名古屋造形大学

先端表現研究I・II

小林亮介ゼミ

伝統的な文化や技法は、過去から現在に伝えられ残っている。だからと言って、それがこれからも存在し続けるとは限らない。「現代芸術」でさえも、すでに「歴史」となっていて、ある部分では終わっているかもしれない。 現在というのは固定して完成しているものではない。また時間は、過去から現在につながっているのではなく、未来からやってくるものであるかもしれない。 この授業では、伝統と現代の最先端の両者を関連づけて研究するプロジェクトを設定する。具体的には、芸術における伝統の技法と現代の技法の比較検討することから、認識や知覚の相違や類似点などを検証して、自分の表現の課題を見つける。また技術的には、デジタル、アナログを越えた、新しい視覚・聴覚表現のための技術の講習も行う。

現在という時間は未来というものから削られている、侵蝕されているとみなけりゃいけない—武満徹


  • EXTENSION PROGRAM 名古屋造形大学公開講座
  • 名古屋造形大学 Dgallery企画展

訪問者別メニュー

ページの先頭へ

名古屋造形大学について
学長からのメッセージ
名古屋造形の特色
建学の精神
ポリシー
名古屋造形の沿革
学部・学科構成
学生数
教員数
教育情報の公開
学則
学園組織
制度
キャンパスマップ
学内施設
アクセスマップ
入試情報
学部入学試験一覧
出願について
受験について
アドミッションポリシー    学部・大学院
募集定員
入学手続き
大学院入学試験/編入学・転入学試験
入試・広報センターから
大学コース・大学院
美術・日本画コース
美術・洋画コース
美術・彫刻コース
美術・コンテンポラリーアートコース
陶芸コース
アニメーションコース
マンガコース
グラフィックデザインコース
イラストレーションデザインコース
デジタルメディアデザインコース
建築・インテリアデザインコース
プロダクトデザインコース
ジュエリーデザインコース
造形表現制作・造形表現構想
授業概要(シラバス)
教員紹介
キャンパスライフ
ピア・サポート
キャンパスギャラリー
キャンパスマナー・ルール
クラブ&サークル
キャンパスカレンダー
周辺施設紹介
学務課からのお知らせ
証明書発行
下宿
学生相談室
健康管理室
展示会・展覧会情報
名古屋造形大学図書館
キャリア・就職
キャリアサポート
卒業・修了者数
卒業生の主な就職先
取得可能な資格
国際交流・留学
国際交流展TRANSIT
海外留学
NAGOYA-BOISE アート&デザイン国際交流プログラム

名古屋造形大学

〒485-8563 愛知県小牧市大草年上坂6004
TEL:0568-79-1111 / FAX:0568-79-1070

Copyright © Nagoya Zokei University of Art & Design All Rights Reserved.