1. HOME
  2. コース
  3. 美術コース 1年生の声

美術コース 1年生の声

美術コースの学生インタビューをご紹介します。
コースの学生だからこそわかる、”美術コース”の実態に迫ります。

森正 響一さん

 

愛知県立常滑高校 出身
第69回 瀬戸市美術展 彫刻部門 美術展大賞

美術の楽しいところはどこですか?

物心ついた時くらいからそういったものを作ったりするのが好きなので、言葉では表しづらいですね。あんまり考えないで直感で作れるとこが気持ちいいな〜って思います。どんどん進んでいけます。

瀬戸市美術展で受賞した作品について

友達と一緒に応募しよう!っていう話になって応募しました。作り始めは石膏の型取りでやろうと思っていたんですけど、陶芸室でいろいろ話を聞いたり作業してみて、自分の思うような形で焼けば完成するというのがわかり、焼き物にしました。作り始めたら、意外と思うような形に作ることができました。コンセプトは昆虫で、その中でもカマキリが好きだったのでカマキリにしました。自分の中でどういうのがかっこいいのかという形があったので、制作は進めやすかったです。

1年学んでみて、美術の印象は変わりましたか?

こんなに自由にやっていいんだ、という印象をもちました。課題は「こういうもので、こうするのが正解」というレールが決まってるものというイメージだったのですが、実際に大学では「もっとこうしたらいいんじゃないか?」と、たくさん意見をもらえるのでかなり印象がかわりました。

桑澤 凛さん

 

長野県辰野高校 出身

美大を選んだ理由は?

もともと美術部に所属していたのがきっかけです。最初は本格的に進学して美術を学ぶという気持ちはなかったんですけど、周りから勧められて行ってみようかな?と思い考え始めました。専門学校は年数が短いので、大学でゆっくり学びたいなと思って大学を選びました。

挑戦してみたいことは?

高校の美術部では平面の絵をよく描いていました。大学で立体をやってみて楽しいなと思ったので立体に絵を描いてみたいなって思っています。美術コースは立体も平面も一緒になっているので、大学から美術始めた人にはすごい助かりますね。いろんなことに一度触れて、考える時間ができるのでいいなと思います。

楽しい授業はなんですか?

選択授業でインスタレーションという授業を選択したのですが、その課題が印象的でした。課題の内容はキャンパス内にあるグラウンドを使用した作品制作というものでした。2つのチームに分かれてのグループ制作だったのですが、私たちのチームは地平線の高さから世界を見ようっていうテーマを決めて、グラウンドに大きな穴を掘りました。130センチくらいですかね?
デッサンとかの授業ももちろん楽しいんですけど、インスタレーションの授業みたいに体を動かす授業が入ると楽しいですね。

上野 円蔵さん

 

名古屋市立工芸高校 出身

なぜ名古屋造形大学に?

彫刻ついて勉強したいなって気持ちがあって大学進学しました。他にも絵とかやりたいことがいっぱいあって、名古屋造形大学の美術コースは1年生のとき美術についていろんなことが学べる、と聞いてここに決めました。

大学入ってみてどうですか?

いきなり裸婦のデッサンがはじまったのはびっくりしましたね。風景画とか、今まで自分が嫌煙してた授業もあって少し嫌だな〜って思う部分もありましたが、やってみると以外と楽しくて今はやってよかったなって思ってます。インスタレーションの授業とかは高校ではやったことがなかったので、新しい世界に触れられたのはいい経験ですね。

美術の魅力について

自分は特に彫刻に興味があるのですが、自分の頭の中でこねくりまわして考えたものを実際に形にする、現実の存在にするのが魅力的で面白いですね。妄想を形にする、というのもそうなんですけど、絵画とちがって立体的にいろんな方面から見ることができる、触ることができる、新しい発見や愛着が絵よりも深いんじゃないかなって思う部分が魅力的ですね。

中澤 鋭さん

 

愛知県立瀬戸窯業高校 出身

美術コースのいいところはどこですか?

なによりもまず自由、というところですね。自分のやりたいことが貫ける場所だと思います。美術コースはなんでもありで、先生たちもあまり否定しません。だからこそ、自分の良い所が磨けます。

最近楽しいことはなんですか?

最近楽しいのはバンド活動ですね。今活動しているバンドは4月から組んでます。出会ったばかりだったんですが、美術コースの研修の帰りに同級生の家にみんなで遊びに行って、そのときのメンバーで組もうってなって組み始めました。出られるなら大学で開催される全部のイベントに出たいと思っています。

将来の夢は?

大学サイトの卒業生就職欄で”欄間師”という職業を見つけました。そこで初めて欄間師という職業を知り、興味を持ちました。元々木彫りや細かい作業が好きなので、それを活かせる職は…と思っていた時だったので、運命を感じました。
将来は欄間師になりたいです。

美術コースのページへ戻る
資料請求はこちらから
WEB入試要項・WEB入試案内