1. HOME
  2. collection
  3. ドライブ

ドライブ

ロボットが主人公の短編手描きアニメーションである。 すでに人間がいなくなった地球で目を覚ました白いロボットは、廃墟で絵本を見つける。そこに描かれている花畑に興味を持ち、車に乗って現れた黒いロボットと一緒に花畑を探すストーリーである。 喜怒哀楽の感情豊かなロボットの姿、キャラクターとしての魅力を伝えるために制作した。 2015年から構想を始め、同年12月に冒頭3分のみをデジタルメディアデザイン展2015にて発表。その後、絵コンテを修正し再制作する。1年後の2016年12月に後半を除いた10分の本編映像をデジタルメディアデザイン展2016にて発表。2017年2月の卒展にて全編を発表。


作品データベースに戻る