名古屋造形大学

新型(豚)インフルエンザへの対応について(第2報)

 

学生のみなさんへ

新型(豚)インフルエンザへの対応について(第2報)

2009年5月1日
名古屋造形大学

 4月30日付文書でもお知らせしたように新型(豚)インフルエンザの感染が世界中で広まっています。日本国政府も懸命な対応策をとっていますが、日本国内で患者が発生する危険性は高まっています。学生のみなさんには最新の情報を入手すると同時に、感染予防につとめていただくよう強く要望します。
 以下では、日本国内で新型(豚)インフルエンザの患者が発生した時の本学の対応方針をお知らせしておきます。

1.日本国内でヒトからヒトへの感染が確認された場合は、授業の休講措置を含む感染防止策をとります。休講措置をとる場合は、全キャンパスの立ち入りを禁止し、自宅学習とします。大学内で予定されているすべての行事等の諸活動及びクラブ活動などについても禁止となります。自宅外通学の学生については、基本的に帰省することとし、帰省できない学生については、食料備蓄などの対策・準備が必要です。

2.休講措置をとる場合は本学のホームページでお知らせします。大学からの連絡は主にホームページで行いますので頻繁に確認をお願いします。

3.休講期間中にむやみに外出することは避け、感染予防に努めてください。

4.休講措置を解除する場合もホームページで行います。基本的には、名古屋市内にある愛知県立高校が授業を再開した2日後に再開します。(県立高校が1日に再開した場合、大学は3日に再開します。)


注意事項
 外国から帰国し発熱などの症状が出た場合や帰国者と接触して体調が悪くなった時はすぐに病院に行くのではなく、下記の相談・情報窓口に電話をしてください。
 厚生労働省 03-3501-9031
 愛知県    052-954-6272
 名古屋市    052-972-2631
 岐阜県    058-272-1111
 三重県    059-224-2339
 厚生労働省「海外旅行者のための感染症情報」http://www.forth.go.jp/
 外務省 「海外安全ホームページ」http://www.anzen.mofa.go.jp/


  • EXTENSION PROGRAM 名古屋造形大学公開講座
  • 名古屋造形大学 Dgallery企画展

訪問者別メニュー

ページの先頭へ

名古屋造形大学について
学長からのメッセージ
名古屋造形の特色
建学の精神
ポリシー
名古屋造形の沿革
学部・学科構成
学生数
教員数
教育情報の公開
学則
学園組織
制度
キャンパスマップ
学内施設
アクセスマップ
入試情報
学部入学試験一覧
出願について
受験について
アドミッションポリシー    学部・大学院
募集定員
入学手続き
大学院入学試験/編入学・転入学試験
入試・広報センターから
大学コース・大学院
美術・日本画コース
美術・洋画コース
美術・彫刻コース
美術・コンテンポラリーアートコース
陶芸コース
アニメーションコース
マンガコース
グラフィックデザインコース
イラストレーションデザインコース
デジタルメディアデザインコース
建築・インテリアデザインコース
プロダクトデザインコース
ジュエリーデザインコース
造形表現制作・造形表現構想
授業概要(シラバス)
教員紹介
キャンパスライフ
ピア・サポート
キャンパスギャラリー
キャンパスマナー・ルール
クラブ&サークル
キャンパスカレンダー
周辺施設紹介
学務課からのお知らせ
証明書発行
下宿
学生相談室
健康管理室
展示会・展覧会情報
名古屋造形大学図書館
キャリア・就職
キャリアサポート
卒業・修了者数
卒業生の主な就職先
取得可能な資格
国際交流・留学
国際交流展TRANSIT
海外留学
NAGOYA-BOISE アート&デザイン国際交流プログラム

名古屋造形大学

〒485-8563 愛知県小牧市大草年上坂6004
TEL:0568-79-1111 / FAX:0568-79-1070

Copyright © Nagoya Zokei University of Art & Design All Rights Reserved.