名古屋造形大学

AO入学試験

名古屋造形大学のAO(アドミッション・オフィス)入学試験では、従来の実技試験や高校の成績だけでは十分に把握できない志願者の入学後の可能性を最大限評価します。 みなさんの個性や意欲をこの入試にぶつけてください。

対象コース


試験日ワークショップ型  2016年8月27日(土)・28日(日)
レポート型     2016年8月27日(土) 面接時間は個別に対応します。
試験会場名古屋造形大学キャンパスにて実施

求める学生像・試験内容

美術(日本画・洋画・彫刻・コンテンポラリーアート)コース

求める学生像【ワークショップ型】
描くことや作ることに関心があり、様々な表現技術や考え方を学びたい人が望まれます。これまで制作する機会がなかった人でも日本画、洋画、彫刻、コンテンポラリーアートなどに興味があり独自の表現を切り拓く、意欲のある人を求めます。

【レポート型】

描くことや作ること、人に伝えたり、関わることに関心のある人が望まれます。これまで制作する機会がなかった人でも美術・デザインの分野で幅広い興味を持ち、企画したり構想することにも意欲的な人を求めます。
試験内容【ワークショップ型】「描く、貼る、組み合わせる」
(1)美術表現のひろがりについてレクチャー
日本画/洋画/彫刻/コンテンポラリーアートについて
(2)作品制作「描く、貼る、組み合わせる」
・平面選択:多様な描く方法を体験
・立体選択:キャンパス内で採取した素材を使う。

【レポート型】
エントリー時に提出したレポートをもとに判定します。
持参具【ワークショップ型】
筆記用具、消し具、はさみ、カッターナイフ、定規、のり、自分の使用したい描画材

【レポート型】
筆記具

※募集人数15名程度
※エントリーの段階では人数制限はありません。
※コースによって日程・内容・持参具が異なるので注意すること。

アニメーションコース

求める学生像アニメーション界で求められる「基礎力」をしっかりと身に付けたうえで、独自の表現を切り開く力を持った人材を育てます。瑞々しい感性と豊かな発想力を 持ち、粘り強くものごとに取り組んでゆける人材を求めます。
試験内容「アニメーション制作」
(1)アニメーションに関するレクチャー
(2)作品制作
デジタルビデオカメラとWindowsパソコンを繋ぎ、コマ撮りソフト(クレイタウン)を使用し、アニメーションを制作する。鉛筆他、色鉛筆、パステル等も希望 があれば使用可能。
持参具筆記用具、消し具、はさみ、カッターナイフ、定規、のり、描画用具(鉛筆、色鉛筆、パステル等)

※募集人数7名程度 
※エントリーの段階では人数制限はありません。
※コースによって日程・内容・持参具が異なるので注意すること。

マンガコース

求める学生像ストーリーマンガの醍醐味は大胆なストーリーテリングと繊細な演出にあります。マンガコースでは皆さんの持っているアイデアをマンガ作品として完成させるための理論と技術を指導します。求めるのは「やる気」と「アイデア」を持った人です。
試験内容「ストーリーマンガを描く」
大学が用意した数編の短編小説から一編を選び、その中のシーンを自由に選んで2ページのマンガを制作する。原則としてベン入れまで行う。スクリーントーンの使用も可。
持参具鉛筆、シャープペン、消し具、定規、つけペン、ミリペン、筆ベン、インク、ホワイト、その他マンガ制作に必要な用具
インクは大学で用意するが持参も可。

※募集人数15名程度
※エントリーの段階では人数制限はありません。
※コースによって日程・内容・持参具が異なるので注意すること。

グラフィックデザインコース

求める学生像広告・書籍や雑誌の編集・ブランド企画・Webなどのデザイン分野です。ここでは、視覚を通してより強くより深く内容を伝える表現が生かされます。社会のニーズを探り、自分なりのアイデアで提案する発想・企画力、人と関わっていくコミュニケーション力のある人を求めます。
試験内容「ポスターをデザインする」
(1)広告の企画・制作についてのレクチャー
(2)作品制作
当日に出題されるテーマをもとに、アイデアスケッチをおこし、ポスター案を制作する。
持参具着色画材(色鉛筆、マーカー、ポスターカラー、アクリル絵具、透明水彩絵具のうちいずれでも可)、絵具を使う場合の道具(筆、パレット、絵具皿、筆洗など )、直定規、カッターナイフ、鉛筆、消具、コンパス

