1. HOME
  2. コース
  3. コミックイラストレーションゼミ

コミックイラストレーションゼミ

 
 

「コミックイラストレーション」とはコミックタッチのキャラクターを中心としたイラストレーションで、近年ますます多分野において急速に需要が高まっている新分野です。具体的には、ゲームイラスト、キャラクターデザイン、小説挿絵、装丁画、メカデザイン、コンセプトデザイン、パッケージデザイン、グラフィッカー・・等の仕事を目指しており、ゲーム業界から町おこしまで多種多様となっています。
今年度からスタートしたコミックイラストレーションゼミは、そんな時代の要請に応じた本格的なプログラムです。専門の実技授業とそれに特化した環境を用意して、本気でコミックイラストレーション分野に挑む学生を最大限サポートします!!

...
 
 

まずは、以下の5 コースに合格しよう!

コミックイラストレーションゼミは3年次から始まりますので、以下のいずれかのコースに
合格する必要があります。

 
 
 

名古屋造形大学洋画コース卒業後、コミックイラストレーションの個展を各地で行う。2011年から2015年まで名古屋造形大学マンガコース非常勤講師としてカラーイラストレーションの実技を担当。その繊細で華麗な作風は学生達の憧れのマトです。2014年メディアバン主催「青空文庫有名小説表紙絵コンテスト」では第2回、3回と連続して優秀賞を受賞するなど新進コミックイラストレーターとして注目されています。

 

三輪先生の経歴(特に高校~大学~今のお仕事にいきつくまで)を教えてください

    

高校時代は普通科だったのですが、美術部とマンガ研究部に所属し、コピックマーカー・透明水彩を中心にコミックイラストを制作して、コミックマーケットにサークルとして参加をしたりしていました。また名古屋造形大学に入学したかったので、画塾に週3日×3年間通っていました(笑)
そして、洋画コース(今の美術コース)に入学しました。大学では3年生の夏休みに二次創作活動で描いた本を夏期課題として提出したら、山本正英教授からマンガやイラストレーションを単位として評価してもらえるようになったんです!それで卒業制作でも100号のカラーイラストを出しました。
その後、大学院に進学して、出版会社からアンソロジーの表紙絵や描きおろしマンガ、挿絵の依頼をいただきながら、アトリエで月に40ページのマンガを描いていました。その後も出版社からオーダーメイドイラストレーションの依頼を受けたり、研究室で助手をしながら、個展を年1回開催していました。
現在は家のギャラリーを継いで運営しながら、ネームに悪戦苦闘しつつオリジナルマンガも制作しています。2016年よりコミックイラストレーションゼミの担当として、デジタル・アナログ描画ツールの研究やマンガやコミックイラストの制作・指導をする毎日です。

   

どんな表現や画材が好きですか?また、高校生へのオススメは?

    

アナログでは 少女や幻想的な美しい世界観の表現が好きです。特にごちゃごちゃした書き込みを好んで描いています。
画材に関して、アナログならドクターマーチンのカラーインク、デジタルはSAIとクリップスタジオ、フォトショップが好きです。

   

ズバリ、デジタルとアナログどっちが好きですか?

    

あえてであれば・・・!アナログです!シャープペンと絵の具を考えた方は神様です。

   

高校生のうちにやっておいた方が良いことは?


    

とにかく描く!失敗してもうまくいかなくても気にせず次を描く。
あとは展示会に行ったり、自信がなくてもコンスタントに描き続けて、ネットに上げたりして人目に出すこと、かな。

   

どんな大学生活を過ごしていましたか?

    

とにかく時間さえあれば絵を描いていました。学芸員と教職をとっていたので朝早くから大学に行っていた分、空いた時間にアトリエや図書館で落書きから原稿、水彩イラストを描いていました。友達とご飯を食べに行っても、みんなでクロッキー帳を開けていましたね。

   

先生はどこでテクニックと色気(!)を身に着けたのでしょう?

    

好きなイラストレーターさんの絵をネットや画集・展示会でずっと見ては自分でも時間さえあれば描いてみたりしたのが大きかったと思います。いまでも同じです。
色気!色気のあるキャラが大好きなのでもしかしたら見ているうちに?…なのだとしたらとても嬉しいです♡

   
——ありがとうございました。あなたもコミックイラストレーションゼミの一員になりませんか?お待ちしています!
 
 

日本画・洋画・彫刻・コンテンポラリーアートという様々な授業の中で絵画表現の基礎となる描写力を身につけ、絵の具や色彩のはたらきを学び立体造形にもチャレンジします。幅広い技法と素材の経験をコミックイラストレーション分野に活かし、表現力を深めていくことができます。

 
 
 
 
 
 

絵を描く技術を学べる授業が多数あり、さらに様々なデジタルソフト(イラスト・3DCG・動画制作)を学ぶことができます。コースからはゲーム業界のイラストレーターになった卒業生も複数いるので、ゲーム業界を目指す方にお勧めです。

 
 
 
 
 

デジタル技術の基礎から3DCG、プログラミングまでデジタル環境に特化した幅広い知識と技術を身に付け、デジタル領域に強いコミックイラストレーション分野に活かす事ができます。就職を意識した幅広い領域での応用力が身に付きます。

 
 
 
 

イラストレーションやグラフィックデザインの基礎を1・2年生の授業で学びます。パッケージやブックデザイン等の商用デザイン技術を修得してコミックイラストレーションへ移行します。就職を意識した広い分野での応用力が身につきます。

 
 
 
 

コミックイラストと親和性の高いマンガのストーリー理論をしっかり勉強する事で、コミックイラストレーションにおいてもストーリー性の高い仕事や、マンガ業界での活躍も可能となります。

 
 
 
資料請求はこちらから
WEB入試要項・WEB入試案内