名古屋造形大学

新型(豚)インフルエンザへの対応について

 

学生のみなさんへ

新型(豚)インフルエンザへの対応について

2009年4月30日
名古屋造形大学


4月29日現在、メキシコ、米国等において新型(豚)インフルエンザが発生し、死者も出ており、さらに感染の疑いのある国・地域も増加の傾向にあります。世界保健機構(WHO)は、警戒レベルを「ヒトからヒトへの感染」がみられるフェーズ5に引き上げ、警戒を呼びかけています。学生のみなさんも最新の情報を入手するように心がけるとともに以下の点についてご協力をお願いします。


1.新型(豚)インフルエンザの発生国及びその疑いのある国・地域への渡航は極力避けてください。
2.やむを得ない理由で、外国旅行を行う場合は、学務課へ海外旅行届けを必ず提出してください。旅行中もマスクの着用、うがい、手洗いなど感染予防策をとってください。
また外務省や、厚生労働省の情報・注意に十分留意した上で慎重に行動してください。
外務省HP
http://www.anzen.mofa.go.jp/
厚生労働省HP
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

3.体調不良の場合は次のような対応をお願いします。
①発生国及び感染の疑いのある国・地域から帰国した場合や、帰国した人と接触した場合など
→最寄りの保健所などの相談窓口に相談してください。
○愛知県健康福祉部健康担当局健康対策課
052-954-6272 (午前9時から午後5時まで)
○名古屋市健康福祉局健康増進課
052-972-2631 (午前9時から午後5時まで)
○春日井保健所
0568-31-2188 瀬戸保健所 0561-82-2197
→該当する場合、大学にもその旨電話連絡してください。(0568-79-1111)
②通常のインフルエンザと診断された場合
通常通り、電話で大学に連絡し、医師の許可が下りてから登校してください。
4.今後、愛知県内でヒトからヒトへの感染が確認された場合、大学は休校措置をとることを予定しています。その場合は、大学のホームページでお知らせをします。


  • EXTENSION PROGRAM 名古屋造形大学公開講座
  • 名古屋造形大学 Dgallery企画展

訪問者別メニュー

ページの先頭へ

名古屋造形大学について
学長からのメッセージ
名古屋造形の特色
建学の精神
ポリシー
名古屋造形の沿革
学部・学科構成
学生数
教員数
教育情報の公開
学則
学園組織
制度
キャンパスマップ
学内施設
アクセスマップ
入試情報
学部入学試験一覧
出願について
受験について
アドミッションポリシー    学部・大学院
募集定員
入学手続き
大学院入学試験/編入学・転入学試験
入試・広報センターから
大学コース・大学院
美術・日本画コース
美術・洋画コース
美術・彫刻コース
美術・コンテンポラリーアートコース
陶芸コース
アニメーションコース
マンガコース
グラフィックデザインコース
イラストレーションデザインコース
デジタルメディアデザインコース
建築・インテリアデザインコース
プロダクトデザインコース
ジュエリーデザインコース
造形表現制作・造形表現構想
授業概要(シラバス)
教員紹介
キャンパスライフ
ピア・サポート
キャンパスギャラリー
キャンパスマナー・ルール
クラブ&サークル
キャンパスカレンダー
周辺施設紹介
学務課からのお知らせ
証明書発行
下宿
学生相談室
健康管理室
展示会・展覧会情報
名古屋造形大学図書館
キャリア・就職
キャリアサポート
卒業・修了者数
卒業生の主な就職先
取得可能な資格
国際交流・留学
国際交流展TRANSIT
海外留学
NAGOYA-BOISE アート&デザイン国際交流プログラム

名古屋造形大学

〒485-8563 愛知県小牧市大草年上坂6004
TEL:0568-79-1111 / FAX:0568-79-1070

Copyright © Nagoya Zokei University of Art & Design All Rights Reserved.