※募集人数5名程度
※エントリーの段階では人数制限はありません。
※コースによって日程・内容・持参具が異なるので注意すること。

イラストレーションデザインコース

求める学生像広告、編集、パッケージ、グッズ、web、ゲーム業界など、イラストレーターやデザイナーが活躍する場は多彩。将来、この分野の仕事をするために、発想力と 表現力を高めていきたいという意欲的な気持ちを持っている人を求めています。
試験内容「イラストレーション制作」
(1)イラストレーションとデザインの関係についてのレクチャー
(2)作品制作
大学が用意した数編の詩や文章の中から1編を選び、それをテーマにイラストレーションを制作する。
持参具鉛筆、消し具、着彩のための画材・用具
※(水彩絵具、アクリル絵具、色鉛筆、インク、マーカーなど各種画材から、各自が表現しやすい画材・用具を持参)

※募集人数5名程度
※エントリーの段階では人数制限はありません。
※コースによって日程・内容・持参具が異なるので注意すること。

デジタルメディアデザインコース

求める学生像パソコン、スマートフォン、ゲーム、アニメーション、動画、Web、キャラクターなど「今までのデザイン」の枠にはおさまらないジャンルでデザインすることに興味のある人。デザインで未来を楽しくしたいと思っている人を求めています。
試験内容「20年後の人類の生活を空想する」
20年後のある1日、38歳になった自分が朝起きてから夜寝るまでの時間を、どのように過ごすのかを考え、それをビジュアルプレゼンテーションする。プレゼンテーションの手法を身につけるワークショップ。
持参具筆記具

※募集人数12名程度
※エントリーの段階では人数制限はありません。
※コースによって日程・内容・持参具が異なるので注意すること。

建築・インテリアデザインコース

求める学生像建築・インテリアに関心があり、将来これらの分野で豊かな創造性で活躍しようという意欲があること。また、しっかりとした分析力と提案力を持つとともに、それらを論理的で的確な文章にし、視覚的に発表・表現することができる人材を求めます。
試験内容エントリー時に提出したレポートをもとに判定します。
持参具筆記具

※募集人数8名程度
※エントリーの段階では人数制限はありません。
※面接時間は個別に対応します。

プロダクトデザインコース

求める学生像プロダクトデザインコースではチャレンジ精神溢れ、積極的に未来を創造するエネルギッシュな学生を求めています。世の中に対して観察習慣や問題意識を持ち、好奇心や感動を豊かな感性で、モノに変える想像力豊かな人材を育成していきます。
試験内容「未来のデザイン」
プロダクトデザイナーの仕事や役割について簡単なレクチャーを行ない、日常生活に潜む様々な問題点の洗い出しを通し「気付き」について考察する。自由な発想でこれらの問題点を解決する方法を模索し、その狙いと特徴が分かる商品のアイデアを簡単な画材でスケッチ表現する。
持参具鉛筆、ボールペン、消し具、メモ

※募集人数10名程度
※エントリーの段階では人数制限はありません。
※コースによって日程・内容・持参具が異なるので注意すること。

ジュエリーデザインコース

求める学生像ジュエリーやアクセサリーに興味があり、ジュエリー産業のデザイナー、クラフトマン、CADオペレーター、コーディネーターやジュエリーアーティストまたは教育者を目指す人、ジュエリーを通して社会に貢献したい熱意を持ち、創造的な努力をする人材を求めます。
試験内容「ジュエリー制作」
シルバーで透かしのオリジナルリングを制作します。テーマに沿ったアイデアを考え、ジュエリーの制作を体験するワークショップを行ないます。最後にコンセプトの発表(講評会)を行ないます。
持参具作業に適した汚れてもよい服装またはエプロン、筆記用具

※募集人数7名程度
※エントリーの段階では人数制限はありません。
※コースによって日程・内容・持参具が異なるので注意すること。

AO入学試験の流れ

エントリー

エントリー期間 :2016年8月1日(月)〜8月23日(火)※必着

エントリーは無料です。
エントリー時点では専願である必要はありません。

実施日とコース

ワークショップ型

2016年8月27日(土)・28日(日)※両日受講
10:00〜16:00
各コース別にワークショップを実施

実施コース
美術(日本画・洋画・彫刻・コンテンポラリーアート)
アニメーションコース
マンガコース
グラフィックデザインコース
イラストレーションデザインコース
デジタルメディアデザインコース
プロダクトデザインコース
ジュエリーデザインコース

