Nagoya Zokei Graduation Exhibition | 第24回名古屋造形大学卒展 第13回大学院修了展造形研究科

Scroll

開催概要

第24回
名古屋造形大学卒展

第13回
大学院修了展   造形研究科

会期

2017年2月14日(火) - 19日(日)
午前10時 - 午後6時
※ 17日(金)は午後8時まで
最終日19日(日)は午後5時まで

入場無料

会場

愛知県美術館ギャラリーA室 - G室
(愛知芸術文化センター8階)
アクセスについて

展示

日本画洋画彫刻陶芸コンテンポラリーアートマンガアニメーショングラフィックデザインイラストレーションデザインデジタルメディアデザイン建築デザインインテリアデザインプロダクトデザインジュエリーデザイン

イベント

オープニングセレモニー

開催日時

2017年2月14日(火) 午前10時より

会場

愛知県美術館ギャラリー ロビー
(愛知芸術文化センター 8階)
アクセスについて

名古屋造形大学 
 卒展記念公開講座

糸数弘樹
クリエイターとして大切なこと
ハリウッドで学んだ知識や経験

CGクリエイター
糸数弘樹 Hiroki Itokazu
画像:糸数弘樹
  • 画像:作品1
  • 画像:作品2
  • 画像:作品3
  • 画像:作品4
  • 画像:作品5
  • 画像:作品6

1962年生まれ、 沖縄県久米島出身。 琉球大学教育学部を卒業後、カリフォルニアのArt Center College of Designで工業デザインを学ぶ。
キャリアをスタートしたWarner Bros. Companyでは、「バットマン」シリーズの舞台となる架空都市ゴッサム・シティのビル群や特殊効果などを手掛ける。「アイアンジャイアント」では、主人公のジャイアントをはじめ、背景の制作もすべて一人で担当。

その後、2014年までWalt Disney Animation Studiosのトップクリエーターとして「シュガーラッシュ」「塔の上のラプンツェル」など30本以上の作品に参加。
ディズニーアニメーション史上初のアカデミー受賞した「アナと雪の女王」では背景のモデリングを担当。独特の世界観を生み出すため、氷の一粒一粒にまでこだわった表現技術が受賞に大きく貢献した。

東京ディズニーシーのアトラクション「マジックランプ」ではジーニーの顔の表情を担当、 View Dependentという独自の手法を取り入れることにより、2Dアニメを違和感なく3Dアニメ化することに成功。現在は日本工学院特別講師、カリフォルニア州立大学講師として教育活動に力を入れる。

開催日時

2月17日(金)
午後6時30分開演(午後6時開場)
入場無料

会場

愛知芸術文化センター12階・アートスペースA
全自由席/定員になり次第、申込みを終了します。

お申し込み

上記ボタンのリンク先のWebフォームよりお申込みください。

当日ご来場の際は、申込み受付完了後に受け取るメールをプリントアウトしたものをご提示いただくか、携帯電話やスマートフォンでメールの画面をご提示ください。

※ ご記入いただいた個人情報は、公開講座申込み受付管理のみに使用します。
なお、希望された場合、本学催事情報をお送りすることがあります。

お問い合わせ先

名古屋造形大学 学務課
TEL.0568-79-1174
(平日 午前9時 - 午後5時)

アクセス

〒461-8525

名古屋市東区東桜1丁目13番2号

愛知県美術館ギャラリー
(愛知芸術文化センター 8階)

お車でお越しの場合

名古屋高速東新町出口から3分

電車でお越しの場合

名古屋市営地下鉄東山線または
名城線「栄」駅下車、徒歩3分
(オアシス21から地下連絡通路または2F連絡橋経由)

名鉄瀬戸線「栄町」駅下車、徒歩2分
(オアシス21から地下連絡通路または2F連絡橋経由)