークスと呼ばれる製鉄用の燃料。炭の炭素成分だけを残した物質なのですが、炭の比じゃないくらいの温度が出ます。

よく熱したコークスにノミを突っ込み、赤くなった頃合いを見て叩きます。

「鉄は赤いうちに打て」これが体験できます。

行程1つとっても無駄がなく、美しい。

見とれてしまう授業でした。

曇天の掘り師達

つづきました!

今日はあいにくの雨天でしたが午後から雨がやんだのでグラウンドの作業を続ける事ができました!

だいぶ両チームとも形ができてきましたね。

盛り上げるチームは丸みを追求。

掘り下げるチームは周りに土を塗り始めました!

いったい何が出来上がるのか…

つづく

黄昏の穴掘り師達

こんにちは。

1年生の塑像、インスタレーションの授業のご紹介です。

ただ今、名古屋造形大学のグラウンドが大変な事になっています!!!

こちらは去年から授業に組み込まれたグラウンドを使ってのインスタレーション

土を盛り上げるグループと掘り進むグループがいます。

いったいどうなってしまうのでしょうか!?

つづく

かも…

展覧会のお知らせ

第12回CBC翔け!二十歳の記憶展2017

平成29年11月11日(土)—11月19日(日)

12:00—19:00

入場無料《期間中無休》

ギャラリートーク/11月12日(日)・11月19日(日)12:00〜

CBCスタジオギャラリー

名古屋市中区新栄1−2−8 CBC会館1階

彫刻コースからは【近藤かのこ】1名が出展しています!

どんな作品が並ぶか楽しみですね!!

石で石を作る

こんにちは。

ついこの間も似たようなタイトルを付けました!

石で石を作る。

その名の通り、おのおの好きな小石を見つけて来て、石彫で石を作るという2年生の授業。

変だなと思うかも知れませんが、同じ石でも全く違う性質を持っているのです。

小石はその地域の岩盤が押し固まって大岩になり、長い年月をかけて削られたもの。

石彫は別の地域の大岩から人工的に切り崩し、それをさらに短期間で彫刻したもの。

芸術は人が普段では意識しないものを再認識させる物かもしれません…。

手で手をつくる

こんにちは。

本日、1年生塑像がひと課題終えました!

手を作る課題、手で練った粘土を手を使って手を作る。言葉にすると不思議ですね。

精密に作る訳でもなく、おのおのユーモアに土を使った表現を行ないました。

次回は首像です。塑像と言えば首像は必ず通りますね。

骨組みを作ったところで本日は終了みたいです。

首から頭のてっぺんまで、人の重心が何処にあるのか分かる部位なので、首像を行なうとその後の物体の捉え方がイメージし易くなります。

木方先生、よろしくお願いします。

Art Obulist 2017 “Art obu Art”

名古屋造形の関係では、小杉滋樹さん、丸山ナオトさんが参加しています。

またリトルビークル内では、渡辺英司さん、高橋伸行さん、長瀬崇裕さん、堀田直輝さんが参加しています。

2年次前期成果展

本日より2年次前期成果展がはじまりました。
学内D2、3ギャラリー
7月24日(月)ー7月28日(金)10:00-17:00
美術コース2年次、前期成果物が展示されております。ぜひお立ち寄りください。

Continue Next page