レポート型

2016年8月27日(土)
提出されたレポートをもとに面接を実施。
※面接時間は個別にお知らせします。
事前にレポートを作成し、エントリー受付期間内にエントリー書類一式と共に提出。

実施コース
美術(日本画・洋画・彫刻・コンテンポラリーアート)
建築・インテリアデザインコース

出願可否

ワークショップ型

2016年9月1日(木)
出願の可否を判定し、本人宛に郵送します。
出願可能な方には願書を同封します。

(マンガコースのみ)
学費免除特待生として選考された方には通知します。選考されなかった方には通知しません。

レポート型

2016年9月1日(木)
出願の可否を判定し、本人宛に郵送します。
出願可能な方には願書を同封します。

出願

2016年9月2日(金)〜9月13日(火) ※必着

本学を専願とし、入学の意思を持つ方に限り出願することができます。
出願期間内に出願書類を書留速達にて郵送してください。
(出願時には入学検定料35,000円が必要です)

合格発表

2016年9月15日(木)

本学が出願を受理した時点で合格となります。合格となった場合は、他の試験を受験することや、コースを変更することはできません。

入学手続き

一次手続期間:2016年9月16日(金)〜9月29日(木) 入学時前期分を一括納入または入学金のみの分割納入

二次手続期間:2016年9月30日(金)〜10月14日(金) 一次手続で入学金のみを納入した場合は入学金を除く前期分を納入

AO入学試験へのエントリーについて

エントリー資格

下記1〜2の条件をすべて満たす者。

  1. 次のいずれかに該当する者、または2017年3月31日までに該当する見込みの者。

    (1)高等学校または中等教育学校を卒業した者。
    (2)通常の課程による12年の学校教育を修了した者、または通常の課程以外の課程によりこれに相当する学校教育を修了した者。
    (3)専修学校の高等課程(修業年限が3年以上であること。その他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者。
    (4)高等学校卒業程度認定試験規則による高等学校卒業程度認定試験に合格した者(大学入学資格検定に合格した者を含む)。
    (5)その他文部科学大臣の指定した者。

  2. 出願可と認定された後、本学を第一志望(専願)で出願できる者。

エントリー資料

資料注意事項
エントリーシート本学の所定用紙を使用し、必要事項を記入して提出すること。(裏面も記入すること)
写真タテ4.0cm×ヨコ 3.0cm 1枚。
正面上半身脱帽無背景で、最近3ヶ月以内に撮影したもの。裏面に氏名を記入し、所定欄に貼付すること。
エントリー受付票本学の所定用紙を使用し、必要事項を記入して提出すること。(裏面も記入すること)52円分の切手を添付すること。
レポートシートレポート型を実施するコースの希望者のみ提出すること。
実施コース:美術(日本画・洋画・彫刻・コンテンポラリーアート)コース
      建築・インテリアデザインコース
レポート課題文をもとに、本学所定のレポート用紙を使用して作成すること。

エントリー方法と受付期間

エントリー方法本学所定の封筒を使用し、書留速達にて郵送してください。
エントリー受付期間2016年8月1日(月)〜8月23日(火)必着
やむを得ない事情で本学へ持参する場合は、次の時間内に入試・広報センターで受付します。
期間内平日(月〜金)9:00〜16:00
※事務休止期間:8月11日(木)〜8月22日(月)
(お問い合わせ等の対応ができません。)

出願可とされた場合の出願について

出願資格

出願可と判定された者で、本学を専願として出願できる者。

出願書類

書類注意事項
志願票本学の所定用紙を使用し、必要事項を記入して提出すること。
写真タテ4.0cmxヨコ3.0cm 1枚
正面上半身脱帽無背景で、最近3ヶ月以内に撮影したもの。裏面に氏名を記入し、所定欄に貼付すること。
調査書文部科学省所定の様式による用紙で、出身学校長が作成し、厳封したもの。(2年生まで、もしくは3年生の1学期まで記載されており、どちらか提出できるもの。)高等学校卒業後5年を経過している等の理由で提出できない場合は、最終学校の卒業証明書を提出すること。
高等学校卒業程度認定試験合格者(大学入学資格検定合格者)は合格証明書、成績証明書(免除科目のある場合は、当該高校調査書を添付)を提出すること。
入学検定料35.000円
●銀行振込:振込金受領書 B票 と振込受付証明書 C票 に銀行収納印を押印後、振込受付証明書 C票 を志願票に貼付して提出すること。
振込金受領書 B票 は本人控となり、本学の領収書にかわります。大切に保管してください。
●コンビニ振込:収納証明書を志願票に貼付して提出すること。
振込手数料は各自負担となります。

出願方法と出願受付期間

出願方法本学所定の封筒を使用し、書留速達にて郵送してください。
出願受付期間2016年9月2日(金)〜9月13日(火)必着
やむを得ない事情で本学へ持参する場合は、次の時間内に入試・広報センターで受け付けます。
期間内平日(月〜金)9:00〜16:00

入学前プログラムについて

合格者に対して入学前プログラムを用意しています。
詳細は後日お知らせします。

入学試験の際の諸注意

ワークショップ型およびレポート型面接の際の諸注意

エントリー受付票

試験の前日までに返送します。
試験当日は必ず持参し、試験中は所定の場所に提示してください。忘れた場合は、入試・広報センターへ申し出てください。

スクールバス スクールバスの運行スケジュールは本学Webサイトにて各自ご確認ください。
試験の1週間前を目途に掲載する予定です。
入構開始時間 校内へは9:00以降に入構可能となります。開始時間前に入構することはできません。
服装 服装は自由です。
昼食 学生食堂が利用できます。弁当持参も可能です。
キャンパスの下見 キャンパス見学を希望する場合は、試験日6日前まで可能です。
学外での配布物等 試験当日、JR春日井駅及び大学付近で「合否電報」の勧誘を行っている場合がありますが、本学とは一切関係がありません。
入試作品の掲載 実技試験作品は著作物に該当するため、使用に当たり著作者の承諾が必要となります。実技試験作品が参考作品として選出された場合、作者名は公開せずに本学のオープンキャンパスや入試説明会、入試ガイド、Webサイトへの掲載等に使用させていただくことがありますのでご了承ください。
身体に障がいがある方 身体に障がいがある方は、試験および入学後の学習に関わりますので、エントリー期間の10日前までに必ずご連絡ください。
事務休止期間 2016年8月11日(木)~22日(月)はお問い合わせ等の対応ができません。

学費免除特待生について

AO入学試験では、マンガコースのみ学費免除特待生の申請をすることができます。

詳しくはこちらをご確認ください。

●選考の流れ
8月27日(土)・28日(日):ワークショップを通じて選考
出願可否:出願の可否と同時に、学費免除特待生として選考された方には通知します。選考されなかった方には通知しません。
出  願:出願期間内に出願書類を提出してください。


  • EXTENSION PROGRAM 名古屋造形大学公開講座
  • 名古屋造形大学 Dgallery企画展

訪問者別メニュー

ページの先頭へ

名古屋造形大学について
学長からのメッセージ
名古屋造形の特色
建学の精神
ポリシー
名古屋造形の沿革
学部・学科構成
学生数
教員数
教育情報の公開
学則
学園組織
制度
キャンパスマップ
学内施設
アクセスマップ
入試情報
学部入学試験一覧
出願について
受験について
アドミッションポリシー    学部・大学院
募集定員
入学手続き
大学院入学試験/編入学・転入学試験
入試・広報センターから
大学コース・大学院
美術・日本画コース
美術・洋画コース
美術・彫刻コース
美術・コンテンポラリーアートコース
陶芸コース
アニメーションコース
マンガコース
グラフィックデザインコース
イラストレーションデザインコース
デジタルメディアデザインコース
建築・インテリアデザインコース
プロダクトデザインコース
ジュエリーデザインコース
造形表現制作・造形表現構想
授業概要(シラバス)
教員紹介
キャンパスライフ
ピア・サポート
キャンパスギャラリー
キャンパスマナー・ルール
クラブ&サークル
キャンパスカレンダー
周辺施設紹介
学務課からのお知らせ
証明書発行
下宿
学生相談室
健康管理室
展示会・展覧会情報
名古屋造形大学図書館
キャリア・就職
キャリアサポート
卒業・修了者数
卒業生の主な就職先
取得可能な資格
国際交流・留学
国際交流展TRANSIT
海外留学
NAGOYA-BOISE アート&デザイン国際交流プログラム

名古屋造形大学

〒485-8563 愛知県小牧市大草年上坂6004
TEL:0568-79-1111 / FAX:0568-79-1070

Copyright © Nagoya Zokei University of Art & Design All Rights Reserved.